PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

丸の内ランチ@Café1894

最寄り駅を出たのが朝の7時前、東京着が11時過ぎ正味4時間と少々、
青森発より時間を要するのがナンとも癪に障りますが(笑)、近くなったものです。
それでも喫煙者には我慢ならない時間らしく、
煙草税高額納税者の社ッ長さんはもっぱら空路を利用しています。

行列と待ち時間の苦手な当方、まずはランチに突撃いたしました。
雰囲気も口コミも好さげな三菱一号館のCafé 1894です。
バーン・ジョーンズ展とのコラボレーション・メニューもあるようですし、
何より移動距離ゼロが魅力的!な訳です。

チキンと夏野菜のトマト煮込み アップ
チキンと夏野菜のトマト煮込みプレートランチ
前菜3種
前菜3種盛り合わせ等などを
レストラン内部
明治期の銀行営業室を出来る限り忠実に復元した、こんな空間で美味しく頂きました。

そのほかに楽しんだのは
・ペルセウス ローストビーフ ランチ
・帆立貝と海老のブイヤベース風リゾット
宜しかったらこちらでご覧下さい。


オープンから30分ほどでほぼ満席の様子、それでも待たずに着席出来ました。

クリックで拡大します
メニューはこんな感じ~画像クリック
穴子のカレーソースマリネ
前菜:穴子のエスカベッシュ>>>穴子素揚げのカレー風味マリネといった感じ
スモーク・サーモンのタルティーヌ
前菜:スモーク・サーモンのタルティーヌ>>>見たまんまのお味、サーモン大好き

もう一つの前菜は、とうもろこしの冷製ポタージュ、とても濃い美味しさでした。

メイン:ローストビーフ
コラボメニュー:ローストビーフ サフランライス添え~情熱のワインソース

ソースの味の何処が情熱なのかは不明、多分色味なのではないかと
ローストビーフの肉々とした美味しさは言うまでも無く、
付け合せのクリーミーなマッシュポテトがdelicious!
ホースラディッシュ(西洋ワサビ)のピリリとした風味が全体を引き締めていました。

煮込みプレート
Café 1894看板メニュー:煮込みプレートランチ

酸味の利いたトマトソースの中に、チキンがゴロゴロ、野菜がドッサリ隠れていました。
レバーペーストが美味しくて横取りしちゃいました

リゾット
帆立貝と海老のブイヤベース風リゾット

こちらのお味が秀逸!魚介の旨味がとっても濃くて、
絶妙な硬さ?柔らかさ?に煮込まれたお米に滲みて美味~でした。

決して一人で三人前食べたのではなく、三人で食べたのです。
そこの処、誤解なさいませんように^^

【おまけ】
一号館美術館内部
階段:美術館内部
一号館煉瓦造りの外観
外観:美術館通路から中庭を覘く

| 食 暦 | 11:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

夏休みを…

満喫してきましたか~!

東京になんてどうやって行ったらいいのかさえ分からない、ど田舎者なアタシ!行動力ありますね~!美味しいものも食べてきたようですねェ…イヤ、まだまだいっぱい美味しいのを食べたはずだ。でしょ!

| オンジママ | 2012/08/20 13:27 | URI | ≫ EDIT

オンジ君のママ 様

こんにちは~i-260
ハイ、満喫してまいりましたよ!
美味しいものも頂いてまいりました(笑)
でも、とにかく暑くて、移動の駅のホームで水分補給ばかりしていたので、
お腹チャプンチャプンでいまいち食べれませんでした。
私としたことが不覚です!

またUPするので、お暇な時に覘いてやってくださいネi-185

| 事務方 | 2012/08/20 17:36 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://miurakenchiku.blog25.fc2.com/tb.php/350-4dc6962b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT