PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東京観る旅③ 銀座LION

今日も好天、11月とは思えない暖かさです。
こんなに良い思いすると後が怖い、この冬も雪ドッサリだったらどうしよう…。
小心者で現在を楽しむより先回りして心配してしまう、つくづく損な性格です。
儲け空(季節に合わない好天のこと)に感謝して前向きに行きましょうネ。

THE GINZA

お上りさんモード全開で銀ブラ(古っ!!)です。
阪急MEN'S館と有楽町ルミネがオープンしたてで結構な人出、皆さんお買物です。
しかし、エンゲル係数は高いが購買意欲の限りなく低い私ですから覗きもしません。

花の都 銀座 和光
鳩居堂 CHAUMET ブランド屋サン
ここが地価の一番高い“鳩居堂”前かと、暫し歩道を見つめます。
確実に縁が無いな~と、高級ブランド屋サンの商品ではなく建物をを見上げます。
途中、サングラスをかけたお洒落なお犬サン(片足不自由だったけど元気)と遭遇しました。

警察博物館 ビアホールLION7丁目店
今度は此処も覗いてみたいな~と、通り過ぎました。
そんなこんなで目的地到着です。
ビアホールライオン7丁目店へようこそ~

続きは此方から…↓


ビヤホールLOIN
http://www.ginzalion.jp/
お天道様の明るいうちから、後ろめたさを感じることなくグッと行くなら此処ですね。
(さっき三州屋さんで飲んだあれは何なのでしょうネ へへ)
紗のかかったような微妙な明るさがnice、夕暮れの気分です。
会話が大変なほどの喧騒ですが、誰も皆幸せそうに杯を重ねております。

ホール内部 <br />タイル張り柱 天井
店内でフラッシュ無し、加えて私の腕ですから写りがイマイチなのはご容赦の程。

昭和9年4月8日 大日本麦酒(株)本社ビル竣工
1階にビヤホール開店(現銀座七丁目店)、菅原栄蔵作モザイク大壁画が創建とあります。
以来、その歴史を今に伝えている柱、壁、天井、戦禍を免れて良くぞ残ってくれたものです。
現在は改修工事を重ね、耐震補強もバッチリと説明にありました。お見事です。
雰囲気を損なうことなく、この昭和レトロな空間を提供してもらえることに感謝です。
ありがとうございます、サッポロホールディングスさん。

壁画2 照明
壁画の下の席では和服姿の渋い小父様が、一人で文庫本を片手にグラスを傾けておりました。
横手じゃまず有り得ない~、流石、花の都、銀座?(チョッと違うと思うけど…)
照明は繊細なカットが浮き上がり、明るくなく、さりとて暗すぎず、包まれているような心地好さです。

ご注文の品々 ムール貝&アサリ
さっき食べて、そんなに時間も経っていないはずなのにどうしたことでしょう。
今回は同行3人ですからネ…決して一人分ではありませんヨ。でも蛋白質比率高め!
お料理は目を見張る程の美味しさではないけど、期待は裏切らない味で充分です。
但し、本当にビールの味は全然違います。
さっき飲んだのは一体何だったの~驚愕って程に違いがわかります。
だから止められなくて、交通費自腹で上京の折にはついつい寄ちゃう訳です。
再訪はいつになるのだろう?オイオイ

| 旅 暦 | 12:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://miurakenchiku.blog25.fc2.com/tb.php/135-eb71255c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT