2016年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

紫外線対策に強い味方参上

県内では山菜採りの3人がクマに襲われ亡くなりました。
毎年タケノコ(=根曲り竹の子)採りの遭難者の記事は目にしていましたが、
立て続けのの被害は今まで聞いたことがありません。
のテリトリーに人間が踏み込んだことが一番の原因だと思います。
これ以上被害者が出ないことを祈るばかりです。

今朝のニュースインタビューで結構高齢な女性が、
「昨日に遭遇したけれど、また今日も山に入る」と答えていました。
命を賭してまでタケノコ採りに行くのは何故なんだろう???
やはり現金収入かなぁ~?命を落したら元も子もないのに不思議です。
亡くなった父は蕨にぜんまい、その他諸々の山菜採りや渓流釣りのエキスパートでしたが、
タケノコは難儀してゴミ(=皮のこと)を背負うから採らないと言っていました。
元々人に売るという観念の無い人で、あくまで趣味でしたから割り切っていましたし
稀に採ってきたときに食べる笹竹の酒粕蒸しは大好物でしたけどね!

躾と称し子供を林道に放置したという父親には呆れてしまいました。
守るのが当然の立場の親が、感情的に行って良い事ではありません。
親という寄る辺を失うことは絶望です。
絶望させて矯正し萎縮させ支配下に置こうとするのは完全に虐待です。
親に棄てられた子供の気持ちを思うとやり切れません。
雪の降る中外に締め出されたことのある自分には良く解ります
兎に角一刻も早く見つかって欲しい・・・それだけです。

先日、炎天下の戸外で作業したら日焼けが酷かったことをチラリと洩らしたら、

IMG_1699.jpg
こんなものが届きました
IMG_1698.jpg
UVツバ広女優帽

何と女優だそうです。
首の部分まで被われて中々機能的です。
ただネ、被ったからと言って女優のように成れるかは個人差が大いにありそうです
これで日焼けを気にせず労働に勤しめそうです。
関連記事

| 時 事 | 13:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本海中部地震から33年

昨日5月26日は日本海中部地震から33年目の秋田県防災の日でした。

日本海中部地震は、1983年(昭和58年)5月26日11時59分57秒に、
秋田県能代市西方沖80 kmの地点で発生した逆断層型の地震。
地震の規模はM7.7(Mw7.7-7.9)


当時、日本海側に大きな津波は無いというのが通説で死者が出たことは驚きでした。
津波による死者は41人が護岸工事中の作業員、釣り人18人、遠足中の小学生13人、
その他の方々もおりました。
朝、遠足に向かう我が子を笑顔で送り出し、夕方には物言わぬ躯を迎える無念、
察するも想い及びません。
死んだ子の年を数えるという言葉がありますが、33年はまさにそんな日々だったと思います。
その後も大きな地震が続き被害も甚大で、この地震は余り話題に上らなくなりました。
岩手内陸地震も同様、山津波に飲まれ未だ不明のままのご夫婦がいる事も忘れられがちです。
慣れというには気の引ける緩みみたいなものを感じてしまいます。

IMG_1436.jpg
発掘の我が家遺産

何年前から我が家にあるのか不明な南部鉄瓶、急須サイズで小さい。
錆びてボロボロだったけれど磨いて油を塗ったら復活しました。
さて、どんなふうに使えばいいのか?全く解りません。
煎茶には不向きなことは見当が付きます。
日本酒や焼酎のお燗なら良いかもしれないけど、当方嗜まず
暫く観賞しながら使い道を考えることにします。
まだまだ片付けが終わりません、一体いつになることやら

今朝の新聞にあった一文、
「嫌なことも沢山あったはずなのに良い思い出だけが甦る=成仏ということ」
とのこと、夜半の悪夢・・・どうやら亡母は未だ成仏しきれないようです
関連記事

| 時 事 | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

溜息は幸せが逃げるのですよ

イヤぁ~、昨日は暑かった横手市です。
田植えも盛りから終盤に向けての追い込みに入ってきました。

IMG_1665.jpg
恒例行事:ご当地ヒーローネイガーの田植え=秋田魁新報より

通勤途中の道路はアスファルトの上に泥の塊が点々と連なっています。
トラクターや田植え機の車輪からの落し物です。
私メが幼少のみぎり(笑)は砂利道に牛やお馬さんの置き土産が有ったものでしたが、
今となってはそんなことは全~部忘れ去られました。
周囲はまるで文化生活(すでに死語)しか知りませんのオスマシ顔ばかりです。
いやはや良い時代なんですけれどね~

アイドルから歌い手さんを目指していた大学生のお嬢さんを見舞った事件が痛々しいです。
自分で望んだ道を切り開こうとして発信を続けていた途中で、
加害者の歪んだ感情の発露にされた災難なのでしょうが、複雑です。
どうなんだろう???運が悪かった?それともある意味必然?
才能に恵まれ環境も備わり容姿も申し分なく希望に溢れてもいたけれど、
まだたった二十歳の女の子・・・沖縄で亡くなった女性も同い年でした。
周囲の大人が世の中の怖さをもう少し教え、守ってあげていたらと思ってしまいます。
それにしても自分の望む対応が得られないと逆恨みに走る27歳とは極めて幼稚、異形です。

世界に誇る大都市東京の知事さんが、お金持ちのくせに資金のちょろまかしに精を出し、
ばれようと何を言われようと平気の平左でやり過ごしていたり、
難関の司法試験を突破し正義を尊重するはずの弁護士さんが盗撮で捕まったりと、
日本国中に可笑しなことばかりが蔓延しています。
方や未だに余震が続く熊本の情報は置き去りで、義捐金も未配布とか嘆かわしい限りです。
ここいらでスカッとする良いニュースが届いてほしいものです
関連記事

| 時 事 | 11:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

物言わず咲く花に教えられる

今日の横手市の気温は27℃、お日様ギラギラです。
昨日は自宅の窓と網戸を洗浄、ついでにと洗車もしました。
まぁ、高圧洗浄機で水を掛けるだけともいえるので、然程難儀では無かったのですが、
日焼けが凄くて大変なことになりました。
予防として麦わら帽子にサングラス、首にはタオルを巻いて長袖着用と対処は万全でした。
それでも腕も顔も真っ赤か、何処の酔っ払いか?みたいな有様でした。
アルコールでは赤くならない私メ、珍しいもんだと暫し鏡を眺めましたよ。
暫くしたらもれなく立派なシミ、ソバカスに進化するのでしょうね~

IMG_1654_2016052315045212e.jpg
一輪だけ開いた我が家の石楠花
IMG_1660_20160523150453421.jpg
もう一個蕾が待機中

草花を育てるまでは気持ちの余裕がないので殺風景な我が家の敷地内に、
肥料を施すこともせず雪囲いすら適当、ほぼ放置状態なのに健気に咲いていました。
ひっそりと・・・咲くことに理由は必要でないということですね

沖縄の二十歳女性の行方不明は最悪の結果を迎えてしまいました。
若い女性の人生が無残に絶たれたことに言いようもない憤りを感じます。
基地のある街ゆえの悲惨な事件というのが現時点の大見出しです。
そんな単純なものではないとも思いますが、今それを口にするるのは不謹慎ですね。
犯人は鬼畜であり、どんな言い訳も許されない下衆の極みです。
でもそれは元米兵だからではなく、ある種の人間には潜んでいる憎むべき一面です。
沖縄の性犯罪が100%米軍絡みでないことを今は誰も口にしません。
日本人の起こした同様の犯罪があることを無視して凶弾するのは片手落ちだと思います。
基地前で絶叫する同年代の女性の言い分に違和感を感じてしまいました。
沖縄に限らず夜中に女性が一人歩きする危険を再確認するべきです。
日本はもう昔の平和で長閑な社会環境ではないのです。
それを作ったのは米国でも基地でもなく私たち日本人だと思います。
今これを言っても些かズレている観ありありですが、取り敢えず吐き出しておきます。

この期に及んで翁長知事がオバマ大統領と面談したいと捩じ込んでいるようです。
菅官房長官は安全保障・外交は政府の案件と否定的な様なので、まずは安心ですが、
このゴリ押し然り、あの知事さんのやっていることが色々胡散臭くてどうも信用できません。
今回の忌まわしい事件を感情的に政治利用する気がしてなりません。
都知事の為体同様、無理が通れば道理が引っ込むは無しの方向でお願いしたいのもです。
関連記事

| 時 事 | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無恥、破廉恥どっち?どっちも

昨日の舛添都知事の定例会見の連呼された
「厳しい第三者の目」
厳しいとは一体どのような目のことなのでしょうね~
目つきの悪さでは現都知事に勝るお人は見当たらない気もします。
それにしてものらりくらりと言訳の見苦しさです。
ここに来て居座ろうとする根性の腐れ具合も半端在りません。
このまま知らぬ存ぜぬ、やったのは秘書で済ませるつもりなのでしょうね!
倫理とか道義とか、持ち合わせていないということだけは良く解りました。
終わっていますね、この人、それを許すとしたら選んだ都民有権者も
行く末を眺めるしかないのが何とも腹立たしい限りです。

昨日の白鵬対稀勢の里戦ですが、思わずため息と共に脱力してしまいました。
ここ一番で勝てない稀勢の里にガッカリ、勝って大見得の白鵬にもゲンナリでした。
大体、立ち合いに一発張っておいて横綱は宿命とか、どの口が言いますか?
かち上げ=エルボードロップを乱発するなんてプロレス技です。
勝者が絶対の世界とは言え、人格が付随してこその横綱だと思いたいのですよ、
小母ちゃんは単純ですからね~
あ~ぁ、それ位の人間だった訳ですよね~まぁ、口惜しいけど確かに強いですからね
あと2日、どんな千秋楽となりますやら、楽しみに見ると致しましょう。

IMG_1025.jpg
取敢えず鰻のばら寿司~全く関係ない発掘画像(多分お正月のもの^^;)

連日の夏日が続いていますが、朝は一桁台の気温ですから体調はイマイチです。
寒暖差故なのか、はたまた日光湿疹かアレルギー症状も賑やか(笑)です。
今日は土曜日、会社帰りに美味しいものでも調達して帰ることにします。
関連記事

| 時 事 | 13:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT