| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

齢相応に日々精進の戒め(^^;

暖かくなり春物の薄手綿シャツに袖を通したら、前合わせがパツンパツン
今さらバストが豊満に進化するはずも無く、背中のお肉の厚みが増した模様です。
食の量は増えていないので、基礎代謝の低下とバランスの悪さ辺りが考えられます。
季節が進み増々の薄着を前に気を引き締めて掛からないといけません。

自称38歳のエリコこと、62歳の節子容疑者の移送の様子を見ました。
セパレートのスリーブレスとショートパンツ(自分には到底無理な露出度^^;)
可愛く纏められたヘアスタイル、睫毛はパッチリで口元に微笑みを浮かべながら、
キャリーケースを転がし護送車の金網張りの荷台に乗り込みましたよ!
最早、天晴な女優と言った感じでした。

どう若作りしても38歳は無理がある、イタすぎると思っていましたが、
年下の自分よりも確実に若く見えましたよ、何より女を棄てていない
若作りしたらしたで叩かれ、年相応にしてると女を棄てていると叩かれるとか、
何とも生き辛い世の中ですが・・・(実はあんまりそうとも思ってはいないのが自分だったりする)
毒を撒き散らさなければ、若作りのてんこ盛りサバ読み放題でも構いません。
汚いよりは小奇麗な方が良いのは古今東西の理です。
青酸カリ保険殺人結婚詐欺オバサンの筧千佐子被告はモテモテだったし、
木嶋香苗死刑囚は獄中で結婚離婚、また再婚の充実ぶり?とか、
毒カレー事件の林真須美死刑囚も若い頃は(失礼!)美人でモテたらしい、
蓼食う虫も好き好きとは言うけれども、嘘で塗り固められた蜜の味と言ったところでしょうか?
持って生まれたもの、後から備わったもの、美しさの定義は奥が深そうです。
物理的な問題は諸々ありますが、それなりの努力は怠らずにいたいもの、
まず、少し減量しないとね

IMG_3676.jpg
相変わらず帯揚げはグダグダで斜め写りのお粗末、要精進

何の脈絡も無く前述のウールコートの下に着ていた小紋です。
やはり選択が地味~!
もう少し若々しく(若作り?)明るい色合いにした方が良いかもです。
如何せん在庫がどれもこれも地味なのですよ・・・、
まぁ、どうせすぐに自分の年齢が追いつくとは思うけれどもね~

自分の為に三月に蒔いた小さな種が有りました。
で、芽も出ないままに枯れました(笑)
相手の望むものが自分に備わっていなかったという事なのは解ります。
でも打たれ弱い自分はちょっと凹んでいます。
何事も簡単にはいかないという事です。
蛇足ですが、色気のある方面のお話ではありません

| 和 装 | 14:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出不精人間自由研究レポート

昨日の関東では30℃越えの真夏日 方や帯広では積雪で除雪作業
これは一体どういうことなのでしょうネ・・・日本も広いってことかな~

驚いたのは此方もです。
『一番のがんは学芸員』 

「文化観光を進めなければならないが、一番のがんは学芸員という人たち。一掃しないといけない」
山本幸三地方創生担当相が発し、のちに撤回し謝罪した言葉、
“がん”とは、またまた随分な物言いです。
これって失言ではなくて思わず漏れてしまった本音なのでしょうね
この大臣先生が学芸員と言う職務の内容を把握しているとは思えません。
自分たちの意向に沿わない者を一方的に扱下ろしているだけなのでしょう。
日々学び研究し、折々に論文として発表することが課せられ、
文化の土台を築き守っていく専門家であり学究の徒だと思います。
中には浮世離れした方もいるかもしれませんが、
待遇的に恵まれなくとも、それを情熱で補っている方々が沢山います。
他者を排他するなどとは酷い言いがかりでしょう。
観光強化のツケが寺社仏閣その他の文化財の汚損に繋がっているのなら、
学芸員さんばかりではなく多くの人達が怒りを感じていると思います。
大臣の相次ぐ失言やら暴言が続いています。
国会も迷走に次ぐ迷走の学級会状態で、
不穏な現状への対処は本当に大丈夫なのでしょうかね~?なことです。

身近な日本文化和服は始末の文化で、直線の布を縫い合わせ折りたたんで纏います。
汚れたり傷んだりしたら解いて洗い、縫い直し繕い数世代に伝えることも可能、
小物に作り替えたり、細かく裂いて織り上げ再生も出来ます。
先人たちの知恵の賜物です。
私メも少々工夫し、長着を道中着風コートに作り替えてみました。

IMG_3695.jpg
全体像ではないので単なる上っ張りにしか見えない・・・ガッカリ

裾を15㎝ほど切って絎け襟を縫い付けただけ、全部手縫いで出来ました。
下前の紐をぐるりと背中に回し、右の身八つ口から前に出して結びます。
ウールの単衣なので軽く暖かいし、汚れても自分で洗え実用的です。

IMG_3714c.jpg
余った布で紐飾りも作ってみました

一番面倒なのは長い紐を作るところでした。
紐は速さと強度を考えるとミシンで縫う方が良いのですが、
『お母さん、僕のあのミシン、何処にいったんでしょうね?』~人間の証明風~
とばかりに、myミシンは4年ほど前に断りも無く里子に出され行方不明になりました。
思い返すも残念至極、チマチマ運針をしながら呪いました(笑)
そんなこんなの引き籠り休日のレポートでした。

| 和 装 | 13:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

或る日の中途半端な春の装い

又もや北の3代目さんのところからミサイルが発射されたようです。
またか~、と慣れてしまっても本当に大丈夫なのでしょうか?
その内どんどん射程が伸びて遂には着弾なんて事態になったらどうなるのでしょう。
巷には呑気に都内の花見情報がず~ッと垂れ流しです。
森友さんと色々勘違いしている首相夫人のことばかりにかまけていていいのかしらん?
もしかしてその時はその時ってやつですか?

ミサイル着弾第一候補の当地は雪解けが進み、やっとこさで冬タイヤの交換をお願いしました。
昨日、取引業者さんの事務員さんが支払いに来てくれて、
息子さんがタイヤ交換をしてくれたお話を聞いて凄~く羨ましかった(笑)
タイヤを積み込むのさえ渾身の力を要する小母ちゃんには身に沁みました。
愛車のタイヤサイズは205/60R16、デカいし重い、そんでもって高い、
コンパクトな身の丈に合わせて、やっぱり軽自動車の方がいいのかなぁ~悩む

IMG_3601.jpg
お正月以来の和服@妹宅にて

「おどる妖怪たち 京極夏彦氏が語る暁斎妖怪画の魅力」に参加した時★のいでたち、
講師のお二方が和服なのは解っていたし、気兼ねなく纏って出かけました。
何より田舎と違って何着ても煩くないのでね~

地味目大多数な在庫の中から辛うじて明るめの色合いの小紋を選択しました。
帯締めだけはせめても春らしい桃色です。
大好きな翁格子の名古屋帯は柔らかくてお太鼓が難しい曲者、
でも羽織を着るこの季節は隠れてしまうので少々崩れても無問題です。
大昔の娘時代に和裁を習っていた時から作るのも着るのも羽織が大好き
まぁ、今ではとても縫えませんが、
大きなお尻が隠れるからと言うのが一番の理由ですね!

実は会場に着いて妹に写真を撮って貰ったのですが、これが見事にピンボケ
偶には全身像を残したいと思ったけれど当てが外れました。
何せ吾が妹、いまだに携帯電話の所持も拒否しているアナログ人間ですからね、
(名誉の為に言っておきますが、使うことは出来ます
お願いした自分の人選ミスでした。

IMG_3213_20170405134500722.jpg
iphoneで俯瞰してみた

少しずつ和服でのお出掛けの機会を増やしたいな!
田舎って人の行動にアンテナ伸ばしてくる事が多くて色々煩わしいのです。
でも、一度変わった人のレッテル貼られたら大丈夫になるかもしれない・・・、
今一つその勇気に欠けますけれどね!
いっその事、都会で暮らそうかな

| 和 装 | 13:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水道管は絶賛凍結中です!

最強の寒気団は長逗留の様子で本日も吹雪模様の横手市です。
ハイ、事務所の水道の凍結は例年の倣いで前々日より継続中です。
破裂したらその時考えましょうと放置、そうしないと対処して貰えないので・・・

昨夜は我が家の洗面所の蛇口も就寝前からストライキに突入していました(驚)
ボイラーの温度を上げて強制解凍後、不凍栓を締めて就寝しました。
が、今朝はトイレの手洗いが凍結(泣)ファンヒーターを持ち込んで事なきを得ました。
慣れたこととは言え面倒・・・築35年の老朽住宅故仕方が無いのです。
例年は既に住まい全体が雪のドームに包まれていますが、
今季はこれまでの積雪が少なくて吹きさらしの状態で余計に凍結しやすい状態なのです。
いよいよ補修工事を考えないといけないようです。
冬は昆虫に悩まされないけれど(昨夏は蛇まで出て大騒ぎになったし^^;)
除雪と凍結も強敵で田舎暮らしは中々緩くありません。

それでも昭和を思えば我儘は言っていられません!
蛇口からお湯が出て、目が覚めたらご飯が炊けているだけで幸せと感じた時代です。
お正月の支度をするたび昔のお母さんたちの仕事ぶりを思います。
土地の仕来りを守っての品々、寒くて不便な台所で当然ながら全て手作りでした。
年が明ければキチンとした身なりで神仏を拝み、親戚やら来客の対応もこなした訳です。
年末年始は呑んで食べて笑ってお仕舞いの自分が後ろめたく思えてしまいます。
まぁ、だからと言って改めようもないのですけれど・・・へへ幸せ者です

IMG_3370.jpg
お正月と言うことで和服

部屋着若しくはエプロンや割烹着で自堕落だった松の内最終日に着た小紋です。
赤い物を身に付けて華やかにと考えたのですが、ほぼ茶色で目論みは失敗、
着付けは相変わらずグダグダ、ちっとも上達しません。
帯は亡母の遺したもの、結局一度も日の目を見ないままだった気がします。
勿体無いのでどんどん着回します。
因みに着ただけでお出掛けは無しの引き籠りでした。
今年は自分撮りの腕を磨いて斜め写りを解消したいと思います(笑)

| 和 装 | 13:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昭和のかほり ウールの単衣

今月もあと3日間で終わり、来週はもう11月に突入です。
この週末は各地でハロウィンの仮装お祭り騒ぎが繰り返されるのでしょうか?
年齢的な感覚かもしれないけれども、単なるバカ騒ぎにしか見えずしっくりきません。
幼稚園児や低学年の子供(オッと無理がある^^;)孫でもいたら違うのでしょうか

IMG_2825.jpg
今年の仮装?~こちらは去年の仮装★

先夜の鯖巻ナイトの時のいでたち、少々冷えた夜でしたのでウールの単衣です。
いささか仲居さん風ですが、一応薔薇の花模様が織り込まれています。
一体いつの頃の物なのかは不明、でも汚れも傷みも無くて心地よく着ることが出来ました。
今時のお嬢様たちは手足が長くて、裄(ゆき)が足りないとよく聞きますが、
何せ私メは一昔どころか昭和初期レトロ仕様の体型なので、大概着用可なのです。
余所行きではなくバリバリの普段着(笑)気兼ねなく着潰すことができる気楽さです。
相変わらず自撮りの腕は上がらず、寧ろ劣化していて真面な画がありません。
上手く写っていたところで何の意味も価値も無い単なる備忘録なのですけれどね

和服を着るとなると半衿を付けるなど、取敢えず針を持つ必要に迫られます。
料理と裁縫はボケ防止と言いますから少しは役に立っているでしょう。
飽きるか腕が回らなくて帯が結べなくなるまで、もう少し和装で遊んでみようと思います。
今後の暮らし、人生設計とか考えると明るい要素なんて思い当らず、
『夜も眠れない』
チープな芝居の台詞の様なフレーズがピッタリです。
それでなくても不眠気味になり易いお年頃ですし、
考えても妙案など容易に浮かぶはずもないので、眼の先の楽しみに気を紛らわします。
目下の大問題は
『これだけ地味な長着には柄入りの半襟が似合いそう』
・・・こんなところです、何とも平和

| 和 装 | 15:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT