2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リヒテンシュタイン展 鑑賞

今日で11月も終わり、明日からは師走です。
年毎に一年の経過速度が速くなって、遣り残しや心残りが増量しています。
増量といえば体重…速度は遅いものの確実に右肩上がり(意味違うし><;)
都合が出来て数年ぶりに喪服を出したら、スカートのウエストサイズが…61cm、
ご無体な~私にどうしろというのでしょう(笑)
痩せればいいのです!それは分かっていますが当然ながら直ぐには無理、
時間をかけても無理かも…緊急対策措置を考えることに致します( _ _ )..........o

IMG_3929.jpg
公式サイト・http://www.asahi.com/event/liechtenstein

家訓は「優れた美術品の収集」というリヒテンシュタイン公国の当主侯爵家の秘宝展を
昨日の記事で取り上げた国立新美術館で観てきました。
私的にはリヒテンシュタイン公国と言えば冬季五輪のアルペン種目の上位入賞者量産国で、
王様お后様のお伽の国の世界観が先行する欧州アルプスの小国といった認識のみでした。

前衛的かつ無機質感溢れるホールからエントランスを抜け一歩展示場に踏み込むと、
そこはもう別世界、宮殿に紛れ込んでしまったかの錯覚に陥るほどの眩さでした。
侯爵家コレクションを収蔵、公開しているウィーン「夏の離宮」の展示様式を再現、
バロックサロンと名付けられた空間には、天井画までもが頭上に設置され驚かされました。
天井画を壁面に展示した展覧会は今までにも見たことがありますが…イヤハヤ
3万点に及ぶというコレクションの中から、選りすぐりの139点は日本初公開の名品揃い、
ルーベンスの大作「デキウス・ムス」の連作やレンブラント他、名立たる大家たちの名画と
豪奢で精巧な工芸品の数々、彫刻にタペストリー、繊細な陶磁器のはてまで溜め息の連続です。
詳細なレビューは弐代目・青い日記さんのブログをご参考にして下さい…是非

SKMBT_C28012112012010.jpg
《マリア・デ・タシスの肖像》アンソニー・ヴァン・ダイク[1629/30年頃]

ヴァン・ダイクのこちらの肖像画のモデルは19歳の良家のご令嬢です。
この作家の描く衣装の質感が精緻で、観るたび惹き込まれてしまいます。
作家本人(自画像★)も惚れちゃいそうな美形ですが…^^;
「マウリッツハイス美術館展」でも観れたし、今年はヴァン・ダイクの当たり年(笑)です。

SKMBT_C28012112012000.jpg
《マリー・フランツィスカ・リヒテンシュタイン侯女 2歳の肖像》
フリードリヒ・フォン・アメリング[1836年]※東京展のみ公開

この画を見て口元の弛まない人がいるのでしょうか…?
チケットに使われたルーベンス嬢も眠れる候女様もこの可愛さは反則です
とにもかくにも語りつくせない奥行きの深い展覧会でした!
今回の美術館巡りはこれにて了、
近代美術館や東博の出雲展、シャルダンも英国水彩画展も全~部観たかったけど、
上京の主目的がこちらでしたので我慢、慌しかったけど楽しかった! 

おまけ

...Read more

関連記事

| 鑑 賞 | 10:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

建物探訪 『国立新美術館』

昨日、日本維新の会の橋下大阪市長が来県し、由利本荘市と秋田市で演説したようです。
かたや滋賀県の嘉田知事が代表となり新政党が設立、雨後の筍政党が合流した模様、
首長さんのあちら此方での精力的な活動が目立ちますが、本来の仕事は…大丈夫?
しっかりとしたブレーンが付いているからOKなんでしょうね、多分…。
なんか違和感があるなあ~(‐”‐;)

六本木方面から
公式サイト・http://www.nact.jp/

「リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝」展鑑賞の為訪れた国立新美術館です。
国内で5館目の国立美術館で、あの黒川紀章氏が設計した最後の美術館とことです。
全面ガラス張りでウェーブが水を連想させますが、コンセプトは「森の中の美術館」!
貧弱な発想の私メでは上手いこと理解出来ない…

収蔵品を持たない貸展示場として、公募展などの発表会場の役割に特化している謂わば“箱”です。
この日も日展の展示会場になっていて、無料公開日だったこともあり激混みでした。
学芸員も数名しか配置が無いようで、“美術館”としての位置付けは微妙といったところ!
ただ、展覧会カタログのライブラリーとしては国内随一の収集量がある模様です。

窓辺?それとも壁際?
内部>>>3Fまで吹き抜け
地震が来ても大丈夫・・・だよね?
真下から見上げた図>>>もう何が何だか分からない

夜になってからは灯りとのコラボでまた違った表情になるようですが、残念ながら夜は未訪です。
周囲のゾーンには多くの美術館や歴史的な建造物もあり、巡ってみたい欲望が湧いてきますが、
企画展の混みように疲れ果て、足早に移動というのが通例になりつつあります。
今回もまた、旅支度のバックを預けようとしたのにロッカーの空きが皆無…(泣)
ボストンバッグを斜め掛けに会場をグルグル回るという罰ゲーム的苦行となりました
次回は夜にゆっくり訪問して「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」
フレンチのスペシャリテなど頂きたいものです。
関連記事

| 旅 暦 | 11:30 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お馴染み鮨屋で初物ハタハタ

荒れましたね~!北海道は大変な被害が出た模様、お見舞い申し上げます。
内陸部の積雪は思ったよりは少なくすみました。
昔はこんなふうに荒れた日は「ハタハタ獲れるかな?」が話題に上るのが常でした。
秋田県人の中高年がハタハタに寄せる思いの深さは尋常ではありません(笑)
そう言う自分もそんな県民性にどっぷりですので、苦笑してしまいます。
1日2日の土日は築地本願寺前の広場で、鳥取県と共同でハタハタPRイベントがあるようです。
果たしてハタハタの美味しさは受け入れてもらえるでしょうか?

初物
11月中旬に食べた初物のハタハタ>>>小振りでも美味しい~幸せ

これは11月中旬にいつものお店で頂いた初物のハタハタです。
小振りッぷりが半端なかったので、唐揚げにするかと聞かれましたが、
初物はやはり炙りでしょうと焼いてもらいました。
白子は円やかでブリコにも粘りがあり、脂の乗りもまずまずで堪能致しました
特徴のある食味ではないのに、どうしてこんなに惹きつけられる美味しさなのでしょう。
時化になると沖合いにいた魚体の大きなハタハタが岸によってきます。
今年も存分に楽しみたいものです!

玉子焼き
大将が腕のよい職人だということを思い出させてくれる(笑)玉子焼き
無意味な準備
最早お守りかお呪いの域に達した「ウコンの力」>>>善意の友人提供^^;

例によりお造りやら握り、お母さん特製の“大根の鉈漬け”や“白菜の浅漬けキムチ”など、
あれやこれや頂いて楽しく過ごしてきました。
関連記事

| 食 暦 | 10:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

建物探訪 『明治生命館』

夜半よりの強風で熟睡できず朝を迎えてしまいました。
出勤途中には木の葉が散乱し、雪囲いが飛ばされたお宅もありました。
積雪があると安心できるのですが、この時期は屋根が飛ばされる心配もあります。
風が吹けば儲かる商売の一類ですが、自然災害は懲り懲り、人災なら尚更です。
原発問題は最早迷走で、どちらに組すると集票に繋がるかが主題になりつつあるようですネ!
この年末は例年にも増して慌しくなりそうです…ε=(・д・`*)ハァ…

馬場先通り南玄関
公式サイト・http://www.meijiyasuda.co.jp/meiji_seimeikan

昨日の記事で取り上げた「グランドセントラルオイスターバー&レストラン」が
入っている明治生命館ビルは、重要文化財に指定されている歴史的建造物です。
竣工は1934年(昭和9年)3月…銀座ライオン7丁店は翌月4月の竣工でほぼ同時
連戦連勝の勝ち戦が続き、士気も経済も登り調子絶好調のよき時代だって訳ですネ!
終戦後にはアメリカ極東空軍司令部として使用するためにGHQに接収されました。
土日は一般公開もされているようですが、この日は月曜日でしたので残念ながら未見でした。
次回は是非とも見学したいものです。

シ~ン、ひと気の無いフロアはピカピカ
明治生命館B1のフロア
ノスタルジックな踊り場&EVホール
B1~1Fへの階段

食事後は、高級感と静寂に満ち満ちたアウェイ感が一杯の空間を抜け、
この先もご縁が無いと思われるクラブレストラン「センチュリーコート丸の内」前を通過、
馬場先通りに面した南玄関に出ました。

お上りさんモード全開~で撮影
左手>>>日比谷通り~皇居御濠

お上りさんは重厚感に押しつぶされそうになりながら撮影です^^;
ここに来る前に国立新美術館の前衛的な建物を見てきたばかりでしたので、
余計にその歴史的重みを感じてしまったのかもしれません。
ここで起きた数々のドラマをこの壁や庇は見ていたはず…しみじみ見上げました
関連記事

| 旅 暦 | 10:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

丸の内ランチ オイスターバー

波乱の週明け、出掛けに愛車がストライキ、エンジン稼働せずで遅刻しました(泣)
原因不明、お医者さんにお任せするしかありません。
家族間の意思疎通の問題で疲労困憊中に、愛車よお前もか…orz、胃の辺りがむかむかします。
こんな時でも休めない貧乏性、気を紛らわして匍匐前進です。

シーフードグラタン・牡蠣や帆立、海老も沢山
シーフードグラタン>>>海の幸満載でホワイトソースにお出汁が出捲くり

牡蠣食べレポートの続きです。
帰秋前のランチは「グランドセントラルオイスターバー&レストラン」で頂きました。
三州屋さんの「牡蠣フライ」と逡巡したものの、地の利で此方に突撃です。
丸の内MYPLAZA 明治生命館B1にあります…のむのむ様の情報で確認済み(笑)なのでした。

スパイシーな好みのお味
<シェフ特製>小海老と牡蠣、小柱のスパイシーカレー
牡蠣フライ・紐育スタイル
フライドオイスター NYスタイル(4pc)>>>コーンミールをまぶして揚げています。
ランチ客の引けた店内
店内風景

入店時はほぼ満席でしたが、13:00を過ぎて暫くするとこんな感じで落ち着きました。
流石に丸の内、客層はほぼビジネスマン、ランチを摂って素早く撤収のようです。
グラタンは魚介の風味が効いてコクの深い味わいでかつまろやか、
カレーはピリッとスパイシーでありながら甘味もあり、好みのお味でした。
牡蠣フライは食べなれたパン粉の日本スタイルではなく、
ニューヨーク風のトウモロコシ粉の衣をつけたものを頂いてみました。
タルタルソースと良くあって、意外にアッサリとした美味しさでした。
セットのグリーンサラダに掛かったドレッシングがツボな味で嬉しかったのでした。
夜にゆっくりと来て、生牡蠣とワインを楽しみたいメニューが目に毒でした。
次も是非牡蠣が美味しいうちに上京したいものです…どんだけ~

店構え
店舗外観
関連記事

| 食 暦 | 11:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT