2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画「シャーロック・ホームズ」

シャーロック・ホームズ シャドウゲーム
パンフレット表紙

またもや大曲のイオンシネマで観て参りました。
座席の仕様と角度がお気に入りなのは、アルヴェのルミエール秋田なのですが、
吹替え版のみの上映でしたので、字幕版上映の大曲と相成りました。

一話目に続きハチャめちゃ振り絶好調です。
最早、原作は脇に置いといて、19世紀末を舞台にした
アクション探偵物語だと割り切って楽しむのが良いと思います。
「三銃士」の観賞後も同じような感想を言っていた気がします…。
モリアーティ教授との頭脳戦なんか期待した日には、肩透かしを食うこと必至です。
ロバート・ダウニーJrのホームズは今回も打たれ強い“ヘ垂れっぷり”全開で、
ワトソン君LOVEをさらしております…良いのでしょうか?

爆破シーン
過激爆破シーン

派手な爆破シーンや大がかりなセット、色彩の統一感、キャラクターの個性等、良く練られています。
何よりも造り手側が楽しんでいる感がビシバシと伝わってきます。
映画館で観賞する作品を選ぶ際の物差しが、火薬の量目(笑)という私も満足でした。
女性達はあくまで美しく、男達はめげない!
古き良き英国の雰囲気もそれなりに醸し出されております。

ワトスンご夫妻
英国の書斎の雰囲気が素敵です。

最強の敵、モリアーティ教授も出してしまったし、次回作はあるのかな?
いっそのことルパンと対決させたりしてネ
 
因みに私の中のホームズのイメージは、今でもこちらの方です。
偏屈なモルヒネ中毒者を忠実に演じたジェレミー・ブレット、渋く耀いていました。

NHK版 グラナダTV S・ホームズの冒険
スポンサーサイト

| 映 画 | 10:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。