2015年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

私見 大河ドラマ『花燃ゆ』

里山のアカシアの花が満開になってきました。
例年なら花盛りは6月に入ってからだったような気がします。
桜も躑躅も他の色々も2週間ほど前倒しになっている様子、
今日も真夏日の予報が出ている横手市は田植えが最盛期です。

昨夜も観たNHKの大河ドラマ花燃ゆ」は視聴率が過去最低の低迷っぷりとか・・・。
吉田松陰の妹で久坂玄瑞の妻ですが、要は無名の女性が主人公ですから、
大河らしいスケールに欠け面白みがないと言うのがその理由のようです。
八重の桜も同様に不評でしたが、ドンパチがあった分許されていたかもです。

でも、私メは楽しく観ています、何せ天邪鬼ですから(笑)
それぞれの気持ちの襞みたいなものが丁寧に表されていると思います。
だからその反応として地味で面白みがないという評価になっているのでしょう、多分。
昨夜の文の久坂への言葉とその陰に込められた思いの深さには、思わず・・・以下省略。
大きく歴史が動いた時であっても、そこに無名の人々の日々の暮らしが有ったのです。
家族や友、縁ある人々との繋がりも大切に紡がれているし、いいけどなぁ~

img_4.jpg
主人公:久坂文(吉田松陰妹)

この時代こんなに小奇麗だったとは思わないけど、
着物や帯、小物の組み合わせを見る楽しみもあります。
『機動戦士ガンダム』のシャア・アズナブル役の池田秀一氏の語りも良し
でも題字は好みじゃない・・・
華やかだけどイマイチお品(笑)が足りない気が~当社比、悪まで主観です。
毎週日曜日の夜、このドラマを見て翌日からの仕事に備える事務方なのでした。
スポンサーサイト



| 映 画 | 15:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |