2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

念願の蕎麦前(笑)@千眞庵

口にすると余計に暑いから言いたくないけど・・・暑~い、です!
一気に真夏日まで上昇した気温は、植えられたばかりの苗の活着には好条件でしょうが、
慣れない身体には非常に堪え元々在庫の無いヤル気を容赦なく奪っていきます。
give me chocolate ヤル気と根性・・・それにしても眠い午後です(汗)

3、4、5月と入院見舞や葬儀からの七日毎に法要と来客が続きアタフタと過ごしましたが、
同様に蕎麦好きの妹一家が来訪の際は、行きつけのお蕎麦屋さんを巡りました。
まだ検査入院と呑気に構えていた残雪の3月には、
お一人様ランチでは味わえない蕎麦前を頂いたりして、思いがけず長閑な時間を過ごしたりもしました。

アテの王道、蕎麦味噌
甘辛く練られた蕎麦味噌・・・思わずお代りが欲しくなりました(^^;
鰊煮
鰊そばで美味しさは確認済みだった鰊の煮付
蕎麦屋の炊き込みご飯?だったかな
姪っ子M嬢がチョイスの炊き込み御飯~きれいな香の物添え
温かけそばのセット
セット全体像

此方のお蕎麦屋さんは人並ならぬ拘りを持って素材から調味料までを厳選しています。
それぞれの持ち味を殺すことなく、手を加えすぎない調理のバランスが好みです。
品数も決して多くはないのですが、それでもいつも満足が得られるのはブレないからだと思います。
欲を言えば夏メニューに「冷やし揚げ茄子蕎麦」か「巣篭り蕎麦」を加えて頂ければ最高なんですが

ちなみにこの日も私メはハンドルキーパーでしたので・・・

揚げ蕎麦とお茶
こちらでお相伴でした・・・

思えばこの日以来千眞庵さんにはご無沙汰です。
時の流れの速さに取り残され気味、そろそろ冷かけでも啜りに行きたいものです。
関連記事

| 食 暦 | 16:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

目には青葉で初鰹に恋焦がれ

なでしこジャパンのアジア杯優勝のお相伴をして寝不足です。
今回のアジア杯はキャプテン宮間の正確なパスワークに心酔しました。
やんちゃなお嬢ちゃんもしっかりベテランの域に突入して、きっちり仕事を果たしていました。
髪振り乱して汗ぐっちょりで駆け回る彼女たちがとても綺麗に見えるのは、
生き生きして輝いているから!です。
加齢による早寝早起きが板についてきていた私メは、
睡眠不足でどよよ~んと輝きとは程遠いのでした・・・orz

禁断症状が出てきました
昨シーズンの太助鮨のたたき~今年はとんとご無沙汰で未食

「目に青葉 山ほととぎす 初鰹」の句にあるように、の美味しい時期になりました。
例年ならとうに口にしているところですが、雑用に紛れて馴染の鮨屋に出没できず果たせていません。
昨日は堪えきれずにスーパーで“生”のシールが張られたサクを購入しましたが、イマイチでした。
う~ん、人を見る目だけじゃなく魚を見る目まで鈍ってしまったと落ち込みました
それでも大量の新玉葱のスライスに大葉と生姜で誤魔化し完食となりました、ヤレヤレ。
玉葱は抗老化成分が沢山だとか・・・明日あたり効果が出てくれたら嬉しいけど、無理でしょうねぇ~

関連記事

| 食 暦 | 13:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

能代ナイト@べらぼう其の弐

今場所は新横綱の鶴竜の露払いが豊真将、太刀持ちが勢です。
美丈夫二人に挟まれた横綱が凄く幼く可愛らしく見えてしまいます。
白鵬の自信に溢れた風格に追いつくには今暫くのの時が必要のようです。
背に腹は代えられないとはいえ、横綱が立ち合いに変化したりはいけません
今回はご祝儀場所ですが、来場所からはもっと厳しいことになると思いますよ。
なんてネ・・・相撲に興味のない人には全く不毛な話題でした(汗)

県北駐在所の撤収に際し、最後にもう一度と「酒どこ・べらぼう」を熱望(笑)
津軽花見行の前夜に再訪してきました! 《前回の訪問記→こちら★ 》

お通しが結構な量(笑)
お通しはアスパラ菜とシメジのベーコン炒め?~量がありましたよ(^^;
本日のメニュー
本日のおすすめお刺身メニューから選んだのは・・・
この日の大ヒットはしめ鯖
しめ鯖

思わず二度見のそのルックスは、半身の上にオボロ昆布がてんこ盛り(驚)
その上からすり胡麻がこれまた結構な量ふりかけられていて、これまで見たことないタイプ。
食べてみると酢のきつさがトッピングの風味でで緩和され、眼からうろこの美味しさでした。
フムフムなかなか良い取り合わせと目を上げると、
「どう?驚いたでしょう」とばかりの同行の駐在員のしたり顔がありました
どうやらお気に入りの一皿の様子・・・どれだけ投資したやら(笑)

こんなに美味しいのは初めてな蟹味噌
蟹みそ~もう一つこれもまた認識を新たにした一品

蟹みそと言えば取り敢えずのスピード提供メニューの定番です。
ところが此方のお店ではそれが運ばれず、忘れたのかいな???と思った頃に登場しました。
酷いお店だとチューブから縛りだした感もそのままだったりしますが、
此方のそれは蟹の身が混ぜ込まれ、ふわふわの食感でコクの中に甘さがしっかりあります。
酒のアテとしてこれほど嬉しいお味はありません・・・勿論進みましたとも色々

前回食べて惚れ込んだ馬刺しやら、他にもいろいろ頂きました。
店内は地元の団体さんが楽しく談笑し賑やかでアットホーム、
この日は年配のサービスの男性が何くれと気配りしてくれて居心地が良かったです。
気取らず良心的なお値段で充実したお味を提供する良き居酒屋さんです。

店内の様子
奥には2卓、前回はこちらが宴会場になっていました。

縁あって同じ県内とは言え風土も食も異質な能代市を楽しみました。
欲を言えばもっとこのお店に通いたかった。
次に「べらぼう」を訪れる日はいつになるやら・・・遠くない日に来たいものです
関連記事

| 食 暦 | 16:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

惜春、初夏はもうすぐそこまで

ようやく始まった田植え作業、緑が濃くなり風薫る季節の到来です。
ただねぇ~毎年のことながらこの処肌寒い日日が続いております。
お年寄りの居るお宅では暖房機も稼働中のようです。
春と秋の季節が短くなり、四季の移ろいを楽しむ本来の日本の暮らしが変わってきた気がします。
オール電化に地中熱利用のヒートポンプシステムと便利には為った分、
風情を楽しむ余裕が薄れ色々な部分がカサカサになっているような・・・。

一輪挿しは竹駒神社のお神酒徳利のバチあたり
我が家の玄関の春色「長寿梅」~ボケの花だけにピンボケ

父の死後は手が回らないとばかりに庭木を刈り込みまくりましたが、
此方の木は地面に這いつくばるように花をつけておりました。
健気だったので一枝手折って挿してみました。
縁起の良い名前だというので父が植えたことを思い出しました。

その父を見送って一周忌を済ませて直ぐに母もまた彼岸に渡りました。
先日漸く四九日の法要を終え何とか一息ついたところです。
一周忌~従兄の葬儀~母の入院、1ヶ月の加療は甲斐なく終わってしまいました。
85歳という年齢を思うと致し方のないことかもしれませんが、遣り切れなさは残ります。
今どきの友達母娘とは程遠く中々にシビアな母娘関係でした。
良くも悪くも社会の不条理をミッチリ教えてくれました。
後は自分が如何にすっきりと生きていくかが課題です。

実はその間にも家族が自爆事故でマイカー廃車や(お陰様で本人は無傷^^;)
県北駐在の解消に伴う引っ越しと目まぐるしい冬から春でした。
風情も情緒もあったもんじゃありません
ただ忙しいのは何にも勝る安定剤です。
取り敢えずは健康に育ててくれた亡き両親に感謝です。

後は決算処理が無事終われば以前のペースに戻るれと思います。
「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです」
魔女の宅急便のキキのように力まず少しずつ前向きに暮らしていくだけです。
と言う訳で更新遅れとやっつけ記事の言い訳をしてみました(笑)
関連記事

| 些 事 | 11:40 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

青森ランチ 帆立焼きました

ASKA、一時代を築きながら薬物に汚れ可惜才能を潰してしまうとは口惜しい限りです。
楽天家を自称する人ですら誰もが悩みながら日々を過ごしているもの、
逃げたら明日がより苦しくなるだけと思って暮らしています。
中々休めないのが人の常ならむ日々ですが、
疲れたら休むという浅田真央さんのシンプルな選択が正解ではないかな???

津軽行最終話・・・長くなりました(汗)

新名物らしいですぞ~
青森駅前にこんなお店ができていて同行者の琴線に触れた模様
マニュアル(笑)
500円で釣れただけ食べれるという甘い誘惑(笑)

されど釣果はやっとこさの1枚・・・もう1枚サービスしてもらいました(^^;
そのあと挑戦した幼児を抱えたお父さんが6枚も釣りあげていました。

釣果は1枚だけ(><;
チャレンジ精神の欠片もない私メは傍観者に徹し、おまけの1枚を遠慮なく頂きました
メニュー
そのほかにも定食やら焼き物やら充実した品揃え
海鮮丼
海鮮丼(並)小鉢と味噌汁付き¥950~小ぶりながら満足な品数

お刺身盛り合わせ定食も新鮮でおいしく頂きました。
雑多な店内に帆立釣り挑戦者たちの嬌声が上がり賑やか、旅先での一興これはこれで楽しめました。
食い気に走って日々の憂さが晴れる安直な性格、そんなところが凡人の幸せです!
関連記事

| 食 暦 | 17:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT