2012年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

メニューの無い鮨屋の一品

いつも美味しい情報を頂いているお馴染みのグルメブログさんの記事に、
“牡蠣”の2文字が頻繁に書き込まれるようになりました。
今現在当方は未食ですので飢餓感が半端ありません…大袈裟ですな~(〃∀〃)ゞ
年齢に伴い、干乾びてパサパサにシフトしているのですから脂分も必要なはずなのに、
近頃はお肉よりも魚介に嗜好が偏ってきています。
そんな中、先達て頂いたこちらはお肉に劣らない、そして良質な脂の宝庫でした。

鮪ステーキ
鮪のハラス

大蒜風味の太助鮨特製のタレに、一昼夜漬け込んだものを焼いてくれました。
脂が全然しつこくなく、タレの風味とあいまって甘味を感じました。
思い出したら唾が出てきました(笑)

ズーム イン
お箸で崩すと繊維に添って綺麗に離れます!!

ここ太助鮨には基本的にメニューがありません。
そのときの仕入れの状況と大将の気分(かなり気まぐれ^^;)によって、
品書きが左右されるというお客さんはあまり優しくないお店です。
でも、だからこそ時にはこんな風に出物に遇えたりします。
実はこの夜はお客が当方一人きり…売上は大丈夫かしら?と少々心配になりました
稀少な部位だったりするとお客さんが多いと行渡りませんからネ、
その時の運不運で食べられたり食べられなかったり、スリリングなお鮨屋さんです

芭蕉菜の浅漬け
芭蕉菜=バショナの浅漬け

野菜が足りないということで、こちらの画像もUPしましょう。
大将のお母さん特製“美味しい漬物”です!
サラダじゃないところが、何とも中高年の好み丸出しです。
当方が子供の大昔は今頃になると、何処の家でも山ほどのバショナを手を真っ赤にして洗い、
醤油と砂糖や中双糖をふんだんに入れて(秋田県民のお砂糖好きはつとに有名
何個もの樽に漬け込んだものでしたが、食生活の変化に伴い今はそんなこともなくなりました。
昔話をしながら、静かに楽しく美味しく過ごした秋の一夜でした
スポンサーサイト



| 食 暦 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |