2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

石挽十割二色蕎麦@正五郎

それにしても現金なもので、私メのブログは食い気に走ると読者さんが急増します。
嬉しいことですが少々複雑な気分…そういう自分も食べ物ブログ旅行者ですけど(^^;
統一したテーマを掘り下げ、厚みある文章力で挽き付けるのが理想なのは重々承知!!
悶々としたところで才能がある訳でなし、如何ともし難く出るのは溜め息ばかりです。
さてさて何事も諦めが肝心、ノロノロ身の丈に合った速度で進むことと致します。

妹家が大挙襲来の折、昼食にと訪れたのは十文字の「蕎麦 正五郎」です。
暫くご無沙汰していたらメニューが変更になって、嬉しい二色盛が新登場でした。

欲張り満足二色蕎麦
二色そば 並¥650
よりでパシャッ
前:十割正五郎そば・後:韃靼そば各150g

ここは普通のもり蕎麦は並が一人前200gですが、二色は150gづつで合わせて300g、
大盛と同じ量目です。
いつももう少し食べたいなぁ~と心残りと葛藤する私メには嬉しいかさ増しです。
十割の喉越し良い適度な硬さと、韃靼のより一層の強さが両方一挙に堪能でき幸せ~

店内は相変わらずの盛況ぶりで、待ちは覚悟です。
あれこれ贅沢を言わなければ、それなりのお蕎麦がお安く頂け嬉しいことです。
何より大人数のご飯作りを免除されたことに大いに感謝なのでした!!

メニュ~クリックで拡大します
このお値段は破格…贅沢を言ってはいけません
関連記事

| 食 暦 | 13:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年初の冷し中華@平鹿病院

市内の大森リゾート村の23万株の芝桜が見頃となり、文字通りの花の絨毯とか、
男鹿の水族館GAOでは子供の白熊が泳げるようになり、
上野の動物園のVIPパンダ夫妻にご懐妊の兆し、何とも穏やかな話題満載です。
一方では耳を塞ぎたくなる不幸なニュースもありました。
現代は何て哀しくて貧しい社会なんだろう(涙)

二日続いた夏日に真夏日、準備不足の中高年には容赦の無い仕打ちでした。
今日は穏やかですが天気は下り坂で、午後には雨の模様です。
例年より遅れていた田植えも最盛期で、高温と雨は苗にはよい環境でしょう!
それにしても、芝桜の23万株とはどう数えるのか???気になります。

威容を誇るその外観
見渡す限りの田んぼ

書類提出のため「JA秋田厚生連・平鹿総合病院」に出向きました。
周囲は見渡す限り水が張られた田んぼで、そこに建つ姿は結構な威圧感!!
先に二度ほど訪れましたが、受付止まりで内部探検は初めてです。
モダンで明るく開放的なロビーに、ここが病院であることを暫し忘れ、
お上りさんの如くキョロキョロ、それにしても人の多いこと驚きです。
皆さん何らかの不都合があって受診しているのでしょうから、大変なことです。
つくづく健康のありがたさを再確認…疲れたのなどと言っていられませんネ

用事を済ませ最上階を探検、レストランに潜入です(笑)
食券制を知らず(観察力ゼロ~^^;)最奥の席に着いてから入口に逆戻りです。
乙女の頃はそれで赤面し挫けてしまったものですが、伊達に年季を積んでおりません。
シラーと表情も変えず初志貫徹の「冷し中華」です。

ルックスは家庭料理(^^;)
今年初の冷し中華¥600

見た目どおり王道の「冷し中華」味も超スタンダードで盛は多目です。
毎年食べ損ねそうになったりのメニューですが、今年は早々に頂きました。
去年の冷し中華★一昨年の冷し中華★

サンプルがカラフル
入口に鎮座するサンプル>>>カッパ橋で知った驚きのその単価を思い出てしまった

如何にも施設の食堂といった感じの食器や備品でしたが、
店内は落ち着いて暖かな空間、見晴らしも良く雰囲気はGoodでした。

コンビニやイートインのコーナーもあり便利なことこの上なし、
秋田キャッスルホテルも出店していて、デリで買い求めた品はです。

...Read more

関連記事

| 食 暦 | 11:30 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あれから30年…未だ成長無し

今日は真夏日の予報が出ている横手市、10:00現在すでに夏日突入です。
昨夜、寝入りばな(早ッ!!)にズシンと感じた揺れは、県南地方を震源とする震度3の地震でした。
奇しくも30年前の昨日26日は「日本海中部沖地震」で104名が犠牲となった日です。
流れた時間の速さに驚くと共に(自分の老いも含めて^^;)
あれから幾度も大きな震災に遭った日本がその教訓を活かしきれているのか?
改めて自然の脅威に感じ入ってしまいます。
地震に関しては不穏な動きのある秋田県南地方、何事も無いことを祈るしかありません。

*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜・。・o*゜・。・o*

ウェルカム・フラワー
歯医者さんの玄関で
トルコキキョウ・カーネーション・カンパニューラ・グリーンベル・ドラセラ

毒を吐くのが“らしい”私メですが、弱音を吐いたりは似合わないなぁと思いました。
あれこれ自分を分析したりしながら週末を過ごしました。
活字や絵画、それと音楽から離れたことも一因かな~とか、
色々な意味で遊び(=ゆとり・隙間)が無いとか、呑み食べ足りないとか???
まぁ、それらが混在した複合的な汚染(笑)なのでしょう。

