2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

映画 『テルマエ・ロマエ』

先日、各所で話題のこちらを楽しんできました。

映画「テルマエロマエ
http://www.thermae-romae.jp/index.html

テルマエ=風呂・ロマエ=ローマのという意味だそうです。
浴場設計技師ルシウス(阿部寛)の度を越した真面目さが滑稽で、
仕事に悩み私生活で打ちのめされ、そこには痛々しさすら漂います。
ヒロインは原作にない設定のようでしたが、そもそも原作未読なので違和感は無しでした。
大体、可愛い女子が居なかったら興行的に色々問題が発生するから外せないでしょう。
荒唐無稽な設定そのものを楽しむ、ゆる~い作品ですから理屈はいらない訳です。
平日なのに結構埋まっていた客席のあちら此方からも笑い声が上がっていました。

古代ローマ人?
古代ローマ人組キャスト:顔の濃さが半端無く、それらしさ全開!
平たい顔族
かたや現代日本人組キャスト:平たい顔族…竹内力(後中央)は結構濃いと思います(笑)

二枚目ヒーローのいない作品で、風呂がテーマだからやたら裸の男達が登場するのです。
それもお浄土間近のご老体率が非常に高い!摩訶不思議な雰囲気満載でした。
アッ!主人公阿部さんのマッチョで美しい裸体は存分に楽しませていただきました
セットは豪華でしたがチープな映像も随所にはめ込まれていて、そこもまた笑えます。
そもそも日本人がローマ人を演じる訳ですから無理があって当然、学芸会みたいともいえます。
クダラナイと一蹴するも良し、余計なこと言わず馬鹿馬鹿しさを楽しむも良しでしょう。
うんざりな日常が続いて眉間にできていた縦皺が、なんとなく薄くなった気がしました!
笑いすぎて法令線が深くなったことは不問ということで~

原作コミック
原作はヤマザキマリ作の漫画、未読です…読んでみようかな
スポンサーサイト



| 映 画 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |