2016年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

年始ご挨拶


旧年中はお世話になりました。
今年も楽しい一年になりますように
宜しくお願い申し上げます。
関連記事

| 未分類 | 16:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自力の襖張り替え第三弾終了

今朝のニュースワイド番組は最終回だったスマ×スマの話題の垂れ流しでした。
興味ない人間にはとうに録画された時差ボケな放送に興味が湧くはずも無く、どうでもよい(笑)
でも番組内で同世代の小母さまが感極まって落涙する姿を見た時は、
実存する個性にどんどん興味が薄くなっている自分とは違って、
そこで泣けると言う感性が正直、少々羨ましいと思ってしまいました。
日本はある意味とっても豊かで幸せな国ですね。
取敢えず飛行機が欠航したからと言って集団で暴力沙汰は起こしませんしね
ハイ、両方とも皮肉で余計な物言いでした

昨夜は目を醒ます度に聴こえる雨音に安心しながら浅い眠りを繰り返しました。
良いんです、雪さえ降らなければ少々の不都合は受けいれます!
このまま雪の無い新年を迎えられたらと甘い希望を持っていますが、
予報には年越し寒波の文言が有ったりしてビビっています。
この地に生まれた以上降ったら降ったで諦めるより仕方が無い・・・、
でも50年ぶりの大雪とか言われている札幌にはもう降らないで欲しいものです

我が家の年越し準備は買い物すらまだ何もしていません。
あれもこれものリストアップは出来ていますが、何せの買い物嫌い故腰が上がりません。
片付けと掃除は少しづつ進めています。
築35年を超え傷んだ床にタイルマットを敷いて誤魔化したり(笑)
懸案だった残っていた張り替えも済ませました。 《前々回の襖張記事★》

IMG_3239.jpg
途中経過

木目の板に前回同様アイロンで張る紙を施工中の様子です。
元々暗い感じの木目模様だったのですが、年季が入って増々重い色合いになっていました。
そこにとあるお客人から「古くて汚れた」とご指摘を頂いてしまいガッカリ・・・
キチンと拭き掃除をしていたので決して汚くは無かったのですが、
見た目が10割、言われてみたらその通りと思い重い腰を上げました。
弊社出入りの業者さんに頼んだ場合は1枚当たり4~5,000円掛かるので当然ながら自力です。

IMG_3240.jpg
一気に端折って一応の完成図

真っ白に見えますが一応地味に地模様が入ったベージュ系です。
少々寒々しい気もします、まぁその内慣れるでしょう。
悪戦苦闘する事2時間、何とか4枚中3枚のみ張り終えました。
本棚の後ろに隠れた一枚は見えないのを良いことにスルーしました。
良いんです、大雑把が取り柄の私メですから
どうせ積雪が多くなればその重みで開かなくなるしね!
関連記事

| 些 事 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

忘年会の卓上から抜粋画像

糸魚川の大火災の現場の状況は息を飲む酷さでした。
ほぼ8割が全焼で車すらフレームが辛うじて焼け残っているだけでした。
大火となったときの燃焼温度の凄さは想像を超えています。
総てを一瞬で失ってしまった方々が茫然自失と言うのは当然のことです。
自分をその身に置き換えたら果たして立ち上がる力が出るだろうかと思い及びます。
どうか前を向いて欲しいと思いますが、無責任な言いぐさにしか感じられず心痛いです。

さてクリスマスな週末は、鯵の干物で過ごした日本人思考過多な事務方でした。
山陰から届いた干物は格別で、残っている一夜干しの鰈が今から楽しみです。

IMG_3268.jpg
忘年会のデザートはとびっきり甘くて美味しい苺

可愛げの無い小母ちゃん’sがケーキは要らんと言うもんだからフルーツでした。
これが酢っぱ甘くて超美味しい苺で、賤しく男衆の分まで食べてしまいました。
長い付き合いの大将は流石に好みを熟知しています(笑)
大体、会って話をするのが主目的なので、素材の味が良ければそれで満足で、
凝りに凝った調理内容までは望んでいない中高年たちです。
生クリームなんて摂取したら食道にへばり付いて消化不能になります。

IMG_3256_2016122615035886f.jpg
先ずはのおつまみ系
IMG_3255.jpg
お造り盛り合わせ~中トロがとろけます!
IMG_3260.jpg
鱈チリ鍋~葱の下には鱈の切り身がドッサリ、初ダダミ(白子)も
IMG_3261.jpg
握りは厳選の4貫で!

何故か写っていなかった穴子の天婦羅が絶品でした。
時期的には外しているのかもしれませんが、良き個体に遭遇したようです。
他にも海外赴任中の常連さんの帰省土産のチョコレートやら、
亡き母上さんに追いつこうと頑張った大将の漬物試作品の数々で卓上は賑やかでした。
盛り上がりもそれなりでしたが年齢と共に夜更かしが苦手になってきた面々は、
次の約束もそこそこに見事に潔い大人な引き際で早々の帰宅となりました。
まぁ、約束なんかしなくとも折々都合が付けば集まってくるのですけれどね~
関連記事

| 食 暦 | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一人でも大勢でも美味しい♪

昨夜は同期会の忘年会で楽しい時間を過ごしました。
今朝起きたら顔がパンパンに腫れて?ムクんで?いて焦りました。
やはり水分摂りすぎたのでしょうね
会話に“アレ”や“それ”ばかりが登場して固有名詞が中々出てこない一同は、
一つの話題が提供されると、てんでんばらばらに暴走しだして収集が付きません
それでも不思議と楽しい濃~い時間でした。

昨日は出かけようとしていたところに立て続けにお歳暮が届きました。
ビールの詰め合わせと一夜干しの詰め合わせです。
これはまたまた美味しく頂かねばなりません、嬉しい週末になりそうです。

ビールと言えばKITTEのビアパブBEER&SPICE SUPER "DRY゛で、
美味しいビールを飲みました。

IMG_3226.jpg
隅田川ブルーイング ヴァイツェンとペールエール
IMG_3223_20161224150407bf5.jpg

墨田区・吾妻橋は、1903年にビールの製造とビアガーデンが開業したという歴史ある土地で、
職人手造り“吾妻橋クラフトビール”も吾妻橋の自社醸造所で製造されているようです。
ドライが好みではない私メには嬉しいお味でした。

IMG_3228.jpg
おつまみはスモークサーモンのハーブマリネ
IMG_3222.jpg
ランチのメニュー

東京駅直結で一日中ビールが楽しめる楽園(笑)です。
いつも混雑しているのが玉にキズですけれど!!

今夜はクリスマスイヴ
クリぼっち(お一人様のクリスマス)なる言葉があるそうですが、
大人なら一人もまた楽し、ただ一人寂しく過ごす子供たちが居ないことを祈ります。
関連記事

| 食 暦 | 15:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

梯子観賞 御舟展から応挙展

昨日発生した糸魚川の火事は140棟が焼失する大火災となりました。
強風とフェーン現象が追い打ちとなったようですが、
年の瀬のこの時期に焼け出された方々の気持ちを思うと気の毒でなりません。
天災も人災や事故も被災に変わりなく、続く大参事につくづく厄災な一年だった観が否めません。
今日は天皇誕生日、夏以来の意思表示があるやと注目していました。
先ずは周囲とのバランスも図って無難に着地した感じでした。
年齢を言い訳に出来るお立場でないことすら判らなくなられたのかと案じています。
態々のお見舞いに運んで頂かなくとも、続く災禍の鎮まることをお祈りいただきたく存じます。

山種美術館 入口
http://www.yamatane-museum.jp/

東京駅到着後、レバンテでランチ★を済ませ向かったのは広尾にある山種美術館です。
この時は開館50周年記念特別展「速水御舟の全貌」が開催されていました。
重要文化財の「炎舞」「名樹散椿」が同時公開とあって楽しみにしていた展覧会です。
館内は大勢の来館者で溢れ、熱気すら感じられて少々引きました

「炎舞」は以前に日曜美術館で特集されていたのを見て以来一度は見てみたいと思っていた作品、
それなのに楽しみにし過ぎたせいかイマイチ感動できなくて消化不良な感じがしてしまいました。
遠目で見た炎には引き込まれそうになる雰囲気があるのですが、
近くによってまじまじ眺めるとスーッと熱が退いてしまう不思議でした。

根津美術館 入口
http://www.nezu-muse.or.jp/
応挙展
円山応挙展~12月18日終了

次は南青山にある「根津美術館」で開催されていた「円山応挙展」を観に向かいました。
直線距離にして約1㎞、徒歩15~6分の距離と有ったので歩いてみたのですが、
流石は山の手、広尾~青山は地味なアップダウンが続いて酷く遠く感じました。

こちらも満員御礼の盛況。
流石は応挙、どの作品を観ても思わず息が止まるような迫力がありました。
特に「藤花図屏風」の総金地に描きだされた幹や枝、花房の繊細な筆致に目が釘付けとなりました。
小品から水墨画の大作まで、どれもこれも徹底した写生に基づいて描かれています。
天才とは斯くの如しと思い知らされる作品の数々、納得の鑑賞でした。

その後根津美術館からは表参道を経て原宿駅まで1.8㎞約25分を歩きました。
お洒落なみゆき通りから青山通り、クリスマスカラーの表参道ヒルズと目の保養でしたが、
脚はパンパン、日頃の運動不足を思い知った行程でした
関連記事

| 鑑 賞 | 15:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT