2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

東京観る旅① 西洋美術館

食い意地優先ではありますが流石にそれだけでは情けない訳で、こちらの鑑賞も目的の一つです。

西洋美術館 正面チケット売り場

プラド美術館所蔵 「ゴヤ 光と影」展

『相変わらず混んでいるんだろうな~』と思いながら上野駅公園口を出ました。
国立博物館や西洋美術館の企画展はイコール長蛇の列、過去に2時間待ちなんてことも経験ありです。
が、しかし今回は予想に反し意外に静かでした。
油彩よりも素描が多いのが一因かもしれません。
それでも今のこの時期、プラド美術館が貸し出ししてくれただけでも感謝です。

誰でも一度は見たことのある「着衣のマハ」からデッサンに至るまで、
全123点ゴヤの作品のみと言う濃い~展覧会です。
どうだこうだと語れるほどの知識は持ち合わせておりませんが
時代背景や風俗、ゴヤ個人の性格、狂気までが透けて見える深い展示でした。
動物を題材に風刺を利かせた版画や素描が面白かったです。
ただ、素描は小品が多いうえ作品保護の為照明も薄暗く、目が…キツ~イ。

こちらの作品は以前開催された『プラド美術館展』で観て印象に残っていたものです。
オドロオドロして不気味だけど魅かれる色彩、今回も見ることが出来てラッキーでした、

魔女たちの飛翔 
フランシスコ・デ・ゴヤ《魔女たちの飛翔》 1798年マドリード、国立プラド美術館蔵 

ゴヤ展 同伴者
今回同行してくれたC嬢、和服の似合う正真正銘本物のお嬢さん(花の20代)です。
やはり「あ~でもない、こ~でもない」と感想を述べる相手がいるのは良いですネ。

スカイツリー@上野公園
上野公園入口から見えたスカイツリーです。
で、でかい  そばで見たらドンだけなんでしょう?

この後、京橋経由で銀座に向かいました。
スポンサーサイト



| 旅 暦 | 12:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |