2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

顔付は自己責任なお年頃

先日、友人のステージ映像を鑑賞する機会がありました。
とは言いましても彼女はアーティストではなく、一般人(笑)ですが、
ひょんなことから花のお江戸のライブ・ハウスのステージに立ったのでした。
元々歌の美味さは折り紙つきで、仲間内でも誰もが知るところです。
でも今回の映像に見た彼女は歌唱力だけではない、全身から出るオーラが鮮烈でした。

キャー!まるでプロのアーティスト
怪我の功名・・・撮影が下手で加工せずとも人物が不明

とにかく聴かせる威力みたいなものが炸裂で、スタンスも表情も揺らぎの無いものでした。
曰く、好きなことをしているから…そんな言葉では片付けられない何かが伝わってきました。
歌う才能は練習や鍛錬も当然ながら、そもそも遺伝子の部分での采配が大きいものだと思います。
確かに彼女はその点で選ばれていたのかもしれません。
でもあれほど聴く人を惹きつけたのは彼女自身の魅力そのものでしょう
自信を持って好きなことをしている人の顔付は綺麗です。
顔立ちはそれこそDNAの問題ですが、ある一定以上の年齢の顔付は自己責任が持論です。
隣に座った彼女の横顔が本当に綺麗でした。
凄く素敵なものを見せてもらえて楽しい時間でした。

ふと考えたら私メの好きなことって何だろう???
画を観ること?本を読むこと?好きなことだけど才能ではないし
自分らしいこと?やりたいことは?と思考の迷路に嵌ってしまい、未だ答えを得られません。
大体自分のダレきった顔付の責任はどうとるのか…大問題です><;

ポール・ウォーカーの訃報に驚きました。
彼もまた年齢とともに顔付の秀麗さを増した俳優さんでした。

00503673_001L.jpg

代表作の「ワイルド・スピード」でも初期の作品と現在ではその深みが全く違います。
「タイムライン」で主役なのに二番手のJ・バトラーに食われた若い日から大好きな俳優さんでした。
これからどんなに魅力的な役者さんになるのか楽しみでしたし、
ワイルドスピードのブライアンにもう会えないのが残念でなりません。
若すぎる死でした…。
スポンサーサイト

| 私 暦 | 11:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。