| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

呑気な怠け者に私はなりたい

一年の半分が終了しました。
毎年この時期は決算処理の大詰めと重なるのであっという間、
ジメジメとした梅雨時というのも気の晴れない大きな原因です。
自分の場合は口癖に「何か良いことないかなぁ~」が出てくると、大体気分が最低の時です。
ここ数日は何気に連呼している状態です

SKMBT_C28017070114090_0001.jpg
追悼水木しげる ゲゲゲの人生展~直筆格言画「のん気にくらしなさい」

先日、お土産に貰った絵葉書です。
水木先生の言うようにのん気に暮らしたいところですが、とっても難しい・・・。
新しい個性との接触で、これまでのスキルを否定されることが繰り返され、
心に棘が刺さってなかなか抜けなくてめげています。
ままよ!とその場は切り抜けるものの後からジンワリと毒が回る感じです。
果ては些細なことに振り回されている自分自身に嫌気がさしてきます。
加齢に伴って傷が治りにくい、特に心のね
柔軟性が欠如している証拠でしょうね~厄介です。

SKMBT_C28017070114090_0002.jpg
直筆格言色紙「なまけ者になりなさい」

同じく水木先生の名言
何を言われても柳に風とかわしてノラリクラリと行きますか!
性格的にそれが一番難しいのは良く解っているのですけれどね~

| 些 事 | 14:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

必要なのは夢よりタンパク質?

昨夜、夏物の半襟など縫い付けながら、耳で追っていいたTV番組で、
70歳以上の3~4人に1人が低栄養(栄養失調)の恐れがあると聴こえてきました。
結構な割合です、しかしこの飽食の時代に栄養失調とは意外です。

低栄養になると、心筋梗塞や肺炎になったり、介護が必要になったり、
死亡するリスクが高まることが様々な研究で分かって来ているようです。
そんな低栄養を防ぐには「タンパク質」の摂取が一番効果的で、
卵や大豆、魚、などの食品を積極的に食べることだそうです。
特には体内のタンパク質を効率的に増やすと言っていました。

IMG_3570.jpg
いつもの鮨屋で供された何時ぞやの激旨国産牛ロース

う~む、年寄りを摂れか・・・この頃はの割合が減っている気がする
どちらかと言えば魚が多い私メの食卓です。
効率の良いタンパク質の摂取は豆腐で代用できるほど甘くは無いようです。
今現在全く低栄養な見た目ではなく、寧ろ栄養過多な仕様ですが、
介護に無縁な老人を目指しての摂取を心掛けるとしますか、
でも、それってなんかとっても悲壮で寂しい決意に感じます

日参しているお弁当と猫さんの紹介ブログの美人(想像だけれど絶対^^;)秘書さんが
『月末に向かって色々大変だけれど、
カワイコちゃん(愛猫)のためにもがんばるぞ』
と愛する者(猫)、守るべきものの為に己を鼓舞していました。
何かとても羨ましかったなぁ~

先日、とある状況で「あなたの夢は?」と問われました。
即答できずに暫し逡巡、ようやく絞り出したのが、
「人に迷惑を掛けずに静かに暮らすこと」でした。
もう、終わっていますね~これでは!
その後もずっと考えているのですが、何も思いつかないのです。
夢なんて大袈裟なものでなくても、したい事とか些末なことでもと更に熟考、
出てきたのが「スッキリ片付けを終えたい」でした。
これ位しか思い及ばない自分の人生、不毛過ぎます。
平均的寿命ならまだ30年は時間が有るのにどうするんだろう?
愛するものを見つける?
イヤイヤ、環境や先のことを考えたら猫ちゃんを飼うのは無理だし、
夢を問われて以来、脳味噌が下降曲線を辿っているみたいです

| 些 事 | 15:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボケ防止に夜毎の手内職~♪

昨日から大荒れの裏北日本です。
大雨から久々の吹雪に活動意欲を削がれ、事務所内に引き籠っています。
休日は家で引き籠り職場もまた然り、これでは増々○△老人予備軍です。

先日、ゴミ屋敷で両足の壊死した老女が保護されたニュースがありました。
このニュースでは、「セルフネグレクト」という言葉が使われていましたが、
歳をとり生活意欲が低下、援助も求めず、やがて「孤独死」となり、
孤独死の8割が、このセルフネグレクト・自己放任だといわれるようです。
生活意欲の低下は誰にでも起こり得ます。
事実食事の支度が面倒、掃除が大雑把、身支度もいい加減、
正しく自分にも当てはまっていますから気を付けないと・・・明日は我が身

よく画家や彫刻家、陶芸家などの芸術家は長生きをすると言われます。
自分の作品を追い求め常に頭と手、指先を動かしているからでしょうか。
何の才能も持ち合わせない自分も何かしらの一つを見つけなくてはと危機感を抱く日々、
今さら芸術系は及びませんので地道系(笑)で手先を動かそうかと模索しています。

和装は半衿付等針仕事が必須ですが、実生活では頻度は低めです。
それならと箪笥の遺産を何かに再利用できないかと、あれこれ思案。
多分亡き母や伯母の手によるものだと思われる長襦袢、
色柄共に時代遅れ感満載の数枚を解いて替え袖に出来ないか挑戦中です。
手縫いのそれらは糸が弱っていて案外簡単に分解できます。
手を進めていくと作り手の性格が丸判りの針目に苦笑してしまいます。
見た目は双子の吾が母と伯母でしたが、その仕事ぶりは正反対です。
伯母の仕事の正確さに惚れ惚れ、そして自分の大雑把は母譲りと腑に落ちました。

fc2blog_20170221123129e26.jpg
久留米絣の端切れでコースター作成

どこぞの民芸カフェか居酒屋で使われていそうなルックスです。
裏地に使い古しのタオルを使ったら吸水性バッチリで自己満足

IMG_3450.jpg
又姪っ子ちゃんへのプレゼント

こちらは自己満足で編んだ帽子、綿素材でなのでチクチクはしないはずです。
大昔の手芸本を参考にしたのでこれまた時代錯誤なルックスになりました。
今時こんな物を使う使わないは相手次第と丸投げ(笑) こうなると最早押しつけです。
まぁ、心優しい姪っ子ですから私のボケ防止と理解してくれると思いたいです

| 些 事 | 13:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高級ハンドクリーム使用感想

本日はぬける様な青空、その明るさが鉛色の空に慣れた眼に沁みます
近頃お天気の話題しか出て来ません、
それだけ自然に左右される素朴な生活をしているということなのでしょう。

ここ何年も足の霜焼けに悩まれてきましたが、今のところ症状が出ていません。
それだけこの冬は暖かいということなのでしょう。
霜焼けなんて昭和時代の残滓、今時なる人が居るの?な感じです。
でも居るんです、ここに
代謝が低く血流が悪くて先端まで新鮮な血液が流れない所為です。
色々解ってはいても症状の改善は容易ではなく悩まされ続けました。
昨シーズンは通院までしたのに思ったほどの効果も無いままでした。
気温が高く暖かければこんなにも顕著に回復するとは予想外です。
侮っていけないお天道様&大自然の恩恵ですね
このままで春を迎えられるようにメンテナンスを怠ることないように努めます。
と言っても、お風呂上りにユースキンを塗り込むだけのいい加減です(笑)

強烈な香りのハンドクリーム
妹旦那氏のお土産のおフランス製ハンドクリーム

こちらは会社で使用中のハンドクリーム、やっとのことで最後の1個になりました。
外国製の化粧品の香料過多は今さらのことではないのですが、
余りに香りが強すぎて調理をする自宅での使用には向いていません。
出勤後に擦り込んで帰宅時まで香る強烈さです。
効果はそれなりにあるようですので良しとはしますが、
実用一本槍の小母ちゃんには不似合いな代物です。

| 些 事 | 13:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自力の襖張り替え第三弾終了

今朝のニュースワイド番組は最終回だったスマ×スマの話題の垂れ流しでした。
興味ない人間にはとうに録画された時差ボケな放送に興味が湧くはずも無く、どうでもよい(笑)
でも番組内で同世代の小母さまが感極まって落涙する姿を見た時は、
実存する個性にどんどん興味が薄くなっている自分とは違って、
そこで泣けると言う感性が正直、少々羨ましいと思ってしまいました。
日本はある意味とっても豊かで幸せな国ですね。
取敢えず飛行機が欠航したからと言って集団で暴力沙汰は起こしませんしね
ハイ、両方とも皮肉で余計な物言いでした

昨夜は目を醒ます度に聴こえる雨音に安心しながら浅い眠りを繰り返しました。
良いんです、雪さえ降らなければ少々の不都合は受けいれます!
このまま雪の無い新年を迎えられたらと甘い希望を持っていますが、
予報には年越し寒波の文言が有ったりしてビビっています。
この地に生まれた以上降ったら降ったで諦めるより仕方が無い・・・、
でも50年ぶりの大雪とか言われている札幌にはもう降らないで欲しいものです

我が家の年越し準備は買い物すらまだ何もしていません。
あれもこれものリストアップは出来ていますが、何せの買い物嫌い故腰が上がりません。
片付けと掃除は少しづつ進めています。
築35年を超え傷んだ床にタイルマットを敷いて誤魔化したり(笑)
懸案だった残っていた張り替えも済ませました。 《前々回の襖張記事★》

IMG_3239.jpg
途中経過

木目の板に前回同様アイロンで張る紙を施工中の様子です。
元々暗い感じの木目模様だったのですが、年季が入って増々重い色合いになっていました。
そこにとあるお客人から「古くて汚れた」とご指摘を頂いてしまいガッカリ・・・
キチンと拭き掃除をしていたので決して汚くは無かったのですが、
見た目が10割、言われてみたらその通りと思い重い腰を上げました。
弊社出入りの業者さんに頼んだ場合は1枚当たり4~5,000円掛かるので当然ながら自力です。

IMG_3240.jpg
一気に端折って一応の完成図

真っ白に見えますが一応地味に地模様が入ったベージュ系です。
少々寒々しい気もします、まぁその内慣れるでしょう。
悪戦苦闘する事2時間、何とか4枚中3枚のみ張り終えました。
本棚の後ろに隠れた一枚は見えないのを良いことにスルーしました。
良いんです、大雑把が取り柄の私メですから
どうせ積雪が多くなればその重みで開かなくなるしね!

| 些 事 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT