2016年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

上野下車でボッティチェリ展

己の沸点の低さは重々承知していたけれど、思いに任せの放言は良くないですね!
一昨日は一日中気分が優れませんでした、自業自得です(汗)
楽しいこと嬉しいことを擦り込むように生活していかないといけません。
それでなくても生きにくい世の中なんだから・・・、
そう言っている端から、シングルマザー元アイドルが参院選公認だと~?
オイオイ、どうなっているんだい・・・やってられない
彼女の考えと行動力がどれほどのものかは知る由もないし、
もしかすると磨かれていないダイヤの原石で有り余るパワーの持ち主なのかもしれません。
されど違和感は拭いきれません、そう、あの女性元柔道選手の当選と同様にです。
彼女に払っている歳費が勿体無いと思うのは、己の器の小ささなのかしらん?

秋田新幹線「こまち」を上野で降りて一番に向かったのは、

SKMBT_C28016020916350.jpg
公式サイト~http://botticelli.jp~このサイトがまた最高

東京都美術館で好評開催中の「ボッティチェリ展」
世界各地から貴重なボッティチェリの作品を20点以上も集めた、大回顧展です。
ルネサンスの巨匠ボッティチェリの初期から晩年までが一時に見ることができます。
優美で慈愛に満ちた聖母子像の数々に心洗われるひと時です。
ラピスラズリの青と緋色の対比、施された金色の繊細な輝きに夢心地でした。

さらにボッティチェリの師フィリッポ・リッピと、フィリッピーノ・リッピ親子の作品、
それらを支えた工房の名もなき職人たちの秀でた技の数々は必見です。
レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロそしてミケランジェロにも影響を与えた画力の粋が結集しています。
それにしてもメディチ家の恐るべし財力、フィレンツェの栄枯盛衰、どれも見所が満載でした。

IMG_1095.jpg
会場内の一角

今は色々な展覧会でこんなフォトサービスコーナーが設けられています。
隣に立ったマスク姿の小母ちゃんにボッティチェリもさぞかし驚いたことでしょう(笑)
ということで主入りの一枚は没決定

IMG_1092.jpg
今回は素通りした雨に煙る大好きなトーハク・・・次回こそ
IMG_1093.jpg
上野公園内の寒桜が満開

この日は凄~く寒かった都内ですが、北国在住者には3月の陽気と感覚でした。
寒桜は満開、至る所で梅が咲いて良い香りを漂わせていました。
羨ましすぎるぞ、雪の無い冬!!
スポンサーサイト

| 鑑 賞 | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。