2014年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

漆蔵資料館・養心庵での会食

2月もあと2日を残すのみ、雪に振り回されて2か月を過ごしてしまいました。
実のところはそれに追い打ちをかける度重なるアクシデント続きです。
多分、何年かしたら落ち着いて振り返ることになるのかもしれませんが、
渦中にあっては青息吐息の連続、相変わらず弱音吐きまくりです。
昨日今日とお天気が良いのがせめてもの救い…、
ただねぇ~、お天気が良い→雪解けが進んで春→花粉が飛ぶ
このまま花粉症に突入は勘弁してほしいもの、そうでないと身が持ちません!

没になりかけの画像を救済することにします(^^;
佐藤養助商店「漆蔵資料館養心庵」で頂いたお料理の一部、
仄暗い落ち着いた雰囲気の個室で、myカメラを丸投げでほぼ隠し撮り(笑)でした。

不覚!青い釉薬が素敵なお皿だったのに写っていない(><;
一押しは「三梨牛(地元名産)のステーキ野菜添え」

お肉の美味しさは言うまでもなく、写っていないに等しい下に敷かれた大根が美味
素材の旨味を生かす調理法で、どれも皆好みに合っていました。

此方のお皿も好みな地味加減
タラバガニの味噌焼きと鰆の焼き物、それと煮凝り
久々にご対面したフカヒレ
茶碗蒸しはフカヒレの餡掛け…お久しぶりフカヒレさんと思わず声掛け

鮪と“ひろっこ=野蒜”のぬた、比内地鶏の卵、“だだみ=白子”の入った鱈チリ鍋と、
地元の食材を生かした献立は安心して堪能できました。
お造りは鯛に鮪、赤貝に北寄貝と種類も豊富、烏賊や海老の握りも添えられボリューミーな一皿、
その分揚げ物の蓮根のはさみ揚げにシシトウの天婦羅は抑え目な量で助かりました。

温かけor冷選択で私は冷つけ麺
お食事はお約束の稲庭饂飩、流石の艶やかさで鎮座です!

もう、お腹いっぱいで食べられないと思ったのに不思議とスルスル納まりました。
デザートに柚子シャーベットが供され〆となりました。

これまでも蔵の見学★に訪れたり、本店でお饂飩★を食べたことはありました。
濃い味好みの親戚男性陣にはイマイチの部分もあったようですが、
私メ的にはお初のお料理の数々は味付け、盛り付け共に満足大満足のコースでした。
何より地元の古き良き蛍町の栄華を偲ばせる空間が洩れなく付いてきます
会食の都合が生じた時はまた是非利用したい!!「漆蔵資料館養心庵」でした。

| 食 暦 | 12:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT