2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

隠れ家「吉蔵」は何気に贅沢 

先日訪れた「吉蔵」は老舗旅館「平利」の棟続きにあるお店。 ★ランチ★

平利旅館
老舗旅館の風情を残す一角

平田一族といえば県南有数の資産家、
隣接する「平源旅館」は横手の歴史的建造物で国の有形文化財です。
旅館業のほかにも自動車販売、GS、各種販売業、写真館、自動車学校、他にも多種多業、
行政や経済団体の要職にも名を連ね、他多くの地域経済に幅を利かせていました。
勿論、現在も新旧各分野で営業しています。

特に二軒の旅館は皇族や著名な文化人、政治家などが定宿とした横手のサロン的な位置づけでした。
大正浪漫漂う建物は勿論、文人墨客の書画の類、貴重な陶磁器等など、
並んで建つ旅館は庶民の生活とは一線を画した宝箱のようでした。
現代でも内田康夫氏の小説で取り上げられたりしたのを憶えています。
残念なことに「平利」は8年前の2月14日小正月行事「かまくら」前夜に全焼してしまい、
風情を損なわないように再建されたようですが、価値ある品々の多くが失われてしまいました。
お隣の「平源旅館」は破産処理後売却され、現在はウェディング産業関連施設に改装工事中です。
時勢とはいえ何とも寂しい経過です。

店内
「吉蔵」の店内は仄暗い照明で喫茶店風な雰囲気
竹久夢二
柱にさり気無く掛けられているのは竹久夢二

真筆?勿論そうなんでしょうね~
藤城清治も掛けられていましたが、一番気になったのはです。

...Read more

スポンサーサイト

| 地 元 | 10:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。