| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Muse展 女神達との邂逅

IMG_3888.jpg

秋田県立近代美術館で明後日18日まで開催中です。

平成29年度国立美術館巡回展 国立西洋美術館所蔵
ミューズ 芸術の女神 まなざしの先の女性たち
Muse Women before the Artists'Eyes

一月ほど前、ジリジリと容赦ない日差しの午後に観に行ってきました。
忘れてしまわないうちに記しておきます。

稀な存在だった女性画家の筆による女性像が特に魅力的です。
輝くばかりの美貌が誇らしげなポスターはマリー・ガブリエル・カぺの自画像です。
もとより美しい女性だったのでしょうが、そこを自ら描き切るパワーが凄い!!
透き通るような肌、バラ色の頬と果実のような唇・・・まるでお姫様
胸元と袖口のレースの描写が麗しいこと、実力が裏打ちされた自信なのでしょう。

西洋美術館のコレクションの中から絵画、彫刻、版画、工芸の約100点、
芸術家の眼差しを捉えた魅力的な女性たちに焦点を当てた展示です。
西洋美術館の常設展でお馴染の作品もテーマを絞って集約すると新鮮でした。
聖母像から踊り子、裸婦に至るまで数多くの女性たちの愛と苦悩が表現されています。
ロダン作「接吻」の男女の裸体の美しさには溜め息でした。
人間の身体は斯くも素晴らしいものだという事を忘れていました

SKMBT_C28017091615340.jpg


ミューズ展に合わせての同時期開催は、
近代美術館の収蔵品の中から女性を主題とした作品を紹介するコレクション展です。
此方の会期は今少し先までなのでゆっくり楽しもうと思っています。

| 鑑 賞 | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お馴染の海賊映画 鑑賞覚書

今日から長月、そして防災の日です。
安倍首相の見慣れない防災服姿が何とも滑稽に見えてしまいます。
でも秋田県のお殿様知事さんがゴルフ宴会明けに袖を通した姿よりはまだマシです。
似合わなくて滑稽なくらいが平和の証拠でしょう。
天災や、やけに現実じみてきた非常事態で本気モード突入にならないことを願います。

民進党の代表選挙が今日のようです。
顔ぶれを見ても何が期待できるのか全く見えてきません。
ただ前党首の楳図かずお劇画調の筋張った不機嫌な顔を見ないだけ楽です。
ここに来ても相変わらず重箱の隅を突っつくだけの自民攻撃のみですから、色々無理です。
地方、国を問わずの議員さんや首長さんの不祥事、不都合にもウンザリです。
日本語の不自由な方も多くて呆れてしまいます。
一般的にも耳にすることが多くなりましたが、
「~~~させていただく」という言い回しが気に障ります。
『辞職させていただきます』(爆笑)ですって・・・噴飯ものです。

さてさて夏休みに観た映画のお話です。
シリーズが長くなり魅力が薄れて暫く足が遠のいていた此方の作品です。
大曲イオンシネマは吹き替えのみの上映でした。

1491390023594_2017090113322565f.jpg
パイレーツ オブ カリビアン 最後の海賊

今回は中々良いみたいよ~の声に押されて観てきました。
ハイ、良かったです

子供たちが成長して話に広がりが生まれていたし、
最初からのエピソードを丁寧にちりばめて笑わせてくれました。
紅顔の美少年だった鍛冶屋のウィルは逞しいオッサン海の勇者になっていたし、
お馴染の愉快な乗組員の面々は見事に高齢化していました
ジャック・スパロウのJ・デップも頑張っていたけれどそれなりに(笑)劣化していました。
最初から地味だった(汚かった?)宿敵キャプテン・バルボッサ、
ジェフリー・ラッシュが一番そのままでした。
そして、最後にして美味しいところを攫って行きました。

17499225_10155093638013830_5600233955994321045_n.jpg
今回の主役

テンポが良くて泣き笑いの連続、CG映像が作り出す非現実の高揚感、
娯楽の王道を一直線に進む楽しい映画でした。
物語はまだまだ続くようですが、これ以上の劣化は見たくないような気もします。
次回はどうしようかな・・・

| 映 画 | 14:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

或る夏の夜の不審者画像

初秋刀魚の話題が彼方此方から聞こえてきました。
食べたい・・・
焼秋刀魚も良いけれど酢で〆て玉葱スライスと一緒もイイな~!
と妄想中、もう少しお値段が落ち着いてからになりますけれどね(^^;

地元で昨日開催された「蔵史めぐり」は盛況の様でした。
県外ナンバーが町内をウロウロ、結構離れた駐車場も埋まっていました。
まぁ、障子紙を買いに出掛けた際に眺めただけで現場は見ていないのですけれどもね、
人口減少一途の街に賑わいが有るのは結構なことです。

さて、その障子張ですがこれまでは昔ながらに尺物の巻紙を使用していました。
今回から一枚もののロールタイプを購入し張ってみました。
結果、余りに楽チンでこれまでの徒労はなんだったのかと自分に呆れました。
桟の糊付け部分が重なることも無く次回からは楽に剥がせそうです。
2階の網戸が外れた際に派手に破れての予定外の作業でしたが、
夏場に行う作業じゃありません、汗が滴り落ちました
でも真白な出来上がりを眺めたら少しだけ浮上しましたよ、ハイ単純です

IMG_3999.jpg
化繊の透かし織り小紋~反省点:おはしょりがモタモタ

先夜の栄養補給時のイデタチです。
この夜は肌寒い位でしたので着付けも汗をかかずに済みました。
色合いは地味だったけれど柄が五月蝿かったので、
帯は縞柄の半幅の裏面を出して吉弥結びで簡単にしました。
お太鼓部分に縞柄が出て良いアクセントになりました。

IMG_4006.jpg
帰宅後、帯締めが下がっています、要注意

帯締めの3分紐は今年の誕生日プレゼントです。
いつも地味なので差し色に明るめの物を選んでくれました。
感謝です

IMG_4016.jpg
帰り道にパチリとな

美味しく頂いて早めに切り上げた帰路で遊ぶ不審者です。
自分なりの楽しみを見つけないと砂漠化しそうで怖いのが本音です。
咀嚼するのに少々時間を要しましたが、
ホンビノス貝の酒蒸しが美味しかった夜でした。

15日の同期会にはこんな感じで・・・

...Read more

| 和 装 | 12:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

♪あぁ~夏休み~♬ 其の壱

IMG_3909.jpg
お墓参りして迎え火焚いて

IMG_3912.jpg
お隣の菜園直送の採れたて茹でたての枝豆食べて

高校野球をテレビ観戦する夏休みです。
県代表の明桜高校は残念な敗戦だったけれど、
若者達の熱い闘いはまだまだこれからです。
変わり映えのしない夏休み、
でもこんなふうが一番いい

| 些 事 | 12:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

求む救世主『キング・アーサー』

九州北部の洪水被害は時間と共にその深刻さが明らかになって来ています。
犠牲になった方や未だ安否が不明のままの方々、そしてその周囲の人々、
どんなにか不安なことかとギリギリと胃の焼ける様な思いです。
でも実際の自分は切り取られた映像を傍観しているだけです。
支援体制は徐々に構築されていくとは思いますが、今暫くは不十分でしょう。
ただ、ここ何度も史上稀にみる災害続きの日本列島ですから、
不謹慎な文言ですが慣れと経験が事態を迅速に進めてくれると思います。

自衛隊や警察、消防隊員の身を粉にした活動には頭が下がります。
特に自衛隊の災害支援体制の手厚さは滅私奉公、神業の域です。
不要論を声高にデモするだけの諸君(誰とは申しません!)には見えないのでしょうか?
それにしてもこれ程まで天災が立て続けに繰り返される日ノ本とは・・・、
現実主義者の自分でも何か大きな意志の力を思ったりしてしまいます。
国の長は外遊中で祭祀王はリタイア宣言、心許ない限りです。
もう期待はせずに自分の出来ることを考え実行するしかありません。
今は一日も早い復旧を祈るのみです。

IMG_3761.jpg
キング・アーサー@ルミエール秋田

県展鑑賞で訪れた県都秋田市でついでに(笑)観てまいりました。
日本で言ったら義経か忠臣蔵か、と言ったところの英雄アーサー王物語。
シャーロック・ホームズシリーズで人気を博したガイ・リッチー監督作品です。
でもアメリカでは不人気でコケたようです。
ポスターを見ても何となく解るような・・・

兎に角、これまでのアーサー王物の概念が薄~いのが印象的でした。
何で今アーサー王なのかを考えてしまいました。
洋の東西を問わず絶対的な救世主を求める気持ちが強いのかもしれませんね!

360074_001.jpg
主人公がエクスカリバーを抜くシーン

何かもう衣装から違和感ありまくり、その時代にミシン有ったの???

感じたままを殴り書きします故、知りたくない方はスルーでお願いします。
読んでも良いという方は次頁にお進みくださいませ~

...Read more

| 映 画 | 14:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT