2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

殿の先祖返り?龍角散CM

通勤途中の路傍の果樹園、たわわに実った収穫前の真っ赤な林檎に雪、雪、雪!
今にも枝が折れそうで農家さんの心中を察すると胃の辺りがキリキリします。
広葉樹は落葉しないままに雪をのせて、こちらも折れんばかりにしなっています。

今朝は除雪車が初出動して、玄関前には水分の多い重い雪の塊がドカリと置かれました。
出掛けに片付けるかと横目で見て、溜め息と共に食事の支度に掛かりました。
その後軍手をして長靴の装備万端で玄関引戸を開けたら、
なんと!すっかり寄せられていました…ご近所様、忝のうございますm(。>(ェ)<。)m

さて、忝い(かたじけない)は使ってみたい武士の言葉の第一位らしいのです。
意味は下記の通り

・もったいない。恐れ多い。「―・いお言葉」

・身に受けた恩恵などに対して、感謝の念でいっぱいであるさま。
 身にすぎて、ありがたい。「ご好意のほどまことに―・く存じます」

・恥ずかしい。面目ない。

今朝、秋田県知事さんが佐竹の殿様役で出演した
「龍角散のどすっきり飴」のテレビCMを見てしまいました…orz

 龍角散の主力製品「龍角散」は江戸時代後期に
 今の美郷町六郷に住んでいた佐竹藩の典医、藤井玄淵(げんえん)が調剤。
 3代目が改良して12代藩主、義堯のぜんそくを治したとされる。


P1050429.jpg

このご縁での出演らしいのですが・・・殿、忝さ過ぎて(笑)涙が出ます!
救いはズラなのといつもの眼鏡が無いので最早誰なのか全く判らないところです

私メ、漢方とハーブのミックスした独特の香りの龍角散のど飴は大好きです
香川照之さんが主演のCMシリーズも秀逸な出来上がりです。
ただね~この時期にいったい何やっているんだか?と思うわけです。
スポンサーサイト



| 時 事 | 11:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |