2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

華燭の典 青森のお祝い膳

お隣岩手山には初冠雪があった模様です。
半袖で中秋の名月を眺めたと思ったら、昨夜はフリースを着込む程の冷え込みでした。
この時期には体調を崩しやすいので要注意です。

巷では福山雅治の結婚報道で持ち切りで、福山ロスの女性ファンが大勢だとか・・・、
イケメンのベクトルが全く違う方向を指し示している私メには、全く理解できません(笑)
先日までの訃報も闘病ニュースもどこかに押しやられてしまいました。
儚いことです

こちらも賞味期限がそろそろですので、風味が落ちないうちの備忘録です。
この度は新郎新婦が親族をご招待と言う形式でしたので、
二人が吟味した青森に拘った食事内容でした。

P10205522.jpg
セッテイング~

席次表は新婦が自作したので完成は当日朝と言うドタバタぶりでした。
でも、これも良き思い出となることでしょう。

P1020626c3.jpg
新婦も美味しく食べて、心残りなく楽しみましたよ

長ったらしい挨拶はなく、勿論お約束のお手紙とか花束とか赤面系も無く、
余興も新郎側姉妹従姉妹さん達の心のこもったお馴染曲「バラフライ」と、
新婦側から1歳児パパの謡「鶴亀」の2曲のみの慎ましい宴でした。
それにしても恐るべし1歳児のパワー、
お昼寝から覚めて遅れて登場と同時にその場の注目を一気にゲットしました

青森県産食材を豊富に盛り込んだお料理は次項に掲載いたします。
宜しければご覧ください

...Read more

関連記事

| 外 食 | 14:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

食の宝箱青森 海鮮三昧第2弾

癌で亡くなった女優さんと乳癌のタレントさんの報道が重なり、
そのお二方が自分よりも若いと言う事実に無念は如何ばかりかとお察しします。
時と人を選ばないのが病なのでしょうが、吾身にも例外はないのだと気づかされます。
この先の老後の生活設計を思い巡らす度に、時間は確約された訳ではないと改めて思います。
だからと言って今ばかりを楽しんでキリギリスになってもいられませんし・・・、
秋の夜長は吾身を省みることには好都合ですが、静か過ぎて気が滅入ります

飽食の記録、其の弐です!
青森と言えば帆立烏賊、こちらもしっかり頂いてまいりました。

IMG_0724.jpg
懲りずに再チャレンジした帆立釣り:前回の記事★

ワラッセでねぶた囃とハネト体験をした団体御一行様のアトラクションその2、
結局若者3人が挑戦し大いに盛り上がりましたが、釣果は各1個の撃沈でした。

IMG_0604_20150926124806859.jpg
郷土料理のホタテ貝焼き味噌~ホテルの朝食にもありました

中に入っている具材の葱や茸などでお店毎に味が違って楽しめます。
青森では家庭の味だそうで、我が家でも真似たものが時折食卓に乗ります
でも器が帆立の貝殻と言うのが一番の味の決め手です(笑)

IMG_0610.jpg
烏賊焼き
IMG_0608.jpg
烏賊のお造り

この烏賊は本当に美味しかった。
歯応えと舌触りが全く別物で、生姜醤油で食べるとさらに美味しさが引き立ちました。
青森は生姜醤油が定番のようです。

IMG_0609.jpg
大好物の海鞘(ホヤ)のお刺身

もう何の味付けも要りません、そのままで最高のお味でした。
新鮮でエグ味が全くなくて甘くて適度な弾力、ここ何年で一番美味しい海鞘でした

酒肴に事欠かない青森、素材で勝負の潔さも好みです。
方や地元秋田は鍋や漬物、鰰寿司と知恵と工夫で加工した物が王道です。
まぁ、どっちにしてもく美味しく盛り上がって仲良くお酒が飲めたら幸せなんですけどね
関連記事

| 外 食 | 13:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

焼肉冷麺・ヤマトの閉店

お肉は焼かないけど、一人で入ってランチタイムを過ごすことがあった

IMG_0788.jpg
焼肉冷麺 ヤマト

久々に温麺目当てに訪れたら

IMG_0787_20150925143224c7e.jpg
閉店のご案内

お一人様でも入り易くって、14:00以降も入店可で使い勝手が良かったのに、残念
ずーっと長いこと営業していたから、閉店するなんて思っていなかったのです。
隣に回転寿司が開店したし、営業厳しかったのかなぁ~?

妹夫婦がお盆に来た時に此処の焼肉ランチををリクエストされたのに、
お蕎麦に変更して「この次ね~」なんて言った私メでした。
けれど、これで再訪は無くなってしまった訳です。
ゴメン妹よ、お肉は好まないのに珍しく此処はお気に入りだったのにね
取敢えず、これで最後とボッチランチをしてきました。

IMG_0784.jpg
ヤマト温麺~見かけほど辛くないお気に入りメニュー

これまでのヤマトの記事 2013.02.27  2014.07.19  2015.07.17
関連記事

| 地 元 | 14:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

青森ナイト 二次会の海鮮三昧

VW社の排ガス不正操作問題はそれ自体業界最大のスキャンダルですが、
今ここでそれが暴かれたことで何処にどんな影響が出るのか???
早寝したせいで眠れなかった夜中に思いめぐらしたけど、全く見当もつかず仕舞い、
テストのときだけ排ガスが規制できることに“へぇ~”と感心するだけの文系人間でした
あのスタップ細胞が実現不可能との論文発表もあったようですね。
OBOさん、どうしているんでしょうねぇ~?
あの割烹着が胡散臭いと感じていた小母ちゃんは多いと思いますよ・・・きっと。
凡人にはイマイチ解らないことだらけで、時間がどんどん流れていきます。
斯く言う私メ、現在の重大問題は涼しくなってきてが夏ほど美味しくない事です。
そろそろワインにしようかな・・・平和だ(笑)

三方を海に囲まれている青森県は流石に海産物の宝庫です。
4時からの祝宴で和洋折衷の美食飽食後の2次会でも海鮮三昧でした。
本宴のお料理画像は流石に遠慮したので(後日データ貰います^^;)お先にこちらを!

IMG_0673.jpg
お造り盛り合わせ
IMG_0678_201509241428271aa.jpg
こちらの海老さんはまだ動いていました
IMG_0683_201509241428287f1.jpg
焼き魚・・・名前を失念、思い出した、カラス鰈!! 軽い脂がノリノリで美味

2次会と言うことでお料理は控えめでお願いしたようですが、どれもこれも新鮮で箸が止まりません。
白身の焼き魚は1歳児がパクパク、最後にはお手々で食べていました(汗

IMG_0685.jpg
フジツボのおすまし

フジツボは10年くらい前に初めて青森を訪れた際にこれまた初めて食べて、
雲丹と蟹味噌を合わせたような上品なお味に珍味の王様と感じた物でした。
それで今回は皆にも食べてもらいたくて、提供出来るを念頭にお店をセレクトしたのでした。
もとよりお魚LOVEで酒飲みな我が一族ですから、口々に絶賛しておりました。
青森でしか見ない食材(水族館では見るけどネ)ですから、良い思い出になります。

来年またこうした目出度い集合がありそうな話で大盛り上がりしました。
避けられない別れが続いても、こうして新しい家族を得ることができます。
?イエイエ、ご縁を大切に皆が仲良く繋がる幸いをかみ締めた夜でした。
関連記事

| 外 食 | 15:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画鑑賞 「キングスマン」

稲刈りが猛スピードで進む県南地方は、稲藁=干し草の匂いが漂っております。
シルバーウィークも秋分の日の今日が最終日です。
お彼岸の中日ですので出勤前にお寺さんによって任務完了、早朝の境内は静かで心落ち着きました。
が、その前に怒り心頭、気持ちが萎える現場を発見してしまいました。
なんと玄関横にお犬様のウ○コが放置 忌々しき事態です。
日常的に家の前を散歩するワンちゃんは2匹で、そのどちらも顔馴染の小型犬です。
勿論飼い主さんはご近所さんでマナーはしっかり守っているはず・・・多分
ドよ~ンと気落ちしたまま片付けましたよ、最悪

青森で堪能した美味しいものをアップしようと思っていましたが、
ウ○チの後ではどうも気が進みません。
そんな訳で先日観た映画のお話、久々の遠乗りで秋田市御所野迄出向きました。

IMG_0780.jpg
TOHOシネマズ 秋田『キングスマン

アナザーカントリーの美少年の大昔に恋におち、高慢と偏見のミスター・ダーシーや、
イングリッシュペイシェント、恋に落ちたシェイクスピア、英国王のスピーチ等々、
コリン・ファースの溢れ出るフェロモンに悩殺されて参りました。
私メ的にミスター英国と言っても過言ではないコリン・F様ですが(笑)
このところは初老のマイノリティーな役どころが多かったりしていました。
今回はダンディーなスーツ姿も凛々しい諜報部員でアクション満載で惚れ直しです。

353152_001.jpg
教会での結構過激な殺戮シーン
353152_004.jpg
あらすじや見所、その他諸々は公式サイトhttp://kingsman-movie.jp/でどうぞ

映画の娯楽性が尊重されとにかく荒唐無稽、古き良きスパイ映画のかほり漂い抱腹絶倒でした。
仕込み傘や靴、有り得ない小道具のオンパレードにぶれない信念の最強スパイ
昔の「007ボンド」や「ナポレオン・ソロ」を知る者にはワクワクで楽しかったです。
今時の007やMIシリーズは近未来感が強くてついて行けていないのでね
アーサー王の円卓の騎士が彩りに使われ、現実の重要人物のパロディが加味されたり、
プラス現代の悩める青年の成長物語が加わり、監督さんに大感謝の2時間でした。
それにしても大物俳優があれよあれよと簡単に絶命するのも笑えます。
名優マイケル・ケイン氏の変わらぬ若さが嬉しかったです。
暴力的シーンもあり目を背けた瞬間もありましたが、それを差し引いても大いに楽しめました。

353152_006.jpg
迷える子羊が成長した雄姿

Manners maketh man. マナーが紳士(人)を作る
エリートスパイ、ハリー(コリン・ファース)が口にする一言、思わず喝采です。
短いフレーズに人としての生き方総てが込められていると思いました。
人の家の前にウ○チを放置した飼い主さん、お分かりですかね
私メ、案外根に持つタイプです(笑)

久々ダンディーな英国紳士をみて心弾み、疲れも寂しさも吹っ飛びました
関連記事

| 映 画 | 13:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT