| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ツバキ文具店 最終回感想文

今週末はお天気が上がりそうにないようです。
北向きの事務所では何と電気ストーブが稼働中です!
先日までは真夏の気温に日差しで早くも日光湿疹が出た位なのに、
過激な寒暖差に身体が悲鳴を上げています。

今日のお昼は急にどうしてもカレーが食べたくなり、
新装開店のコンビニにGOしてしまいました。
激混みでレジには列が出来ていましたよ。
温めて貰うのにも結構時間がかかります。
新商品やお勧め商品やらを眺めながら、ボ~と立っている中高年の小母チャン、
全くもって絵にならない、笑える情景です。
自意識過剰な若い時ならきっと気まずくて耐えられなかったはず、
色々、鈍感になって生きやすくなったなぁ~と思いました

topimage_pc.jpg
NHKドラマ「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」

毎週楽しみに観てきたドラマが終了しました 《前回の記事★》
古都鎌倉の四季折々の風情と、そこに暮らす普通の人々の温もり、
何より一人の女性の心の襞の震えが伝わる良き物語でした。
好きな作家さんでもあり、穏やかな日常の切り取りの妙に浸りました。
墨と筆、羊皮紙と羽ペン、時に変わるその取り合わせが楽しく、
文字を書くという事に焦点を当てた映像に惹かれました。
最終回は普通の便箋と万年筆で祖母へ宛てた自身の手紙でした。
主人公の想いがブルーブラックのインクと共に紙にゆっくりと浸み込んでゆく・・・、
実際にそこに至るのは容易ではないと分かってはいても、心打つものがありました。

img_2_m.jpg
先代の代書屋:主人公鳩子の祖母、雨宮カシ子

このドラマのもう一つの楽しみは祖母役の倍賞美津子さんの和服姿でした。
白地の浴衣や縞柄に紬や博多の半幅帯という地味な普段着で、
短く着つけて素足に下駄ばきと、こなれていてとても魅力的でした。
補正のてんこ盛り、皺の一つも許さないといった雁字搦めの現代和装とは真逆で、
日常着としての表情豊かな和服の着姿がそこに有りました。
まぁ、ドラマですから其処はそれキチンと計算されていたはずですが、
ともすると引き算される重ねた年齢(皺とか白髪とか^^;)を魅力として付加できる、
女優さんの個性と力量がそれを一層惹きたてていたと思います。
見習って自分も背筋の伸びた老女になりたいものです

| 映 画 | 14:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画鑑賞「ワイルド・スピード」

アラン・ドロン様が引退のニュース、
二枚目の代名詞と言われた御方ももう81歳になられていたのですね!
私メ的には「山猫」のサリーナ公爵の甥っ子役が印象的でした。
主役のバート・ランカスターが大好きで、
今は無き秋田市有楽町の映画館「シアタープレイタウン」で見たリマスター版、
ドロンの絵画や彫刻と見紛うばかりの芸術的な美貌としなやかな肢体、
その腰に巻かれたサッシュの鮮やかなブルーに眼が釘付けになったことを思い出します。
若かりし頃は胸焼け(笑)しちゃいそうな位の二枚目で引き気味でしたけれど、
渋みが増した中年以降はとても温和な魅力の俳優さんでした。
引き際を見誤ることの無い生き方、その人生もまた素敵です

7c7b7786be0a3d6b.jpg
ワイルドスピード8 アイスブレイク

空を飛んじゃった前作DVDを見直してからの鑑賞でした。
相変わらずのハチャメチャぶりですが、ある意味盤石の安定感がありました。
ほんの少しだけネタばれ・・・

血縁のファミリーと仲間が作るファミリーの狭間で苦闘するドミニク・トレッド、
それを盛り上げる敵味方が硬軟入り乱れての大活劇でした。
正真正銘の美女シャーリーズ・セロン演じる悪女は凄みがあって見応え充分、
ショウ兄弟のジェイソン・ステイサムとルーク・エヴァンスの道化ぶりも出色でした。
そこにイギリスの大女優ヘレン・ミレンがママン役で登場の豪華さです。
「美女と野獣」の悪すぎるガストンといい、ルークは一体どんな役者を目指しているのでしょう?
単なる2枚目で終わるつもりがサラサラないのはよく判りました(笑)
ホブス父娘の場違いなほどのほのぼのとした関係しかり、
最後の小さな新メンバーの命名シーンでは思わず落涙してしまいました。

Paul-Walker-Skyline-GTR.jpg
誰にも予測の出来なかった「さよなら」をしたブライアン役のポール・ウォーカー

77f01ce9.jpg
前作 スカイミッションのラストシーンに流れる歌「See You Again」が泣けます!

142941339038693619179_furious7-02.jpg
この時は既にポールは亡くなり実弟が演じていたはず

ブライアンとミア、その家族の幸せを守る事に懸命なファミリーの思いがビシバシ伝わります。
ド派手なカーチェイスと爆発が売りの車バカだらけの映画だったのに、
見事にヒューマンな物語に昇華し大ヒットも納得の作品になっていました。
ドク役のヴィン・ディーゼルが自身の娘をポーリンと名付けたと言われています。
ポールもブライアンも其々の中で生き続けています。
何だかとても感傷的で小っ恥ずかしい観賞記になってしまいました

| 映 画 | 13:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「美女と野獣」 観てきました

今日、お隣の韓国では大統領選挙が行われています。
静観するより他はありませんけれど、誰が当選しても行く末は同じような気もします。
フランスの新大統領マクロン氏は歴代最年少の39歳、
それより驚きなのが奥様が25歳年上だとか・・・、
勿論、それがどうした、当人の自由でしょうと云ったところなのですが、
万人と違うという事が兎角人(主に暇人の^^;)の興味をそそります。
多分、若き日の純愛を全うできる傑出した人物なのでしょうね!
俄かに信じがたい心の汚れた自分がいて恥じ入っています(汗)
不安が増すばかりの世界情勢、お手並み拝見です

SKMBT_C28017050912330.jpg
美女と野獣のフライヤー

気になってはいたのですが、近場では吹き替えしかなくて迷っていました。
連休二日目、友人からのお誘いで急に決まって観てきました。

小さなハーマイオニーだったエマ・ワトソンが成長し演じたベルはこの上もなく美しく、
ディズニーの総力を挙げた映像美は豪華絢爛でとても楽しめました。
でも、やはり字幕版を観るべきでした。
何となくお伽話の世界観が薄まってしまう感じがしました。
本音はユアン・マクレガーやルーク・エヴァンスの歌声を聴きたかっただけです
日本人キャストの実力云々とは全く別に、単なる好みの問題です
それでも、いつもの単独観賞とは違い感想を語り合えたので満足しました。

年代によって感じる物が凄く違ってくる作品だと思います。
だって小母ちゃんには魔法の解けた王子様がちっとも素敵に感じられなかった・・・、

1280_beauty_and_the_beast_poster_dan_stevens.jpg

見慣れてきたら醜い筈の野獣のほうが寧ろ魅力的でした。
年寄りは捻くれているって本当ですね

| 映 画 | 15:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トリプルX:再起動と杉森さん

帰宅後、お肉を焼いてさぁ食べましょうと食卓に向かった時に来客あり、
仏前にお花を供えてと届けてくれたご近所さんでした。
とても嬉しかったけれど、その後お話が止まらずお肉は冷え切りました・・・
お彼岸の中日にお肉なんか焼いたからかなぁ~?

昨日は出勤前にお寺さん参りをして我が家のお彼岸は終了(笑)
お墓はまだ雪に埋もれているので、大手を振ってスルーです。
誰もいない本堂に暫し膝をついて線香の香りに包まれ、
同級生でもあった住職さんの冥福を改めて祈ってきました。
余りにもあっけなく彼岸に渡ってしまい多くの悲しみを遺して逝きました。
親を見送っただけでも孝行かなぁ~と都合の良い解釈をしてお寺を後にしました。

自らの確定申告に非協力的な雇い主にイライラMaxで気晴らしに見た映画です。
忘れないうちに記しておきます。

xXx-Return-Of-Xander-Cage-Poster-01.jpg
http://www.xandercage.jp/

15年前の続々編です。
実はその後続編が公開されたようですが、大コケで日本では未公開だった模様、
私メ自身も全く記憶にございません。
全編、無駄にエネルギッシュなドンパチの連続、
スケートボードとジャングルでのスキー滑降に波乗りバイク等、
有りない設定で大笑いできます。

男は強く、女また強く美しく、強烈な個性が乱闘していました。
STARWARS「ローグ・ワン」で盲目の戦士を演じた、
香港アクション俳優のドニー・イェンが又も良い仕事をしていました。
舞台がフィリピンだったり、ウーやらヤンやら大陸系の名前が沢山出ています。
ハリウッドが中国系の資本で廻っているのは本当のようです。
サッカーのブラジル代表ネイマールも出て演技していました(笑)
それにしても絶体絶命の場面が1丁のロケットランチャーで起死回生の不思議、
何処までも笑わしてくれました(しかもその彼が・・・続編の主人公だった^^;)
ヴィン・ディーゼルによる、ヴィン・ディーゼルの為の作品ですが、
ワイルドスピードよりも軽くフリーダム、苦悩は付き纏いません。
生き生きと暴れまわるその姿が憂さ晴らしには最高でした

話は変わりますが、
大好きなブログ「東京弁当生活。 」の杉森さんの台湾1周旅行記を毎日堪能しています。
OLさんのお弁当紹介がどんどん本格化して、
遂に「東京弁当生活帖。」を出版したアクティブなお嬢さんです。
物に対する拘りと人に対する優しさが溢れていて、ずっと覗き見(笑)してきました。
特に海外に突撃旅行する一人旅行記「そうだ旅行こう。」のシリーズの、
大らかな行動力には尊敬の念さえ抱いております。
自分には出来ない事ゆえ特に・・・
人生は誰も皆一回きり、出来ない言い訳ばかりの自分に喝を入れないとね~、
旅の無事を祈りつつ、彼女の若さと柔軟性に元気づけられています。

| 映 画 | 17:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画観賞「ドクター・ストレンジ」

昨日の国会中継はとっても見苦しいモノを見せつけられ、
同性として情けないやら呆れるやらでした。
己の足元すら見えていない野党党首の恥知らず振りは加速の一途、
口角を歪ませ首に青筋を立てていきり立つ様は最早山姥状態でした。
方やろくな返答が出来ない防衛大臣のポンコツ振りも情けない限りです。
その内容と言えばはっきり言ってどうでもよい事なのが笑えました。
責める側も答える側も“みっともない”が過ぎていました。

SKMBT_C28017013112360.jpg
フライヤー2種 http://marvel.disney.co.jp/movie/dr-strange.html

少々迷ったのですが日曜日に「ドクター・ストレンジ」観てきました。
結果、観てヨカッタ、とっても楽しめました

あらすじは公式サイトに有ります・・・感想を少しだけ
アメコミヒーロー誕生の逸話ですから、荒唐無稽は当然です。
そこにユーモアやら案外真面目な薀蓄やらが加味されて飽きません。
修業は必ずカトマンズだし(笑)、衣装は定番のオリエンタル風味、
悪役はこれ以上は無いほど悪い風貌だしと笑える素材が随所に鏤められています。
「時間と空間の概念を超えた神秘の映像世界」の謳い文句の通り、
魔術で高層ビル群や街の風景がねじ曲がり分割される画がファンタスティック!
3Dで観るべきとの評価が多いようですが2Dでも充分、酔いそうでした

主人公役はBBCの「シャーロック」シリーズでお馴染のベネディクト・カンバーバッチ。
シャーロックの時の若々しい印象から、落ち着いた大人の男性へと変貌しました。
まぁ、いい男は何をやっても様になるってことでしょう
それにしてもベンジャミン・ブラットが歳とって判らなかった(人の事言えないけれどね~^^;)

感動巨編とか世界が泣いた云々とかも良いのは勿論ですが、
自分的にはド派手に爆破やらカーチェイスやらのスカッと系が向いています。
人生を導いて貰うような重さは結構、映画は娯楽で充分です。
続編作る気満々でその掴みもバッチリでしたし、次回も楽しみです。
何より引き籠り休日にならなくて良かった・・・

| 映 画 | 14:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT