PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お馴染の海賊映画 鑑賞覚書

今日から長月、そして防災の日です。
安倍首相の見慣れない防災服姿が何とも滑稽に見えてしまいます。
でも秋田県のお殿様知事さんがゴルフ宴会明けに袖を通した姿よりはまだマシです。
似合わなくて滑稽なくらいが平和の証拠でしょう。
天災や、やけに現実じみてきた非常事態で本気モード突入にならないことを願います。

民進党の代表選挙が今日のようです。
顔ぶれを見ても何が期待できるのか全く見えてきません。
ただ前党首の楳図かずお劇画調の筋張った不機嫌な顔を見ないだけ楽です。
ここに来ても相変わらず重箱の隅を突っつくだけの自民攻撃のみですから、色々無理です。
地方、国を問わずの議員さんや首長さんの不祥事、不都合にもウンザリです。
日本語の不自由な方も多くて呆れてしまいます。
一般的にも耳にすることが多くなりましたが、
「~~~させていただく」という言い回しが気に障ります。
『辞職させていただきます』(爆笑)ですって・・・噴飯ものです。

さてさて夏休みに観た映画のお話です。
シリーズが長くなり魅力が薄れて暫く足が遠のいていた此方の作品です。
大曲イオンシネマは吹き替えのみの上映でした。

1491390023594_2017090113322565f.jpg
パイレーツ オブ カリビアン 最後の海賊

今回は中々良いみたいよ~の声に押されて観てきました。
ハイ、良かったです

子供たちが成長して話に広がりが生まれていたし、
最初からのエピソードを丁寧にちりばめて笑わせてくれました。
紅顔の美少年だった鍛冶屋のウィルは逞しいオッサン海の勇者になっていたし、
お馴染の愉快な乗組員の面々は見事に高齢化していました
ジャック・スパロウのJ・デップも頑張っていたけれどそれなりに(笑)劣化していました。
最初から地味だった(汚かった?)宿敵キャプテン・バルボッサ、
ジェフリー・ラッシュが一番そのままでした。
そして、最後にして美味しいところを攫って行きました。

17499225_10155093638013830_5600233955994321045_n.jpg
今回の主役

テンポが良くて泣き笑いの連続、CG映像が作り出す非現実の高揚感、
娯楽の王道を一直線に進む楽しい映画でした。
物語はまだまだ続くようですが、これ以上の劣化は見たくないような気もします。
次回はどうしようかな・・・

| 映 画 | 14:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://miurakenchiku.blog25.fc2.com/tb.php/1244-94121f0d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT