PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

横手探訪 蕎麦 千真庵

繊細な感性の持ち主のアパート入居者さんや(注:わがままとも言う)
あれ~ご無体なといったお客様(注:世間ではモンスターorクレーマーと言うらしい)も、
時にはいらっしゃる訳でス。
結構鍛えられては居りますが、私とて人の子、ハートブレイク(古っ)の時もあるのです。
そんな時は美味しいものを食べて忘れるのが一番です。
(食べたくらいで忘れられる程度のことかよ、と突っ込まないで…)
寒~い雪の日のお昼休み、燻製小屋(事務所)を後に『千眞庵』でお蕎麦してまいりました。
勿論、お一人様ですが全然OKです。一人ラーメン屋さんだってドンと来いです。

国産若鶏蕎麦
「国産若鶏そば」

初めて暖かいお蕎麦を頂いてみました。
鶏肉は適度な歯応えで臭みも無いし、ホント言うと苦手な長葱も甘く柔らかです。
ウ~ン、美味しいけどやっぱり違う 
好みの問題ですが、汁の味だけになってしまい私には向いていないみたいです。
冷えるからと言って浮気心を起こさずに、何時もの通りにしておけばよかった。

千眞庵 おろし蕎麦
前回食した「田舎おろしそば」

いつもは冷たいお蕎麦ばかりです。
千眞庵のお蕎麦は、矛盾した表現ですが端正な田舎と言った感じで喉越し良く好きです。

めにゅ~
「お品書き」 背後に色々写っていますが気にしない方向で


蕎麦湯 構え
蕎麦湯は器を振り回してもサラッとしています、火傷しそうなくらいに熱々です。
ポカポカ体が温まりました。

ジャズが低く流れ、煙草の臭いもせず、快適な空間です

【千眞庵】

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

| 食 暦 | 11:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://miurakenchiku.blog25.fc2.com/tb.php/140-c39e3172

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT