| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

さんま苦いか塩つぱいか。

大型台風が収穫期の日本列島を縦断の予報、
秋田駒ヶ岳の火山性地震活動が活発化、
その上今朝は北のミサイル発射で喧しいJアラート、
色々忙しいけれどお一人様生活はいつも通り淡々と流れています。

昨夜は地元の月山神社の宵宮で近隣最終の花火大会でした。
年々規模は縮小されていますが、花火そのものは年毎に鮮やかになっています。
我が家の2階からは家並みの隙間から上部の2/3が綺麗に見えます。
一人で眺めるには充分、すっかり冷たくなった夜気を煩うこともありません。
でもやはり打ち上げ場所の近くで時間差の無い爆音と硝煙の香りに包まれ、
散り際=消えゆく様の潔さを語り合いながら眺めるのが正しい花火観賞だと思います。
この花火大会が終わればすぐに稲刈りが始まります。
本格的な秋と言うよりもう冬の入り口と感じてしまう心配性です。

IMG_2391.jpg
去年の秋刀魚画像~記事はこちら★

佐藤春夫先生が仰るところの情(こころ)有る秋風が、
一人の夕餉ならぬ“ぼっち”の花火観賞を憐れんだのかは不明ですが(笑)
関西から初秋刀魚食べたよ~の知らせがありました。
取るに足らない些細な知らせが日々の生活の彩りだったりします。
3尾の焼秋刀魚を2人でどう分配したのか、その力関係は未確認です。

育てたように育ったのかは不明ですが、我が家は皆魚の食べ方だけは上手です。
お皿の上の残骸が非常に少ない気持ちの良い食べ方をします。
食べ終えた卓上やお皿の状態って色々なことを語っている気がします。
とてもつまらないことだけれどこれが案外判り易いのです。
この年齢になって言えることなんですけれどね~

| 時 候 | 14:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

柿の葉寿司は飛行機に乗って

あっという間に8月に入り、梅雨明けとなりました。
真夏日続きの当地ですが、朝夕の風が心なしか秋の匂いがするような・・・、
確実に夕暮れの時間は早まっていますし、お盆が来れば秋の入口です。

太平洋上を迷走しながら成長した台風5号は九州を直撃しそうです。
一月前の洪水被害の傷跡を抉ることになるのではと気が気ではありません。
被災者の弱った心身に追い打ちをかけるようなことになりませんように!
それにしても禍々しい災禍の連続です。
きっと小さな不都合の積み重ねが招いた人災の部分もあるのでしょう。
自然の驚異の前に人間の何と非力なことか、思い知らされます。

公私ともに色々重なって切羽詰っております。
その割に楽しみを優先し、やるべきことを後回しの悪循環です。

IMG_3838.jpg
こんなミニマムな飛行機に乗って秋田空港着

IMG_3853.jpg
本場関西の柿の葉寿司

IMG_3855.jpg
蓋を開けると鯖鮭鯛が綺麗に整列し

IMG_3857.jpg
柿の葉を解くと絶妙な熟れ具合~やはり押し寿司は関西です

連日連夜の猛暑日&熱帯夜の関西から沢山のお土産が到着しました。
勿論、運び人付きで(笑)
早めの、そして長めの夏休みが一部で始まった我が家です。
TVで竿灯の妙技会の様子を見ると、秋田に行こうかな???
絵灯ろうのポスターを見ると、湯沢ならすぐいけるなぁ
とか、これまた私メの思考も台風に負けず迷走しております。
その前にお墓の掃除とかやることが山積みなんですけれどもねぇ~

| 時 候 | 15:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鰻には無縁の土用丑の日 

今日は土用の丑の日、全国鰻を食べて精を付けましょうの日です(笑)
お昼休みにスーパーに行ったら鰻弁当が1,280円でした。
確かにお店で鰻重を食べるよりはお安いけれど、
買わないイエイエ買えないなぁと横目で眺めてきました。
岩牡蠣1個に750円は使えるけれどねぇ~

IMG_3701_201707251358298f6.jpg
小砂川産岩牡蠣@象潟道の駅

IMG_3702_20170725135830cba.jpg

先月末、シーズン始まって直ぐだったからか少々小ぶりでした。
口の中がまったりとミルクで満たされ、一瞬で消えました。
季節物、観光地、だから仕方がないけれど強気の高値設定です。
市内の一般商店とかの方が絶対にお安いです。
夏が終わる前にもう一度食べに行きたい・・・

秋田県を襲った記録的な豪雨から2日が経ちました。
洪水被害が酷かった秋田市~大仙市~横手市の雄物川とその支流沿い、
避難していた一夜のうちに家財道具一切が流されたお宅もあるようです。
地元はお陰様でこれといった被害も無く済みましたが、
今なお孤立している集落もあります。
寸断された交通網の一刻も早い回復を願っています。

それにしても緊急時の最高責任者である県知事がゴルフ&飲酒で不在、
その釈明会見の“のほほ~ん”ぶりには呆れてしまって言葉もありません。
これっぽっちも期待してなんかいなかったけれど、此処まで酷いとは・・・、
周囲に反対分子のいないオール与党の議会と県庁です。
今回のことも“なあなあ”で有耶無耶になってしまうと思います。
この洪水で失われた日常生活の重さなんて、お殿様には解っていないのです。
インタビューされる被災者の泣くに泣けないといった笑顔モドキの表情が辛いです。

| 時 候 | 14:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏至 とりとめの無い彼是 

今日は夏至だったのですね
事務所の日めくりのカレンダーを見て気付きました。
明日からは着々と冬向かうと言う訳で、例年此処で一度落ち込みます。
とは言いつつ暑さはこれからが本番ですからすぐに忘れ、
冬タイヤとストーブのCMでとどめを刺されると云うのが毎度のパターンです。
短い北国の夏ですから充分楽しまないと勿体無い・・・
先ずは今年こそはシーズン中に“岩牡蠣”を堪能することです!
此処二年のご無沙汰です。
夏の楽しみがそれ位しか思いつかない自分も大概です

IMG_8647.jpg
3年前の夏の岩牡蠣の記事★

今朝はプラスチックごみの回収日でした。
横手市は特大の袋1種類なので溜めるだけ溜めて、
時には切り刻んで(笑)1.5カ月に1回出すようにしています。
その内容は殆んどが食品トレイや容器です。
一人暮らしの効率を言い訳にお惣菜の購入が増えているのが一番の原因です。
出す度にこんなに消費したんだと後ろめたい気持ちになっていしまいます。
生鮮食品や調理済みの食品が手軽に綺麗なまま手元に届きますが、
その利便性が多量のゴミ発生に直結しているわけです。
だからと言って便利で安直な生活は手放せないでしょう。
多分?きっと?イヤ、絶対

毎日県内全域での目撃情報があります。
市内の横手公園付近でもの出没と捕獲が報道されていました。
お城山とは言え民家や学校が隣接する地域です。
山菜採りでの遭難も後を絶たず、に遭遇して逃げていて道に迷うようです。
が人間を怖がらなくなったと言われます。
マタギ(猟師)と獲物のバランス関係が崩れたのも一因でしょう。
言伝えだけじゃない相互の“畏敬の念”は確かに存在していたのだと思います。
これ以上の犠牲者が出ないことを祈るのみです。

| 時 候 | 14:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

梅雨入り前の花壇の花たち

関東地方も梅雨入りしたようです。
当地横手も泣き出しそうな空模様、寒くないのが救いです。
バラの花がシーズンになりました。
横手公園のバラ苑の様子も気になりますが、ここ何年もご無沙汰です。

IMG_3637.jpg
お隣の裏庭のバラの花

IMG_3643.jpg
小ぶりなアヤメと言った感じのお花~名前は不明

IMG_3641.jpg
一番好きなのがこのスミレ、凄~く小さい

朝に夕に通るたびに眼を楽しませて貰っています。

46年間逃亡し逮捕された過激派の面変わりが凄い・・・
青年前期の若き大学生が初老の小父さんへの浦島太郎状態、
半世紀の時の流れは正直で残酷です。
どんな生き方を選択しても与えられた1日は同じく24時間です。
支援者がいたにせよ常に逃げ隠れする日々の積み重ね、
彼の人生は彼のもの、余計なお世話とはいえ無常と感じてしまいます。
そう云えば中核派に革マル、アジト等の単語を久々に耳にしました。

そんな事言っている自分も色々無駄に追い詰められていて些か不調です。
ヤル気のパック詰めが何処ぞで売っていないかと思い巡らしたりして、
現実逃避を図っていますが解決に至らない時間潰しなことは明白です。
やる気が起きない⇒やりたくない⇒やめたい・・・甘えなのでしょうね
起死回生という現象を一度で良いから経験してみたいと思う日々です(笑)

NHKドラマ「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」に触発されて、
少しだけ丁寧に文字を書いてみようと思いました。

...Read more

| 時 候 | 15:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT