2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『あっちこっち』 祝創刊35年

とうとう除雪車の音に朝を知る日々が来てしまいました。
路面の凍結で交通事故が続発しております。
気を付けていても何処に危険が潜んでいるか解からない冬の道路、
心配するしか出来ない歯がゆさに、胃が痛くなりそうな毎日が続きます。

『あっちこっち』
月に一度新聞に折れ込まれている、旧十文字町発のミニコミ紙です。
発行しているのは㈲イズミヤ印刷さん、来年1月で35周年を迎えるそうです。
おめでとうございます

県南部、特に横手湯沢地域の行事やイベント等の紹介、地域の人々の声、作品の紹介など
派手ではないけど毎月安定感のある紙面です。
今月号(第388号)の冒頭の掲載文に、創刊当時20代の女性達が始めたことに
「女だてらに…」と言う批判があったとありました。
35年前の田舎です、それは至極当然だったと理解できます。
そんな日々から続けて今日迄、社会の情勢はハイスピードで変わりました。
ただ、あっちこっちの信念は往時以上に堅固になったことでしょう。
世代交代云々の一文も在りましたが、いつまでも続けていって貰いたいものです。
《イズミヤ印刷ブログ》

今月は「思いつき世相寸評」と題されたリレーコラムでした。
筆者は私が高校時代に国語を教わった先生です。
柔らかな言回しでキッチリと本題を衝いて読ませます。
現代の人に無関心な風潮や自分勝手が生み出す事件と、其処に到る躾の在り方を述べ、
その昔会津藩にあった「幼少年の掟」というものに言及されています。

現代に当て嵌まることは少ないが
『ならぬことはならぬ』
という最後の総括的な掟が昨今色褪せてしまったことに問題がある…と。

確かに潔い諦観は失せ、現代人は諦め悪く他人のせいにすることに長けています。
『ならぬことはならぬ』 言い換えれば「駄目は駄目」と言うこと、
子供達は勿論、自分自身にも言い聞かせていかなくてはならない覚悟です。
『ならぬことはならぬ』
そう強く言い切って、腹を括る潔さを忘れてはいけないと教えていただきました

スポンサーサイト

| 地 元 | 11:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。