昨夜も「八重の桜」をみて色々考えさせられました。
「ならぬことはならぬものです」昔から言われてきた「駄目は駄目!!」。
大河ドラマで脚光を浴びる以前から、常に意識してきたフレーズです。
先日そのことに話題が及んだ際、少々考えさせられました。
会津藩の「什の掟」のような指針が明確な場合は兎も角として、
一般的な駄目のラインは個人によって差があるのだから、
自分の勝手なラインを他のものに押し付けるは間違っているのでは?
言われてみればそうだけど…自分の価値判断を押し付けたことの反省はしましたよ
でも、それを言っちゃお終いよ~とも思いましたが、
この上は間違った物差しで状況判断することの無いように気をつけるしかありませんネ。
背負うた子に道を教わった感の一件でした
関連記事

| 時 事 | 11:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お疲れモードで間引き操業中

80歳でエベレストに登頂した三浦雄一郎氏の快挙を目の当たりにしていながら、
イイ若いモン(あくまで文脈的に><;)がつべこべ言っていられないのは重々承知!!
ただね~気分の落ち込みからくる体調不良が重なると、どこかに発露が無いと苦しいです。
小さいですね~(涙)

テレビCM効果甚大
初購入の除草剤>>>散布も初経験

休日に済ませた家事あれこれの一部抜粋

・炬燵を外して(今まで放置は高齢者の希望)、布団カバー&上掛けの洗濯
・毛布を洗濯して綿毛布に交換、シーツとカバーの洗濯、パッキング
・紅葉の剪定と枝、枯れ草のゴミ処分
・除草剤の散布
・燃えないゴミと資源ゴミの選別
・炊事洗濯、掃除、買物
・高齢者を日帰り温泉に連れて行く

流石にクタクタ、首筋の急性湿疹が再発して翌朝はお腹の調子を崩す。
もっと働いている人がいるのは知っているけれど、自分の生活のことだけど、
こんなことに不満言うのが情けないことも理解しているけど…
追い討ちの駄目だし指示だし攻撃は流石に凹みます。
『我慢が大事!我が儘は駄目!』
そう教えられて育ちましたが、育てた当人は忘れた模様で我が儘放題。
会話がトライアングルで成立していた時は紛れましたが、双方向になった今はキツイです。
自分はもっと“ウタレヅヨイ”と思っていたのに、見込み違い???

愚痴っても始まらないけど、湿疹が悪化で気分最悪…こんな日もあるさ
さて、週末は湿疹には目をつぶって乾杯だな!!
関連記事

| 些 事 | 10:40 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

安近泊@ウェルネス横手路

オクラホマ州の竜巻被害の甚大さに驚いています。
一瞬にして尽く破壊された生活と、ほんの数メートルの距離で変わらない日常が存続…、
まさに運命としかいいようの無い神様の気まぐれです。
被災された方々が一日も早く安らげますようにと祈るしか出来ません。

☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

先日済ませた百か日法要、当日はお寺さんでお葬式があり案外サラッと終了(笑)
身体は楽器を証明するかの如くの美声で唱えられるお経は、
三ヶ月を経て聞く側の心理変化なのかリズミカルにさえ思えました。
時間を掛けるということの大切さが身に滲みたひと時でした。

お昼の会食はお馴染みのお鮨屋さんの出前で簡単に済ませ、
その後に男衆がいないと出来ない大がかりな掃除や片付けをして貰いました。
本当に助かりました。
夜は楽しましょ~(^^;と近場の温泉★へお泊りGo~そのときのお食事です。

食前酒・桜花酒…甘かったorz
食前酒>>>このほかにネット予約特典で林檎ジュースがサービス
夕食・クリックで拡大
ごく一部をまとめて>>>

地元の食材をこれでもかと使った良く考えられた献立でした。
真ん中の大きな写真は海鮮と野菜のミルフィーユ仕立て
上中のお浸しは片栗の花や山菜各種に川魚のいくらのせ
中左前菜三種も蕨にさくらんぼ
下右は横手の特産品、肉厚椎茸に真薯を詰めた炊き上げ
お造り(これは当然他所産)も新鮮で美味しで、他にも地元豚の鉄板焼き等
上右は女性人に供されたデザートで胡麻のムース?ババロア?(失念)ですが、
この入れ物は曲げわっぱでした…良く考えられています。

懐石風とかで頃合いを見て次のお皿が繰り出されますが、急かされるようで少々苦手、
ついつい食べるのがスピードアップしてしまいます。
どれも薄味で適量、箸をのばすたびにあれこれ感想を言い合い美味しさも一入でした。
空手四段体育会系女子の姪っ子M嬢は婚約者K氏の分を横取りしていたようです。
K氏は初の秋田訪問、故人が遺された者達の繋がりを深めてくれています。
それにしてもこんなにノンデルエンゲル係数の高い一族に仲間入りすることに、
K氏が怖れをなしたのでは???…それだけが心配です
関連記事

| 食 暦 | 11:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT