PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

二条城展 江戸東京博物館

連日のニュースは小学生女児連れ去りに監禁、幼児虐待と苛めに因る自殺…、
眼を覆いたくなるような現状ですが、身近に起こった事実です。
当事者の親御さんや子供達、周囲の人々の心情を思うと胸の奥がヒリヒリします。
傍目に寄らず心配性な自分は、人事と割り切れずグズグズ考えてしまいます。
何もできないけれど、せめて明日は同じことが起きないように願うだけは続けます。

二条城展 リーフレット
二条城展:http://nijo-castle2012.jp/

渋谷の「レーピン展」★で調子付き、勢いに乗って上野恩賜公園に突撃したものの、
大盛況の展覧会★の行列で気力体力を使い果たし、弱気になってしまいました。
だ~が~しかし、生まれついての貧乏性、上京したからには元を取らねばと計画遂行です。

「二条城」
言わずと知れた京都市中京区にある江戸時代のお城、国宝、重要文化財、世界遺産でもあり、
徳川家康の将軍宣下から15代慶喜の大政奉還まで、江戸幕府の始まりと終焉の場所です。
高校の修学旅行で一度見学はしているものの、何せその時分には興味の対象であるはずも無く、
驚愕や感動もその場限りのもでしかありませんでした。
ここにお侍さんがいて歴史が作られたんだ、凄~い!くらいのものでした

屏風に襖絵、柱飾りや調度の品々、勿論二条城のあの空間に納まってこその価値でしょうが、
本来なら遥か離れてしか見れない逸品を、じっくりと目の当たりに出来たのは感激でした。
「洛中洛外図屏風」「松鷹図」など、重文指定の豪華絢爛な障壁画がゴロゴロ(笑)
徳川さんちの金満家ぶりに軽くノックアウト状態で鑑賞しました。
梁などの構造部材などの展示が興味深く、建築物大好きの欲求も満足できました。
年齢層高めの鑑賞者が多く、程ほどの入場具合でゆっくり眺められました。
音声解説も話題性重視の奇を衒ったものでなく、落ち着いた解説で楽しめました。
弐代目・青い日記帳さんで詳しく紹介されております。

江戸東京博物館@両国
江戸東京博物館:http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

会場はこちら、国技館の隣です。
以前相撲観戦の折、ゆっくり常設展を見学して面白くて時間を忘れました。
今回は特別展のみで我慢、満足いくまで観るとしたらかなりの時間が必要です。
それほどに楽しい展示がテンコ盛りです。


両国到着のこの時すでに2時を過ぎていましたが、お昼はまだでした。
我慢して入場しましたが眼は肥えても腹は膨れず、疲労感もピークに達しました。

実は渋谷道玄坂のお蕎麦屋さんを目指したものの、お盆休み中で遭えなく退散していました。
故杉浦日向子さんの蕎麦本で知って以来、機会があれば寄っていましたがここ数年はご無沙汰、
今年も「冷しなす蕎麦」や「巣ごもり蕎麦」には会えない残念な結果と相成りました。 【食べログ】
「二条城展」見学後、蕎麦モードに突入していた胃袋の欲求を押えきれず、
エキナカの飲食店街で「天せいろ」を啜るも遭えなく玉砕しました。
暑さに怯まず最初の計画通り、上野でDELHIを目指せばよかった…
今回、イマイチ食の好機は逃した感のある旅だった気がします。

| 鑑 賞 | 10:10 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://miurakenchiku.blog25.fc2.com/tb.php/365-7e19841b

TRACKBACK

「二条城展」

江戸東京博物館で開催中の 「二条城展」に行って来ました。 二条城展公式サイト:http://nijo-castle2012.jp/ 1603年に京都のど真ん中に二条城が出来た時代にもしTwitterがあったら、批判

| 弐代目・青い日記帳  | 2012/09/08 11:32 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT