2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

戦争画家の横顔 藤田嗣治

昨夜は「ヤングなでしこ」の快勝に気分を良くして就寝したせいか、
今朝の目覚めの爽やかなことこの上なく、未練の欠片も残さずベットを離れました。
対戦相手が彼の国というのも大きな意味を持ってる?、かな(*≧m≦)
テンションン揚げ揚げのまま、この頃の暑さで控えていた天婦羅を朝から揚げました。
これは流石に無理がありました…顔から流れる汗が止まりませんでした。
一日分のエネルギーを消耗したようで、本日は消化試合モードの勤務になりそうです(汗)

クリックで拡大
藤田嗣治1941年作『哈爾哈(ハルハ)河畔之戦闘』

NHK日曜美術館で藤田嗣治の戦争画が特集されておりました。
「アッツ島玉砕」と「サイパン島同胞臣節を全うす」の二点が傑作であることは周知ですが、
藤田が作品制作にのめり込んでいく過程が丁寧に説明されていました。
特に画家野見山暁治氏が淡々とした口調で語る藤田像が貴重でした。
流石は92歳の現役画家、生き字引なんていったら失礼ですが精神力の物凄さを感じました。

藤田といえば乳白色の裸体像や、愛らしい猫の姿、秋田の行事などが思い浮かびますが、
戦争画ではこれらと対極にある悲惨さを、大きなキャンバスに塗りこめるように描いています。
戦場の混沌と残虐性や無慈悲を正確に描きつくした恐ろしいほどの完成度は、
戦意高揚のためにというよりも、寧ろ反戦の念が込められているようにも思えます。
特に「サイパン島同胞臣節を全うす」の万歳クリフの情景は鎮魂に通じているかのようです。

多くの従軍画家の責を一身に負って、戦犯の誹りを受け渡仏したことは有名ですが、
彼にとっては、軍の意向や画壇のパワーバランスなどは瑣末なことで、
とにかく描くことが総てで、描ける自分に酩酊状態だったのではないでしょうか。
画家は職業ではなく、人格そのものだと感じさせる作品の数々でした。

「残念!見逃した」という方、この番組は9/2の日曜PM8:00からEテレで再放送されます
そのほか色々おまけやら、蛇足やら…。

...Read more

関連記事

| 鑑 賞 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田市中通ランチ@パセリ

朝刊の1面の見出し「首相問責決議可決」…ε=(‐ω‐;;) 何やっているんだか?
議員さんたちの政治ごっこのつけは一体誰が払うのでしょうネ。
それにしても、相変わらずパラリンピックの扱いが薄くて残念です。

♦♫⁺♦・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫⁺♦*゚¨゚・*:..。♦♫⁺♦*

映画の終了が一時過ぎ、ランチをと訪ねたお店はお休み…orz、このパターンが多すぎです。
ご飯粒の気分だったので、すこぶる評判の良い「パセリ」さんに向かいました。
すでに2時に近く、ランチタイムも終盤で看板メニューの「ふわとろオムライス」は売り切れ、
いただいたのはこちら~♪

ジュワァ~と肉汁
和風ハンバーグ>>>お酢の風味は殆ど無いもののさっぱり具合いはgood!
ランチ ハンバーグ玄米黒酢おろしソース
セット全体¥880.-だったかな^^;>>>コーヒーはセルフでおかわり自由

ハンバーグも高齢者世帯になってからトンとご無沙汰の献立です。
店内は満席でしたが落ち着いた雰囲気で、お一人様でもゆっくりOKで、
このあたりにも人気の理由があるのでしょう。

店舗入口外観
入口の様子>>>またゆっくりと早めに(笑)来たいお店でした

...Read more

関連記事

| 食 暦 | 10:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画鑑賞 「ジェーン・エア」

連日の猛暑日、水源の枯渇が話題になっていますが、今日もお日様は絶好調…恨めしいです。
ニホンカワウソが絶滅種に認定、昭和に生存していた哺乳類の個体としては初のようです。
確かに護岸がどこもかしこもコンクリートになった今、どこに生息しろというのでしょう?
獺祭は日本酒の銘に残るのみになったわけです…なんとも寂しいです(´-д-)-3

プログラム表紙
『ジェーン・エア』 キャリー・ジョージ・フクナガ監督作品

あの日から楽しみにしていた、こちらの作品を観てまいりました。
上映は秋田駅西口「フォーラス・シネマパレ」です。

西洋風大河ドラマ的な作品(特にBBC作品)が大好きで、原作を読み返すことは数え切れず、
妹のE・ブロンテの「嵐が丘」、J・オースティンの全作品も繰りし読んできました。
この作品の映画は勿論のこと、TVドラマのDVDも購入し何度も鑑賞しております。

my collection

初期作品のオーソン・ウェルズの鬼気迫る重厚な演技と、J・フォンテインの静謐な横顔に見とれ、
W・ハートの面長なロチェスター氏にがっかりし C・ゲンスブールの可憐さに魅せられました。
BBCのTVドラマのティモシー・ダルトン版が、完成度が高く一押しです。
骨太で豪快な愛情と、心と身体の総てを震わせ哀しみ溢れる傷心の演技が印象的でした。
俳優さんが代わると、ストーリーも設定も微妙に変化しましたが、これまで違和感はありませんでした。
この作品も場面の時間的な前後があるものの、原作に忠実な展開でした。
が、これまで観てきたどの作品よりも異質でした。

単なる英国劇マニアの勝手な戯言ですので、許せる方はからどうぞ!

...Read more

関連記事

| 映 画 | 10:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美郷ランチ@雁の里せんなん

一国の大使の乗った車が襲撃されるという、由々しき事件があったというのに、
今朝の情報番組の最初の話題が「AKB48:あっちゃん卒業!」でした。
どうなっているんでしょうねぇ~( ̄- ̄;)
大人の対応ってやつ?…または単なる平和ボケ?
それとも何か深~い別の意図があるのでしょうか、凡人にはとんと分かりません。

またまた大曲に書類提出に出向いた日、今日こそはと「十郎兵衛」さんに向かいました。
前回は定休日に泣きましたが、今回は確認済みです。 【前々回の記事】
時間はすでに2時近くになり、混雑も大丈夫のはずと呑気に考えていたら、
なんと駐車スペースは満車で、其々にチョッとヤンチャ系のカスタマイズが施されています。
む~ん、次回にしますか…と怖気づいて帰社すべく南下しました(´u_u`)
仕方なく途中で寄ったのが道の駅「雁の里せんなん」です。

人気第一位 美郷タヌ中&美郷まんまセット
人気第一位 美郷タヌ中&美郷まんまセット¥880.-

美郷のB級グルメのコラボレーションだそうです。【メニュー詳細】
《美郷まんま》
 地元産黒毛和牛に町自慢の肉厚椎茸、玉葱、人参などを使用した贅沢なまぜご飯
《美郷たぬ中》
 たぬき中華の略。和風汁に中華麺、具はあげ玉、なるとのシンプルな中華そば

たぬ中は少々不思議な中華そば、お出汁の甘味が勝っていて好き嫌いが分かれそうです。
美郷まんまはお肉も野菜の味も濃くて美味しかったのですが、こちらも甘味が強いかも…
と、甘いもの大好き県南人の好みのお味でした。
南瓜のお漬物は、独特の青臭さが私的に無理で“ゴメンナサイ”してしまいました。

産直コーナー カラフルなパプリカ130円!
雁の里まごころハウス>>>右画像/カラフルパプリカが130円~お安い!

産直コーナーがとても充実していて、改めてゆっくり買物をしたくなりました
関連記事

| 地 元 | 10:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旧家改修工事 佳境突入

本日の横手の予想最高気温が37℃…(=ω=;)fuuuuu~
埼玉の熊谷、岐阜の多治見とMax気温でニュースを賑しておりますが、
盆地の横手も真冬の気温との寒暖差を考慮したら、結構酷な情況だと思います。
沖縄地方は最大級の台風とか、被害がこれ以上拡大せず通過してもらいたいものです。
史上最高という単語の迫力が、このところの使われ過ぎで薄っぺらになりました。

さてさて週明け、文句ばかりも言っていられません。
事務方が浮かれて、あれ食べた!こんなの観た!なんて呆けている最中も、
職人さんたちはあちら此方の現場を東奔西走、着々と仕上げに入っておりました。

旧家外壁改修
お寺さんではありません、一般住宅です
職人技冴える
鎧張りというらしい…キレイ!
土台も補修完了
腐った土台部分も見事補修完了

築年数は定かではないですが、内蔵の様子からして100年余りと思われます。
奥様は新築建て替えを熱望していましたが、ご主人が思い出深い生家の保存を希望されました。
水廻り等の生活ゾーンは、すでに何度も改修を加えて快適空間に変身しておりますが、
土台の腐食が激しく、床が沈んだ状態でしたので全面的に取替え補強をしました。
昔の土台部分は大きな玉石に直接丸太を置くもので、通気は完璧(笑)ですが、
長い時間の風雨や雪に晒され、その役目を果たしておりませんでした。
現場に出向くことが無いので、工事の過程は知る良しもないのですが、
日常生活は継続のまま、ジャッキアップをしての施工が行われたようです。
今年の冬はきっと、昨シーズンよりう~んと暖かいことでしょう!
関連記事

| 現 場 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT