2015年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

地味に主張してみるidentity

今日10月31日が本祭?、世の中は西洋行事ハロウィンで経済効果上昇中のようですね!
すっかり定着の日本式バレンタイン・チョコレートdayを凌いだとも言われていますが、
それは無いだろうと連日の眉唾物の報道記事に一人息巻いております。
近頃は何でも言っちゃったもの勝ちで、後は不問で逃げ切りが横行していますね。
本家欧米では仮装するのは子供が主流のようですが、そこも和風拡大解釈炸裂(笑)
日頃のストレス発散の為にといい大人がはっちゃけて大通りを行進は些か恥ずかしい
そのための着替えやメイクの為に行政側が場所やテントを用意するに至っては、
お花畑加減もここまで来たかと暗澹たる思いになるのですが、
いちいち文句垂れるのは無粋というもんなのでしょうね
それも時流で仕方がないと鷹揚に構えるのが大人なのでしょうね、あ~嫌だ厭だ
私メ、食すと漏れなく胸焼けのカボチャが大の苦手ですので、吠えてみました

IMG_0810_20151031121004b77.jpg
自撮りでこれが精一杯

もしやの仮装つながり?・・・、いえいえ違います。
先日のお出掛け(トルヴェールのコンサート)の際に思い切って和装してみました。
手元にあるン十年物と買い足したお値頃の品を駆使して年齢相応に(^^;
ウエストの括れが失踪して早幾年月、
補正の要らない立派な体にランクアップ(アップなのか?)したので、とても楽です。
日常生活で和服に触れる機会がない現代では、仮装と同じレベルとなったのかもしれません。
それでも密やかに翻す反旗の如く(the大袈裟)折あれば袖を通したいと思っています。
和服、好きなんです!日本人ですもの
関連記事

| 私 暦 | 12:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ご当地限定ビール 2選

加工肉の発ガン性が煙草並みの高さと発表があったとか・・・。

世界保健機関(WHO)の外部組織である国際がん研究機関(IARC)はこのほど、
ハムやベーコン、ソーセージなどの加工肉を、
「人に対して発がん性がある」とする「グループ1」として正式に指定した。


眉唾物とか日本人には影響のないデータだとか色々言われているようですが、
それなりの組織がワールドワイドでの発表となれば反響が大きいのは当然です。
でも、素人が聞いても???なだけで、加工肉っていったい何?位の認識です。
ウインナーとかベーコンとかも含まれるような報道をしていましたが、
肉の加工食品と加工肉が同一なのかもイマイチ不確かです。
食肉のミンチが悪いのか使われる香辛料や保存料が原因なのかも不明、
父祖の代から食べ続けてきた欧米諸国は黒歴史になるのかしらん?
もっと身体に悪いもの沢山あるよね~病気の原因はそれだけじゃないだろうし、
大体において大雑把ですので正直、本音はこんな感じです・・・。
情報は多いに越したことは無いけど、見極めと責任は自分にある訳で、
多分、これからもベーコンやハム、その他ビール&ワインのアテ各種は止めません

無論酒類もリスク対象食品ですよね~
まぁ、過ごさなければ百薬の長といいますし、長~いお付き合いで参ります。
先日貰った新潟限定ビールが殊の外美味しくて、もう一本欲しかった(笑)

IMG_0831.jpg
SAPPORO新潟が混在しているパッケージ
IMG_0828.jpg
後ろはアルビレックス新潟の応援デザイン

余計なものを全く感じさせない飲み易さ、サッポロクラシックを少し軽くした感じでした。
帰りがけにその美味しさを知った旅人が箱買いを断念せざるを得ず、
無念の帰路に着いたとお土産話を聞きました。
初訪問の新潟はお米は勿論、お肉もお魚も日本酒も何もかもが美味しかったようです。
大宮からなら新幹線で1時間半で到着の近さ、食事だけでも良いなと思ったようです。
秋田からは山形を挟んだだけの距離なのに、う~んと遠くなります。
私メ、当然のことながら新潟は未踏の地です、いつの日かきっと

ついでに、少し前のお土産ビールの画像をもう一枚、

IMG_0771.jpg
流氷使用?(イマイチ意味不明^^;)の網走ビール

こちらは色がブルーで、そのインパクトにやられ味の記憶が全くありません。
スタンダードが一番です
関連記事

| 食 暦 | 15:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

逃したお月見と戻らない時間

日曜日は十三夜の栗名月を見逃してしまい、昨日の満月はボンヤリ霞んでイマイチ

IMG_0605_20151024150851a29.jpg
お月様の代わりにツクネ串の卵黄~在庫画像から

日参していた同年代シングルおぢさんのブログが2カ月ぶりに復活していました。
とは言え交流がある訳ではなく、私メ一方的な思い入れの通行人ですが(笑)
少し前に病に倒れられライフスタイルの変化もあったようなので心配していました。
ブログのお休みは体調によるものではなくて一安心、地味にでもとてもうれしい復活でした。

同世代は重い責任と年齢的な体調の変化がキツイ時期の渦中におります。
男性陣は激務、女性陣もプラス更年期(今は男性も有らしいですね^^;)
知人も鬱症状が悪化で苦しんでいたりします。
加えて親世代の老化と介護が容赦なく追いかぶさって、身動きが取れない現実があります。
自分も身軽とは言えこの先の生活を思うと決して楽観できない状況です。
電卓を叩いて計算したらお先真っ暗、とてもじゃないけど希望なんて見えません。
でも、逃げるわけにはいかず誤魔化し誤魔化し匍匐前進あるのみです。
老い先を憂える余り目の先を見失っては本末転倒故、逃げ無いぞ~
日曜日に久方ぶりの友人と語り合い、置かれた境遇を慰め合っての決意新たでした(汗)

こちらも隠れ大ファンブログ“藤森さん”がモロッコ~スペイン~ポルトガルを漫遊中、
その行動力に脱帽、そして感動、ブログに紹介される旅の視点がツボで感激鑑賞中です。
無事の帰国まで及ばずながら(全く何の役にも立ちませんが・・・)エールを送り続けます!
環境と境遇を言い訳にして無駄に過ごした時間は自らの選択責任だとの自覚はありますが、
自分に時間と経済的余裕、何より決断力と若さがあったらなぁ~とうな垂れております
関連記事

| 些 事 | 11:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スキレット有効利用計画(案)

此処二日ほど明け方の気温が限りなく零℃に近づいています。
先ほどから冷たい雨も降りだして、今夜も寒くなりそうです。
霜焼け予防の靴下重ね履きも早々に実行して対策は充分のはずです・・・多分
この時期は寒暖差アレルギーで鼻炎になる人が多いと聞きました。
最早何でも有りなアレルギー症状、どこに伏兵が潜んでいるやら怖いものがあります。
その予防には
・規則正しい生活でストレスの軽減
・適度な運動
・栄養バランスのとれた良質の食事
とのことです。
オイオイ、それらがマルッと出来ていたらそもそも体調不良とは無縁のはずでしょ。
何処に落としどころを持って行くつもりなのか全くもって不明でした(笑)

規則正しい生活はそれなりに出来てはいます。
何せ生活スタイルが乱されるような予定もない訳でして、早寝早起き励行です。
適度な運動といわれても、TV体操が適度と言えるかは非常に疑問です。
栄養バランスははっきり言って崩れていますね
原則、作り置きを消費するのが最優先といったところです。

先日のTVで福岡?方面の地元メニューで「焼きカレー」が紹介されていました。
二日目のカレーを白飯やバターライスの上に掛けて、生卵を割りチーズをトッピングして、
グリルで焼き目を付けるというB級感満載の一品でしたが、超美味しそうでした。
次にカレーを煮込んだ際は挑戦してみます。
孤食対策のために購入したスキレット★が、このところはほぼ目玉焼き器状態で、
イマイチ使いこなせていないので色々工夫してみるつもりです。

IMG_0606_2015102415085217f.jpg
青森で食べた餡かけ炒飯~こんなふうにお洒落に使いこなすはずだった
関連記事

| 些 事 | 15:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トルヴェール 吟遊詩人達と

旭化成建材がくい打ち工事を行った横浜市の大型マンションの傾斜問題で、
本社旭化成社長の謝罪態度が他人事のようだというインタビュー記事がありました。
お怒りはごもっとも、当事者にしたら遣り切れないというのも十分理解できます。
でも、親会社の社長さんにしたらやはり他人事というのが本音だと思います。
まぁ、責任者としては謝罪するのがお仕事ですから務めは果たすでしょう。
そのための高額報酬なのですからね!
でも泣いてたし・・・それなりに思うところはあると思いますよ。

この業界にいれば元請け下請けのマネーバランスなど当然身に染みていますし、
大手さん上部は末端の工事現場なんて意識の片隅にもないというのも常識です。
データの使い回しや瑕疵工事やら行った当事者に責任があるのは言うまでもないのですが、
常に現場では事件事故が起きている
ということを忘れている業界の日常もまた醜悪だと思います。
今回は旭化成に三井不動産という大企業が控えていますから、まだ救いはあるでしょう。
ただ補償や訴訟など彼是長引くのは仕方がないでしょうねぇ・・・大変です

さて、自宅と勤め先を往復するだけの日常に少々の彩りがありました。
サックス四重奏を聴きに行ってまいりました。

SKMBT_C28015101913290.jpg
トルヴェール・クヮルテット・コンサート in大曲
IMG_0796.jpg
うきうきソワソワで早々に到着

随分久しぶりに生演奏に触れました。
良し悪しすら理解できているかも怪しい耳の持ち主故、難しいことはスルーで(^^;
1987年の結成以来28年の長きにわたって繋がってきたアンサンブルの妙を楽しみました。
皆様それなりにお年を召して初期の精悍さは薄れましたが、
抜群の安定感と揺るぎ無い力量は流石でございました。
クラッシックの名曲、アレンジされた定番にオリジナルまで飽きさせないテクニックと音楽性、
学生のころから同じものを求めて繋がっている彼らの充実感を存分に堪能しました。
チャーミングな須川夫人の変わらない様には同じ女性として色々思うところが有ったり(笑)
才能とは斯くも素晴らしいものだとシミジミ思いました。

久々の生音に溶けかかっていた脳味噌がシャキッと蘇生した感がありました。
いやぁ~、此の侭ではボケ老人まっしぐらです。
たまには自力で動いてリフレッシュしないといけないですね
関連記事

| 鑑 賞 | 16:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT