PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

うどんエキスポでの実食報告

ノーベル医学生理学賞に決まった大隅良典東工大栄誉教授の研究内容が、
酵母の細胞でオートファジー(自食作用)が発生とか、凡人は何度聞いても理解不能です。
でもTVで放送される会見が長閑で大隅教授のお人柄が良く伝わります。
同職だったという奥様もにこやかなご婦人でとてもお似合いでした。
仕事で結果を出す人は家庭も守れる器だということを再認識してしまいました。
この後に続く若い研究者の何よりの励みになることでしょう。
それとも前がつかえて進めないかな・・・
理系の研究職って推理小説では切れ者の主人公として揺るぎ無い地位ですが、
現代の若者はもっと手っ取り早い成果の得られる方に向かっていそうな気もします。
何はともあれ日本人が3年連続の受賞は快挙、素直に喜びたいですね。

今年のうどんエキスポのグランプリは「北海道純雪うどん」が獲得したようです。
帆立の天婦羅がのった色味の綺麗なルックスでした。
実はこれ未食でした・・・結構、並んでいたので避けてしまいました(^^;

IMG_2638.jpg
一度は食べてみたいと思っていた伊勢うどん

参戦前からこちらは食べたいと思っていたので、我慢して並びました(笑)
お伊勢参りに行くと必ず食べる伊勢地方の郷土食と聞いていました。
この先、伊勢神宮に参詣する機会があるやら解りませんのでね!

IMG_2640.jpg
特徴的な太いうどんにたまり醤油のたれを絡めていただきます!

一般的なうどんの2倍ほどの太さで、こしが弱くてとても柔らかです。
たれは丼の底に溜まっていて、かき混ぜると白いうどんがみるみる黒くなります。
うどんの認識を一掃する衝撃的なルックスでした。
でも麺類は柔らか目が好みの自分には“あり”なお味でした。

IMG_2625.jpg
こちらも狙いを定めていた「かすうどん」
IMG_2630.jpg
ミニ団扇がサービス

丁度、お昼に重なったので少々並びましたが、想定内でしたので無問題、
これは本当にお出汁の味が効いて、関西らしい美味しい一杯でした。
私メが完食したのはこの2杯のみですが、味見と称して同行者から略奪した物多数あり、
次頁に載せておきますので、宜しければどうぞご覧あれ


IMG_2629.jpg
大阪肉かすうどん全体像
1_2016100415293442a.jpg
「かす」はコラーゲンたっぷりの牛ホルモンを揚げたもの

これが案外お上品なお出汁で意外、関西の出汁文化は侮れません。

IMG_2649.jpg
ガマゴリうどん~アサリとワカメにこしのあるうどん
IMG_2663_20161003160351fdc.jpg
塩ホルモンうどん~ホルモン鍋にうどんが入った感じ
IMG_2664_2016100316035359d.jpg
氷見うどん~これが地味に美味しかった、海鮮系最高!
IMG_2666.jpg
長崎五島うどん~人気のアゴ出汁
IMG_2667_2016100316035636b.jpg
鶴岡のむぎきり~シンプルで正直な美味しさ

うどんの形状とこしの強弱、あとは出汁の特徴でこれだけバラエティに富んでいます。
日本のうどん文化は奥が深いなあと感じ入りました。
アッ、稲庭饂飩はスルーしてしまいました・・・仕方ないですよね

| 外 食 | 16:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://miurakenchiku.blog25.fc2.com/tb.php/1077-725386f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT