2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ふるさとの四季」展 鑑賞

好天が続く秋田県ですが、九州地方は驚異的な豪雨に見舞われ悲惨な状況です。
これ以上被害が拡大しないことを祈るばかりです。
こんな時に永田町はあの体たらく…(怒)
街の其処彼処に、不気味な笑顔の議員さんのポスターが目立ちだしました。
胡散臭い、きな臭い、阿呆臭いです。

さてさて、一昨日のお昼休みに向かったのはこちらでした。

7/22まで開催中
秋田県立近代美術館・企画展@秋田ふるさと村

秋田市出身の版画家「勝平得之」と小坂町出身の日本画家「福田豊四郎」展覧会です。
両作家ともに秋田の風俗を描いた作品がカレンダーなどに使用され、
秋田県人にとって一番身近な作家さんではないでしょうか。

勝平得之 秋田風俗十題・リンゴ
勝平得之 『秋田風俗十題・リンゴ』1940年>>>好きな作品:地下足袋がキュート

夫婦と幼い娘のほのぼのとした収穫の一コマ、果樹園独特の脚立のフォルムが懐かしい。
版画という制限された手法で、秋田に生きる人々を活き活きと表現した連作の数々、
もっともっと評価されても良いのになあと常々思って来ました。

福田豊四郎 「早苗曇り」1930年
福田豊四郎 『早苗曇り』1930年

昭和5年第11回帝展で特選を受賞した作品です。
薄曇りの空の下、田植えの作業をする農家の人たちが描かれ、
手前に馬とその背に跨る人物を大きく配することで、画面に深い奥行きが生まれています。
郷土色に溢れたこの作品は、当時異色の存在として注目されたそうです。
素朴な題材とは逆に、絹本に置かれた岩絵具の鮮やかな色彩が上品な一幅でした。
「秋田のマリア」や「八郎湖凍漁」などのお馴染みの作品は勿論ですが、
田園抄村童十二ケ月という、月ごとの行事や子供達の様子を描いた小品が秀逸で惹かれました。
微笑ましくて温かくて、作家の気持ちが溢れてくるような画ばかりでした。

平日とはいえ「安野光雅の絵本展」の混雑が嘘のような閑散とした館内。
私とほかに二組の鑑賞者が居ただけでした。
お陰様でゆっくりじっくり楽しませていただきました。

ふるさと村 マンホール
ジリジリと日差しに焼かれても頑張る、マスコットキャラクターのノブ君!

明日からは北日本にも梅雨前線が接近で、雨模様の予報です。
アトリオンで開催中の県展を観に行くつもりですが、大雨になりませんように
関連記事

| 鑑 賞 | 09:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日も真夏日 日焼けに注意

昨日は今年初の真夏日、そして今日も同じようです。
半端なく強烈な日差しがアスファルトを焼いております。
そんな炎天下、作業場の前に道路工事の誘導員さんが立っています。
市道とはいえ殆ど車の通らない脇道、本当にご苦労様です。

この暑さの中、芝刈り遠征に出かけた社ッ長さん、焼け過ぎにご注意です!
日焼け対策と言えば昨日の手拭いのお話、ご利益ありそうな意匠ですが、
流石に首に巻くのは止めといたほうが良いと思いなおしました(笑)

事務方手拭いコレクション(赤)
小物は赤が好み

(かまわぬ)の手拭いとカンディンスキー展の記念グッズの手拭い、
これくらいなら違和感無いかもしれないけど・・・
神社の有難い手拭いを巻いた自分の姿を想像して爆笑してしまいました。

さてさて、今日はお昼休みが少々延長しそうな予感がしま~す!
関連記事

| 時 候 | 11:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

総鎮守榮神社大祭 余話

今日も横手は清々しく晴れ渡り、梅雨中とは思えない気持ちの良い洗濯日和です。
空梅雨で早くも水不足の話題がチラホラ…作柄に影響が出ませんように(^人^)オ・ネ・ガ・イします。

15日は会社のご近所の榮神社の大祭でした。
鬱蒼とした杉木立に囲まれた参道を登ると、立派なな拝殿がど~んと鎮座しています。
榮神社概要

総鎮守 榮神社
平成10年拝殿屋根改修工事完成記念>>>斜めっているのはスルーで願います!

弊社が施工した屋根の葺き替え工事の竣工記念の額です。
天井近くに掛けられ、寸法の控えめな事務方精一杯背伸びしての撮影でした。
宵宮の日は氏子宅の軒先に御幣の付いた縄が廻らされ、提灯が下げられます。
子ども会の恵比寿俵が可愛いい掛け声と共に各家々を廻り、
参道には夜店が並び、家族連れがお参り方々覗いていたりする光景が見られます。
地元に根付いた昔ながらのお祭りの風情は、心に穏やかに染み渡ります。

例年、花火の打ち上げに協賛させてもらっています。
そのお礼に頂いたのがこちらです。

榮神社祭典寄付のお礼の品々-
手拭い 絵馬 御神饌>>>余り甘くないこのお干菓子、結構好きです

手拭いは使う機会が無くなり、ここ数年分在庫されております。
先日の新聞の読者投稿で、手拭いを一本携帯しておくと
緊急時に包帯になったり日除けになったりで便利とありました。
長さもあり裂け易いし確かにそうだなあ~と感心してしまいました。
一本常備するのに神社の手拭いならお守りになりそうだし、最強ですネ
関連記事

| 地 元 | 11:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さくらんぼの季節 到来♪

気持ちよく晴れ上がった青空、お昼のニュースで夏日とありましたが、
心地好い風と湿度の低さのせいか暑さは然程気になりません。


(c) .foto project
<<<借りてきました

初夏の味覚「さくらんぼ」が盛りとなりました。
横手市内の十文字地区では『さくらんぼ祭り』が開催されております。
ベタに種飛ばし大会(7/1)もあるみたいです!

私も例年町内のりんご農家さんにお願いして、知り合いに送ってもらっていましたが、
どうやらそこのお宅のさくらんぼ、今年は実の付きが悪く出荷が難しいとのことです。
毎年最高の品を送ってもらい、届け先にも喜ばれていたので至極残念です。
自然相手のお仕事、本当に大変です!

まあ、産地ですから果樹園沿いの道路を徘徊(笑)すれば購入できるとは思いますが…
さとう錦1kg3000円~位のようです。
収穫までに掛かる手間と経費を考えたら、決して高くは無いと思います。
確かに昔は近所の農家さんから、バケツ一杯とか笊に山盛りといった量で貰っていました。
でもその頃は実の大きさも甘さも控えめ、酸味が主張していたと憶えています。
保存も利かず、初夏の今だけの贅沢な味、身近にあって幸せです
関連記事

| 地 元 | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あきた海鮮食堂@Topico

先日の秋田駅前限定散策のおり、食べたランチです。

ハタハタが通しで食べれるらしい!
『あきた海鮮食堂』 HP>>>こだわりとメニューが詳しく載っています

たしか盛りのよいうどんや丼物などのお店だったはず?の、一番奥のスペースにありました。
以前「田沢湖ビールが飲めます!!」のコピーを見かけ、虎視眈々と機会を狙っていたのですが、
流石に真昼間に駅ビルというロケーションでは、その気にはなれずは次回に持ち越しです。

海鮮丼¥1380・・・だったと思う
私は懲りずに海鮮丼>>>値段的にイクラがとびっ子に変身ちう(笑)
かき揚げ丼¥…忘れる
県北出張所駐在員のチョイス>>>おすすめメニューのかき揚げ丼!

海鮮丼はネタが重なって盛られ食べ応えも充分、鮮度も満足でコスパ良しでした。
味噌仕立てのアラ汁が、変に飾っていない素朴な美味しさでニンマリのお味でした。
かき揚げは少々カラリとしすぎかなとも思いましたが、
烏賊などの海鮮とお野菜の相性がよく考えられていて美味しかったです。
紅生姜の素揚げが塩辛かった・・・

店名に偽り無しでお刺身系は当然のこと、他の一品料理も結構な充実振りでお値段もライト!
立地的に観光客の目線を意識しまくりですが、高かろう不味かろうは無く良心的なお店でした。
私達が伺った時は板前さんとサービスのバイトさんたちのチームでしたので、
少々モタついていましたが気になるほどのことでは無かったです。
雰囲気もよく女性客が多くて意外でした。
次回はお刺身と焼き物で田沢湖ビールを楽しみたいものです
関連記事

| 食 暦 | 11:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT