| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トリプルX:再起動と杉森さん

帰宅後、お肉を焼いてさぁ食べましょうと食卓に向かった時に来客あり、
仏前にお花を供えてと届けてくれたご近所さんでした。
とても嬉しかったけれど、その後お話が止まらずお肉は冷え切りました・・・
お彼岸の中日にお肉なんか焼いたからかなぁ~?

昨日は出勤前にお寺さん参りをして我が家のお彼岸は終了(笑)
お墓はまだ雪に埋もれているので、大手を振ってスルーです。
誰もいない本堂に暫し膝をついて線香の香りに包まれ、
同級生でもあった住職さんの冥福を改めて祈ってきました。
余りにもあっけなく彼岸に渡ってしまい多くの悲しみを遺して逝きました。
親を見送っただけでも孝行かなぁ~と都合の良い解釈をしてお寺を後にしました。

自らの確定申告に非協力的な雇い主にイライラMaxで気晴らしに見た映画です。
忘れないうちに記しておきます。

xXx-Return-Of-Xander-Cage-Poster-01.jpg
http://www.xandercage.jp/

15年前の続々編です。
実はその後続編が公開されたようですが、大コケで日本では未公開だった模様、
私メ自身も全く記憶にございません。
全編、無駄にエネルギッシュなドンパチの連続、
スケートボードとジャングルでのスキー滑降に波乗りバイク等、
有りない設定で大笑いできます。

男は強く、女また強く美しく、強烈な個性が乱闘していました。
STARWARS「ローグ・ワン」で盲目の戦士を演じた、
香港アクション俳優のドニー・イェンが又も良い仕事をしていました。
舞台がフィリピンだったり、ウーやらヤンやら大陸系の名前が沢山出ています。
ハリウッドが中国系の資本で廻っているのは本当のようです。
サッカーのブラジル代表ネイマールも出て演技していました(笑)
それにしても絶体絶命の場面が1丁のロケットランチャーで起死回生の不思議、
何処までも笑わしてくれました(しかもその彼が・・・続編の主人公だった^^;)
ヴィン・ディーゼルによる、ヴィン・ディーゼルの為の作品ですが、
ワイルドスピードよりも軽くフリーダム、苦悩は付き纏いません。
生き生きと暴れまわるその姿が憂さ晴らしには最高でした

話は変わりますが、
大好きなブログ「東京弁当生活。 」の杉森さんの台湾1周旅行記を毎日堪能しています。
OLさんのお弁当紹介がどんどん本格化して、
遂に「東京弁当生活帖。」を出版したアクティブなお嬢さんです。
物に対する拘りと人に対する優しさが溢れていて、ずっと覗き見(笑)してきました。
特に海外に突撃旅行する一人旅行記「そうだ旅行こう。」のシリーズの、
大らかな行動力には尊敬の念さえ抱いております。
自分には出来ない事ゆえ特に・・・
人生は誰も皆一回きり、出来ない言い訳ばかりの自分に喝を入れないとね~、
旅の無事を祈りつつ、彼女の若さと柔軟性に元気づけられています。

| 映 画 | 17:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画観賞「ドクター・ストレンジ」

昨日の国会中継はとっても見苦しいモノを見せつけられ、
同性として情けないやら呆れるやらでした。
己の足元すら見えていない野党党首の恥知らず振りは加速の一途、
口角を歪ませ首に青筋を立てていきり立つ様は最早山姥状態でした。
方やろくな返答が出来ない防衛大臣のポンコツ振りも情けない限りです。
その内容と言えばはっきり言ってどうでもよい事なのが笑えました。
責める側も答える側も“みっともない”が過ぎていました。

SKMBT_C28017013112360.jpg
フライヤー2種 http://marvel.disney.co.jp/movie/dr-strange.html

少々迷ったのですが日曜日に「ドクター・ストレンジ」観てきました。
結果、観てヨカッタ、とっても楽しめました

あらすじは公式サイトに有ります・・・感想を少しだけ
アメコミヒーロー誕生の逸話ですから、荒唐無稽は当然です。
そこにユーモアやら案外真面目な薀蓄やらが加味されて飽きません。
修業は必ずカトマンズだし(笑)、衣装は定番のオリエンタル風味、
悪役はこれ以上は無いほど悪い風貌だしと笑える素材が随所に鏤められています。
「時間と空間の概念を超えた神秘の映像世界」の謳い文句の通り、
魔術で高層ビル群や街の風景がねじ曲がり分割される画がファンタスティック!
3Dで観るべきとの評価が多いようですが2Dでも充分、酔いそうでした

主人公役はBBCの「シャーロック」シリーズでお馴染のベネディクト・カンバーバッチ。
シャーロックの時の若々しい印象から、落ち着いた大人の男性へと変貌しました。
まぁ、いい男は何をやっても様になるってことでしょう
それにしてもベンジャミン・ブラットが歳とって判らなかった(人の事言えないけれどね~^^;)

感動巨編とか世界が泣いた云々とかも良いのは勿論ですが、
自分的にはド派手に爆破やらカーチェイスやらのスカッと系が向いています。
人生を導いて貰うような重さは結構、映画は娯楽で充分です。
続編作る気満々でその掴みもバッチリでしたし、次回も楽しみです。
何より引き籠り休日にならなくて良かった・・・

| 映 画 | 14:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

STARWARS「ローグ・ワン」鑑賞

急に延長となったお正月休暇を持て余しております。
ぼ~っと絶賛引き籠り中です。
昨日は午前中で強制終了となった勤務後、空いてしまった時間で観てきました。
去年のうちに前売りを貰っていたスターウォーズ・ストーリー「ローグ・ワン」

20161027180818.jpg
日本番ポスター

オープニングの違和感こそ有りましたがサイドストーリーと侮ることなかれ、
若い主役と個性的な周辺人物たちが生き生きと動き回り、
シリーズ一番のロマンチックな展開となりました。

star-wars-rogue-one-03.jpg

血沸き肉躍る冒険活劇と浪花節風味なヒューマンストーリー、
そこに懐かしいキャラクターのトッピング(笑)CG技術の見事なこと!
「フォースの覚醒」と違ってディズニーカラーも気にならなかったし≪前回の鑑賞記★≫
二時間半、気の散ることなく集中できました。

168782_1.jpg

エピソード4の10分前という触れ込みでしたし、
また改めてシリーズを見直そうと思った次第でした。

fc2blog_20170107144547a84.jpg
お腹が空いていたので仕方なく・・・

| 映 画 | 14:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画鑑賞「ジェイソン・ボーン」

W杯アジア最終予選、ハリルジャパンはアウェーで引き分けて勝ち点1
元気君はゴール決めるも相手にも特典献上で意気消沈していました。
覇気のない内容だったし、まぁ、負けなかっただけ良しです。
日本のFIFAランクが56位と言うのも肯けます。
この先の試合内容が良くなることを願っています。

さてさて、観てきました。
大好きマット・デイモン、9年ぶりにジェイソンボーンに再会でした。

20160429_bone002_001.jpg
ポスター http://bourne.jp/

第1作:『ボーン・アイデンティティー』(2002年)
第2作:『ボーン・スプレマシー』(2004年)
第3作:『ボーン・アルティメイタム』(2007年)
第4作:『ボーン・レガシー』(2012年) 観賞記★
ときて本作が5作目ですが、レガシーはマット・D主演ではなく外伝的な作品です。
全作、劇場で鑑賞済み&DVDでも再視聴しており、満を持しての最新作鑑賞となりました。

jason_bourne_01.jpg
悩める孤高の暗殺者ジェイソンボーン

自分の過去を追い求め苦悩する様子は変わりないのですが、
以前より悲壮感が薄れ大人風味なジェイソン君でした。
兎に角強い、最強です、そして車が尋常ではない大破の連続です。
動体視力の衰えた小母ちゃんは画面を追うのに精一杯でした
アテネ~ベルリン~ロンドン~ラスベガスと格安で海外旅行気分も満喫しました。
それにしても世界中の何処にいても監視されるネットワーク社会、
小市民が知らないだけで既に構築されていたりして・・・地味に怖いです。

matt_daimon_add1.jpg
最重要キャスト2名

ヒロインは切れ者のCIAエージェント、リー(アリシア・ヴィキャンデル)知的美女で言うことなし、
だけど007シリーズのボンドとは違ってそこに揺れないジェイソンに痺れました(笑)
CIA長官役のトミー・リー・Jがまた悪すぎて快感です。
でもどうしても缶コーヒーCMの宇宙人やメンinブラックの当たり役がチラついて憎み切れません。

ポスターのコピーを見ると次作も有りな感じです。
それはそれで楽しみですが、マットの年齢からしても衰えは避けられないし、
私メ的には今作で終了でも良いかな~?という気持ちもチョッピリ有りです。
初回作に冠した「アイデンティティー」の意味が凄く伝わった2時間と少し、楽しめました。
お勧めです

| 映 画 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「シン・ゴジラ」 観てきました

連日連夜のリオ五輪。
若者たちの活躍に小母ちゃんの気分も高揚しています。
メダルの色よりその場にいられる幸運を楽しんでもらいたいと思いますが、
アスリートはそんな単純な思考では一流になれないのでしょうね!
銅メダルの柔道選手の顔色が冴えなくて気になりました。

img_visual_jp.jpg
ゴジラVS日本政府でした

先日、相変わらずお一人様で観てまいりました。
夏と冬の長期休みの映画鑑賞がゴジラやガメラシリーズだった小学生時代に、
どこか冷めた目で観ていた年代が実はコアなファンだということを身を持って知りました。
いつもは人の疎らなイオンシネマ、同世代で賑わっていました(笑)
気の向くまま勝手に色々書きますので、これから観る予定の方はスルーして下さい。

と云うことで次頁へ

...Read more

| 映 画 | 17:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT