| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

温度差のある笑顔の違和感

弾劾裁判により罷免された朴槿恵元大統領の笑顔が痛々しく見えました。
今後は逮捕されるのが確実と言われています。
悟りきっているのか、もしかしたら現状の理解が追いついていない?
どちらなのでしょう・・・後者のような気もします。
名実ともに彼の国随一のお嬢様、それも悲劇のヒロインだった彼女には、
火の粉の熱さも水の冷たさもお分かりでないような雰囲気がありました。
混乱した内政がキナ臭いものに引火することが無いように願います。

アラブの王様が大層大盤振る舞いな規模で来日なさっているみたいです。
持ち込みしたエスカレーター式タラップが豪勢でした(笑)
そこにお迎えに行った次代が余りに貧相でお労しく絶句してしまいました。
彼にも前出の朴槿恵元大統領同様に常に温度差が付き纏います。
無論、自身は気付いていなくて、だからこその有りの儘と放置なのでしょう。
体格容姿等、与えられたものは仕方がないにしても、
東京大空襲と東日本大震災の慰霊式の参列を弟宮様に丸投げの為体、
不実で情けないし、何より見っとも無い・・・。
本当にこのままでいいのでしょうかしら?
良くないと思うけれどどうにもならないのでしょうね

| 時 事 | 16:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プレミアムとは無縁の独り言

猛毒の神経剤VSで暗殺殺害と断定された模様の金正男氏、
そのクアラルンプール空港内の行動映像が生々しくて怖いものがあります。
実行犯の女性2名の迷いのない動きも驚きです。
あんな形の殺人は案外身の周りでも実行可能なのではと穿ってみたりしています。
マレーシア政府の堂々とした主権主張は傍観する身には小気味よく感じます。
もし同様なことが起ったとき(真っ平御免ですが^^;)我が政府はどう対応するでしょう。
騒ぎ立てないのが美徳とばかりに色々回避してしまいそうな気もしますが、
杞憂であって欲しいと願っています・・・大丈夫、ですよね多分

皆様、昨日の「プレミアムフライデー」は如何お過ごしでしたでしょう
昨日の県内ニュースでも取り上げていました。
北都銀行本店勤務のイクメンさんぶりが紹介され、ほのぼのな話題でしたよ。
実際、実行した企業は6.5%位とか、中小企業に至ってはほぼ無縁だったようです。
にも拘らず全国津々浦々その話題で持ち切りの違和感です。
そもそも週休二日すら儘ならぬ業種業態がごまんとあるのが実情、
旗降れども踊ず、ではなくて踊ずなのですよね!
ハイハイ、僻み根性丸出しな言い分でした

IMG_3500.jpg
生ホッキ貝の握り

先夜、ぶらりと一人いつもの鮨屋に顔を出しました。
翌日に店の催事を控えたこの夜は、予想通り他のお客さんは皆無(経営は大丈夫?
空腹を満たすだけではない食事です。
他愛もない会話で脳内酸素量が上昇し背中の辺りが軽くなります。
慎ましい生活の身には分不相応かもしれないけれど、多分無駄遣いにはならない筈、
偉い先生が仰るには、いつもと違うことをするだけで血流が良くなるそうですよ!
プレミアムフライデーの恩恵に浴した一握りの皆様と同様、
時折の贅沢は薬代と割り切ることにしましょう。
小太り上等、美味しく食べることが出来て幸せです。
でも、百薬の長も過ごせば毒ですから注意しないといけませんネ

| 時 事 | 12:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

聖者の日に驚きの暗殺事件!!

昨日はSt.Valentine dayでした。
お馴染ブログの皆様も案外生真面目にチョコレート頒布をなさっていました。
マメですね~!
うちの社っ長さんも早々に保険会社のお姉さんから貰っていましたよ(笑)
無論、私メの辞書にはバレンタインデイの文字はございません・・・

IMG_3489.jpg
これは私メが貰ったチョコレート
IMG_3492.jpg
中はウイスキーヌガー入り

昨夜、一人でミルクとビターの味の違いを楽しんでいたら、驚愕のニュース
北朝鮮の金正恩委員長の異母兄金正男氏がクアラルンプールの空港で殺害、
女性工作員に毒針で暗殺されたとか、まるで映画の一場面の様な解説付きでした。
イヤハヤ、本当に本国の首領様の指令なのでしょうか?
暴走はもう止まらない?止められないのかしら・・・
ミサイルに核開発、一体何処まで行くつもりなのでしょう?
キューバの例も有るし単純に独裁者=悪とは思わないけれど、
恐怖政治には一利なしだと思います。

先般、角度をつけ発射したミサイルの精度は完成形だと言われています。
隣接する日本海側に限らず我が国全土は既に射程内です。
自分で始めた言葉遊びすら儘ならず、右往左往の防衛大臣に舵取りは無理でしょう。
非常事態に統率が執れるとは思えない政府と議会、反対ばかりの野党と不安だらけです。
とまぁ、ここで思い煩ったとしても糸は縺れるばかりですね!
取敢えず暇な小母ちゃんの取るに足らない下手な考えは放棄して、
辛うじて一粒だけ残したチョコレートの甘さに逃避することにします

| 時 事 | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春待ち 雪まつりの季節に・・・

大雪警報の出ている県内、当地は降雪は思ったほどでは無く静かなものです。
西日本日本海側の又もやの大雪には驚きです。
積雪が治まり平常に戻りますように・・・結局祈るしかないのですよね

横手市内のいたる所にかまくらが作られています。
今朝の通勤道路沿いにはミニかまくらや雪像も出来ていました。
この週末は県内各地で雪まつりが行われます。
引き籠り体質の自分は出向かないのですけれどね~(^^;
それでも去年は又甥っ子ちゃんが来秋で、這い出したのを思い出しました。

IMG_1321_2017021112292378f.jpg
去年の湯沢市犬っこ祭り風景~今年は2/11~12開催中

白銀の夜に揺れる灯りは寒くて辛い日々のほんのりとした温もりです。
多くの人が心癒されますように・・・

只今、安倍首相が訪米中で、トランプ大統領との一挙手一投足が報道されます。
握手が何秒間、車に乗った、飛行機を降りた、どちら側に立った、等々些細なこと、
そしてその成果は?成功か?はたまた失敗か?と煩い限りです。
はっきり言って食傷気味、もっと気の利いた“垂れ流し”は出来ないのでしょうか
どうしてこんな風に短慮な報道に席巻されてしまったのかしら???
自分自身を有識者と名乗る驚くべき人種が出現してからかな(笑)
確かに米国のご威光無しに日本は存続できないのかもしれませんが、
一長一短が即判明することではないし、明日には違う方を向くやも知れません。
どう転ぶかではなくて、転んだあとの対応を誤らない事が肝心でしょう。
私メ如きが此処で吠えても何ともなりませんが、ウンザリです・・・
チト思ったことを吐き出してしまいました。

| 時 事 | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チョコレート効果と健康寿命

バレンタイン商戦が佳境に差し掛かり、
ショッピングセンターは華やかなディスプレーがされています。
折しもチョコレートのカカオ効果が話題になっており、
効果効用を前面に謳った新商品が多く発売されているみたいです。
カカオ分70%以上のいわゆる高カカオチョコを継続して食べることで、
大脳皮質の量が増加して学習機能を高め、脳が若返る可能性があるとか、
動脈硬化に効くとか血圧を下げるとかまるで魔法の良薬の如しです。

IMG_3416.jpg

IMG_3411.jpg

と言うことで購入してみました~すぐ乗せられる単細胞
もっとカカオの含有率が高い物も有るようですが、苦くなるのでソコソコで妥協です。
3個入りで230円前後、特別高価ではなくお味はまずまずでした。
効果の程なんか容易に判るものではないでしょう。
ただ、健康になるより先に体重が増加する事だけは見当が付きます。

知人が公開中の「沈黙-サイレンス-」を観てきたようです。
終盤には重苦しさに息するのも疲れたと感想を述べていました。
それはそうだろうなぁ~、内容的に気軽な要素は皆無でしょうし、
自分は多分観に行かない部類の映画です。
原作は故遠藤周作氏の1966年書き下ろしの歴史小説、
江戸時代初期のキリシタン弾圧下のポルトガル人の司祭を通じて、
神と信仰の意義を命題に問う傑作と評される作品です。

遠藤氏の作品は私メが高校生だった感受性豊かな(笑)その昔に出会い、
「死海のほとり」「海と毒薬」「深い河」辺りを読み漁った覚えがあります。
「沈黙」は未読です。
でも、どちらかと言われると狐狸庵山人シリーズの軽い作品に流れることが多く、
中でも北杜夫氏との対談集「狐狸庵VSマンボウ」がお気に入りでした。
同じころ三浦朱門、曽野綾子夫妻の作品も乱読し、
根底にある宗教色を掘り下げるでもなく、何となく読み流していた気がします。
その三浦朱門氏も先日3日に91歳で亡くなられたとのことです。
晩年は認知症を患っていたとの新聞記事がありました。
鋭い論説で数々の作品を生み出した個性も時間には抵抗出来なかったのでしょうか。
とても寂しく感じてしまいました。

自分も行く道であることは間違いありません。
そしてとても怖い現実です。
著名な脚本家が安楽死、尊厳死の必要性を言っていました。
「もう充分に生きました、それではさようなら」
そんな最期の選択が出来る日が来たら案外受け入れてしまいそうです。
遠藤氏や三浦曽野夫妻、有吉佐和子女史等々、
その他のキリスト教文学に触れた意味は全く態を為していないようです。

| 時 事 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT