2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋田弁思案 いらっしゃいませ

お仕事に全然関連無いけれど・・・。

少し前のテレビ番組で、秋田の風物をコンセプトにした飲食店を紹介していました。
郷土料理、地酒、なまはげ、かまくら 等々、お馴染みの展開でしたが、よく考えられてお洒落に纏まっていました。
ただ一つだけウ~ンと気になったことがありました。
方言を売りにして接客をしていたのですが、来店したお客さんに
“えぐ来たなぁ~”って・・・。
えぇッ~お客さんだよ~それは無いだろう
夏休みに遊びに来た孫じゃないんだから。
それじゃあまるで親戚の爺ちゃんか、近所の小母ちゃんですよ。
親愛の意を込めるにしても、もう少しは丁寧に言わないといけないんじゃないかな~?
えぐ、来てけだんしな(良く、来てくれましたね)
若しくは
えぐ、来たんしな
よぐ、おざってけだんしな(良く、いらして下さいました)←今は余り使わないけど・・・
よぐ、おざったんしな(良く、いらっしゃいました)
一概に秋田弁と言っても県南と中央、県北と色々変化しますから正解ではないのかもしれないけど。
秋田弁が訛った乱暴な言葉だと思われたくないな、柔らかくて優しい言い回しもたくさんあるから。
老婆心からの感想でした。
スポンサーサイト

| 地 元 | 12:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。