2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

朗報(嬉) 完全養殖の黒鮪

律儀なことに予報どおりの降雪です。
11月中というのに除雪車の出動もあり、街は着々と冬仕様になってきています。
体力的にも行き届かないと判断し、父の亡き後庭木の整理を行ってきましたが、
半世紀以上生きながらえてきた石楠花だけは見切ることが出来ませんでした。
ええ、私メ自力でやりましたとも雪囲い…支柱を立てて防風ネットで包んだだけですが…、
持ちこたえてくれるかはこのシーズンの雪の量によります。
残念な結末の場合はそれも思し召しと潔く諦める所存です(><;

明日からは師走に突入、仕事は勿論ですが忘年会やらXmasやらと慌しくなります。
外食の機会も増え暴飲暴食に走る身を律しなければと無駄に気を引き締めています(笑)

何も言わずとも出てくる定番のおつまみ(時価^^;)
何時ぞやの太助鮨のお造り盛り合わせ:一人前

世界初の卵からの完全養殖に成功した、近畿大学産黒を提供する直営2号店が銀座にオープンとか!
真偽の程は不明ですが、俗説には泳ぎ続けていなければ死んでしまうと聞きます。
洋上とはいえ限られた場所で、孵化から3年以上をかけて成魚にまで育てる苦労は計り知れません。
海のダイヤと言われる天然物と値段的には変わりないというのも肯けます。
養殖物のほうが柔らかくて脂身の甘さも濃いそうですが、荒波に揉まれていないからかしら?
そんな戯言はさておき、絶滅を危惧される天然資源を脅かさずに漁業として成り立つなら万々歳です。
養殖=安価である必要はさらさらにありません。
美味しくて人にも地球にも嬉しいものであれば、四の五の言わずに受け入れたいですネ

そういえば以前より足を運ぶ回数が落ちているような某鮨屋(笑)
老親一人置いての外出は少々後ろめたく感じてしまいます。
何か言われるわけではないけど、暗黙のプレッシャーというやつかも…。
鯖のシーズンも終盤ですし、美味しいも食べたいから伺うことにいたしましょう。
日頃会話する相手が無い環境にいる身には時折の気晴らし、罪悪感を抱く必要も無いはず、
最愛の彼、ポン太にも逢いたいな…いつも逃げられるけど

| 時 事 | 11:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT