PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上畑温泉 『さわらび』 の宴 

稲刈りが始まりました。
昔のように一家総出の作業では無く、田んぼに大型コンバインと籾運びのトラックだけの光景です。
昨夜の久し振りのまとまった降雨で作業も足踏みかな?なんて思ったら、
乾燥には少々時間が掛かるものの、最新の高性能コンバインなら少々の雨は大丈夫のようです。
雨のあとは流石に気温も下がり、過ごしやすい朝でした。
5:00になっても夜は明けきらず、僅かに闇が薄くなっただけでした。
日暮れも早くなり、暑さを憂いているうちに思いの他秋は進んでいるようです。

最初からセットされていた4品

上畑温泉『さわらび』の献立です。
会食場は和室でしたが嬉しいことに椅子掛けでした。
それも中途半端な高さの座椅子ではなく和室用の本格的な椅子で、年寄りには大助かりでした。
集合写真を写してもらって宴の開始です

おしながき
此方がお品書き

熱いものは後から給仕され、折々に内容の説明もされます。
サービスのお姐さんが、シャキシャキと接待してくれて楽しく食事が進みました。
若者3人はともかく、他は皆食の細くなった中高年ですから量が程ほどで助かりました。

頂いた其々は...Read moreから、宜しければどうぞ!


お造り
お造り:鮪、蟹爪、甲烏賊>>>一つ一つの品がよくて新鮮!

お椀物
お吸い物:鱧、ジュンサイ、酢橘、梅肉>>>お出汁が濃い!
埼玉県人には名産のジュンサイが大好評、特に若者は初めての食感らしく
老人組が植生の薀蓄を披露しました。

焼き物
焼き物:雄物川産天然鮎の塩焼き、穴子の一夜干、アスパラ
実を言うと鮎は苦手…若き日G様が渓流釣の名手?でしたので一家で岩魚や山女を飽食、
鮎釣はしない人でしたので身近なものでなかったわけです。
川魚は骨まで完食が常の姪っ子M嬢は、化粧塩の尻尾を食し辛いと悲鳴を上げていました 
鮎はともかく穴子の一夜干しは風味が上品でとても美味しかったです。

鍋物
鍋物:茄子とミズの塩鯨貝焼き>>>出た~郷土食
いいところに目をつけていますよね~帰省した人には嬉しいお味です。

先付
先付:烏賊沖付け>>>これ、凄~く美味しかった、最高のアテでした。

先付
先付:トビ茸の酒粕和え>>>トビ茸も旬の味で年寄り喜ぶも、若者にはイマイチ受けず

茶碗蒸し
蒸し物:冷製茶碗蒸しクリーム餡>>>上にのったクリームが程よいコクで評判良しでした。

揚げ物
揚げ物:海老パンサンド、茗荷、オクラ>>>私的にはイマイチだったけど年寄りに大受け(笑)

止肴
止肴:もずく酢>>>沖縄で大学生活を過ごした甥っ子には大不評、硬かったようです。

他に食事で「鯛めし」と香の物がありましたが、記録無しでした。

甘味
甘味:おきゅうと黒蜜黄粉>>>全員が初見のお味でした。

おきゅうとまたはおきうととは、福岡県福岡市を中心に食べられている海藻加工食品。
成分の内訳は96.5%が水分、残りのうちタンパク質が0.4%、炭水化物が3%、灰分が0.2%
すなわち栄養は高くないが、独特の食感などが評価されている。


確かに殆ど無味無臭、食感を楽しむもののよう…だが何故これを供した意味が分からない
馴染みのない福岡の産物より、地元産の旬の果物のほうが無難で尚且つ美味しいと思いました。
早生林檎に梨や葡萄も今のシーズンが盛り、外すのは勿体無い美味しさです。
最後のデザートだけがな選択でしたが、総じてよく考えられた御膳でした。

仲の良い家族だけというのもありますが、笑って頂くと味のほうも割り増しになるのかもしれません。
因みにこちらは、地元横手の「羽後交通観光」特別企画ビール祭りAコースを利用しました。
一人にビール中ビン3本付き!(日本酒や焼酎、ソフトドリンクなどに交換可)
流石にウワバミ揃いの一家も追加は出ませんでした

| 食 暦 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://miurakenchiku.blog25.fc2.com/tb.php/376-8f7b011b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT