PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レバンテで牡蠣三昧@丸の内

大関「鶴竜」が誕生しました。
口上がシンプル、真摯で好感度が益々アップしました。
正直で潔いのが一番です!
土俵上の真剣な表情と、何処までも諦めない真面目な取り口が大好きです。

3年前九月場所観戦の折、回向院で「鼠小僧次郎吉の墓」なぞをお上りさん全開で見学していると、
目の前を付き人さんを連れた鶴竜関が横切っていくではないですか!
当時は、関取としては特別良い身体をしているとは思っていませんでしたが、
手を伸ばせば触れられる(しないけど…)程の近さで目の当たりにすると、
想像していたよりずっと大きくて驚いたのを記憶しています。
チョッと恥ずかしそうに笑っていた表情が若々しかったです。
「だからどうなのよっ!」ってことですが、頑張ってもらいたいと思うわけです。

*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*

牡蠣食べレポート其の弐です。
実はこちらのほうが先に食べた物です。
東京駅到着後、埼玉駐在員(笑)と待ち合わせして「レバンテ」に向かいました。

生牡蠣4ピース
<冷製>活かき(レモン添え) 3ヶ)¥1,350.- 追加)¥450/1ヶ

こちらは有楽町の駅前から国際フォーラム敷地内に移転した、
昭和22年創業の日本のビア&レストランの草分け的存在らしいです。
松本清張『点と線』にも、このお店が登場しているとか…なんか凄い。
オイスターバー「ジャックポット」と迷ったのですが、まずは王道からとこちらにしました。

牡蠣フライ
<アラカルト>かきフライ(タルタルソース添え)¥1,400.-
牡蠣フライ ズームUP
断面アップ~一つのフライに二個の牡蠣を使っています。

活牡蠣は佐藤養殖場(三重県的矢)産・ 調理用牡蠣は共栄水産養殖場(三重県浦村)産を使用と
産地への拘りもなかなかの様子です。
「三州屋」さんはウスターソースのみですが、こちらは嬉しいタルタルソース添えです。
お味は言うまでもなく、カラリと揚がりジュワッとミルキーな美味しさです。
生野菜の盛り付けも彩りよく、ポテトサラダは辛味(マスタード?)が効いて大人好みです。
私の拙い説明より、こちらをご参考になさったほうが懸命です。

牡蠣ピラフ
かきのピラフ(シャトーソース添え)¥1,680.- (食べさしがお見苦しい

こちら様のブログを見て是非食べたいと思っていた一品です。
だって見ているだけで、香りまで漂ってきそうな記事でしたもの
薄味好みの私には少し味付けが濃かったけれど、風味、旨味とも素晴らしく満足致しました。

この日はお爺様達の同期会?といった団体さんがあり、席に着くのに少々待ちましたが、
サービスにも不可なく、気にならず楽しく食事できました。
かきメニューは生牡蠣3月末まで、牡蠣料理は4月末まで販売予定のようです。
今度は名物のローストビーフを賞味してみたいものです。

向かった先
かくして旅は好調に滑り出し、この日の予定を消化するべくこちらに向かったのでした。

| 食 暦 | 10:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あららっ・・・。

どんだけ~牡蠣好きなの…!
と思っているのは私だけではないと思いますv-218

| オンジのママ | 2012/03/31 07:47 | URI |

オンジ君のママ 様

ハイ、好きですね~i-237
特にこの時期、仕舞いの頃になると追い立てられるように食べます。
限られた季節の味覚だからだと思います。
一年中同じ味で出されたら、案外醒めるのかもしれませんネ。
遠距離恋愛?逢えないから恋心が募るみたいな…違うよね(笑)
ただ単に食い意地が張っているだけです。

| 事務方 | 2012/03/31 09:57 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://miurakenchiku.blog25.fc2.com/tb.php/230-39487b51

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT