2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秋田弁思案 お怪我は?

寒い!出勤したら事務所零度。屋内ですよ~
石油ヒーターと電気ストーブとエアコンで急速暖房をしました。
ウゥゥゥ・・・でも寒い。

昨日も猛吹雪の中、除雪作業に勤しみました。
実は家の者が通勤途中にトラックと接触、本人は無傷でしたが軽自動車は側面を負傷し入院中でした。
それが完治し退院すると連約を受けたのですが、車庫前雪山状態。
もう一日時間を下さいと無理言って昨日の除雪となったわけです。
隣近所の皆さんも勿論除雪、加えて消防団員は消火栓の除雪作業で自ずと挨拶から事の顛末説明になるわけです。
すると皆様異口同音に
「いでぇぐ(痛く)しねがったが~?えがったな」
  ↓
「怪我は無かったですか?良かったですね」
と言って心配してくれました。ありがとうございます。

2時間の格闘の末(二人で)、車庫の前はきれいに片付きました。
ただ私は腰を“いでぇぐ”しました

明日から2月、天気予報にはマークも復活したみたいです。
春遠からじ、です。
関連記事

| 地 元 | 10:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春待閑話 選抜甲子園

雪の話ばかりで滅入ってしまいます。
愚痴っても降るものは降るんです。前向きに前向きに・・・と言いつつ、今朝も約1尺(30㎝)程の積雪、トホホ。

話題を変えて、お仕事の話。
弊社では今、老人福祉施設の建設に関わっております。
延べ床面積1200㎡(362坪)大きいです。
それにこの雪、それでなくても遅れている工期、遅れっぱなしです。
建主さんからの苦情、出入り業者さんからの不満、解かってはおりますが如何せん相手はお天道様。
朝6時、暗いうちから除雪してますが追いつきません。
早く完工してもらいたい
完工したらです。早く来い

春といったら選抜“甲子園”です。
大館鳳鳴高校 21世紀枠出場おめでとうございます。
1回戦敗退記録更新中の秋田県勢、プレッシャーもきつい事と思いますが頑張ってください。
応援しております
共学になって3年目の横手城南高校も夏、期待しております。(母校なんですヨ)

頑張りましょう。今だ嘗て春の来なかった年は無いのですからネ。
関連記事

| 時 事 | 10:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪害現場実情 破損報告

屋根壊れましたガラスも割れました

アパート屋根破損

お客様を優先していたので仕方が無いわけですが、結構被害大きいです。

事務所軒先 事務所軒先

外壁破損 アパート軒先2

皆さん疲れている様子、作業員もまた然り・・・暖かい目で見守りください。
今日は夢みたいな晴天もう一息頑張りましょう。
関連記事

| 現 場 | 12:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪害現場実情 ほんの一部

事務所 P1210010_convert_20110121093634.jpg

アパート屋根2 P1210006_convert_20110121094125.jpg

アパート屋根 P1210003_convert_20110121093959.jpg

先月28日から連日の降雪で横手市はついに過去最高の積雪を記録したようです。
確かに横手市は雪に慣れた街です。住民も諦め半分で日々の除雪に勤しんでいます。
でも疲れないわけじゃないんです。もうへとへとです。
歩道の側壁は1.6mもあり車の往来は見えず、身長の低い人は傘もさせません(道幅が傘の幅もありません)
町部でこんな有様です。山間部はもっと大変なはずです。
市役所の皆さんも一生懸命対応してくれているのも判っております。
でも、もう此処まで来ると天災なんじゃないでしょうか。
知事さんとか市長さんとかに対処をお願いしたいと思うのは私だけでしょうかネ。

自社の雪下ろしは後回し、依頼の現場に駆けずり回っております。
お待ちの皆さんもう少し頑張ってください。

ミッシと言う音がバキッと言う音に変化しました・・・少し怖いです
関連記事

| 時 事 | 10:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田弁思案 ホワイトアウト

暴風雪警報、異常低温警報、雪崩注意報 等々。
連日天気予報の画面でお馴染みです。
昨夜から吹雪が強まり、今朝起きたら吹き付けられミッチリ詰まった積雪がありました。
トホホ・・・高密度の雪、嬉しくない。

ふきどられる、若しくは ふきどりに遭う。
今では使うこともなくなってしまいましたが、私が小学生だった頃(大昔とも言う)使っていました。
吹き捕られる吹雪に巻き込まれて行き先を見失う、と言ったところでしょうか。
ホワイトアウトに遭うと方角は勿論、天地すら判らない錯覚に陥ると言います。
今ほど除雪されてなかった昔は、車も通れない一本道で舞い上がった雪に撒かれてしまうことも多かったのでしょう。
今でも運転中猛吹雪で立ち往生している時、前の車が進んでテールランプが離れていくと自分が後退しているような錯覚をすることがあります。
怖い、怖い、安全運転第一です。
関連記事

| 地 元 | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT