2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

米沢名物駅弁 すきやき弁当

北日本を襲った爆弾低気圧ですが、秋田県も沿岸部で風の被害を受けた模様です。
内陸部は風は然程でなかったのですが、降雪で真っ白、今も降り続いています。
今朝は除雪車の音で目が覚めその後眠れず、体調もイマイチです。
そのうち慣れるでしょう、慣れなきゃやっていられないし。・゚・(>д<)・゚・。

車輌乗降口案内
新庄駅のホーム案内板…“つばさ”といえば奥羽本線の特急が思い浮かぶ年代です!

夕方からのお通夜までに着けばということで、出発はゆっくりでした。
えきネットで片道10,000円に惹かれて山形新幹線を利用です。
山形通過が正午過ぎでお腹もすいてきたところに、米沢積み込みの駅弁の予約注文です。
どうしよう~と迷っていると、隣の席のお嬢さん(注:本物^^;)が
「牛肉どまん中、下さい!」 以前の画像と記事★
おぉ~、すかさず私も
「すきやき弁当ビール下さい」 
おいおい、ただの旅行じゃないんだよ~少しは弁えろよという声が、
一瞬聞こえたような気もしましたが、ご供養だから…と訳のわからない言い訳をしてプッシュ!
美味しい物を食べるときには不可欠要素なのです(威張って言うことか?)

パッケージ
過熱式でホッカホカ  

右側、すきやきの“き”の文字のところに見える、黄色い細紐を引くと加熱が開始されます。
仙台の牛タン弁当と同じですネ、ワクワクします…どんだけ単純なんだか。
待つこと7~8分と説明書きがありましたが、これが待ち遠しくて長~く感じられました。
だって隣席のお嬢さんが食べ進める「牛肉どまん中」のいい香りが、
食欲中枢をガンガン刺激してくる中での“おあずけ”ですから堪りません

open the 蓋
温め完了>>>見事にブレ捲くっています言い訳・峠越えでかなりの揺れ!

柔らかい牛肉の脂とお醤油にお砂糖、鉄板のコラボで美味しくない訳が無い
温泉玉子の殻を割るのに少々梃子摺るも、お肉に絡めて頂くと口の中は天国状態でした。
牛蒡も椎茸も紅生姜さえ一片残さず完食で、超満腹となりました。
1,300円で幸せになれる私メ、何と安上がりなのでしょうネ~
スポンサーサイト



| 食 暦 | 11:30 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |