≫ EDIT

駅弁「はたちのこまち」実食

本日の予報が猛暑日の横手市です。
正午過ぎに銀行に行ったら、コンクリートの照り返しで干からびてしまいそうでした。
炎天下に停めておいた社内の灼熱ぶりは言うまでもありません。
日頃ナメクジの様に過ごすインドア人間には過酷すぎます。

春先に秋田新幹線こまち開通20周年記念駅弁が発売され気になっていました。
その後はすっかり忘れていたのですが、先日秋田駅に行ったらありました。
野次馬根性好奇心丸出して買い求めました!

IMG_3770.jpg
外装は車両と同じくこまちレッド
IMG_3772.jpg
包みを解くとお重箱風
IMG_3775.jpg
中身は県産食材らしい
IMG_3777.jpg
価格と詳細

ビジュアルはそこそこでしたが充実度は今一つかな?
真鯛入り味付けご飯はとても美味しかった
デザートの鯛焼きは持て余しちゃいました。
期間限定の話題性重視だから仕方ないかな?女性向過ぎる気がしました。
私メ的には以前食べた駅弁『秋田の休日』¥1,100★の方が好みです。
この秋は「ねんりんピック」が開催され、全国からお客様が来県するそうです。
県産食品の美味しさを知ってもらう良いチャンスです。
大館名物鶏飯以外にもこれぞと言う駅弁の誕生を期待したいものです。

image1.jpg
秋田駅構内

昨日はついに我が家の冷房も稼働開始しました。
もう少し頑張れるかな???と無駄な努力をしていましたが、
入浴後の汗が退かずスイッチonとなりました。
後先考えずに勢いで部屋の模様替えとかするからです
でも目の先の風景の変化は気分が上がって良いものです。
このところ外圧が自己否定に繋がって膿んでいたのが少し軽くなった感じ、
自分のことを自分が認めてやらなくてどうするだ~と叫びたい気分でした
関連記事

| 食 暦 | 15:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

求む救世主『キング・アーサー』

九州北部の洪水被害は時間と共にその深刻さが明らかになって来ています。
犠牲になった方や未だ安否が不明のままの方々、そしてその周囲の人々、
どんなにか不安なことかとギリギリと胃の焼ける様な思いです。
でも実際の自分は切り取られた映像を傍観しているだけです。
支援体制は徐々に構築されていくとは思いますが、今暫くは不十分でしょう。
ただ、ここ何度も史上稀にみる災害続きの日本列島ですから、
不謹慎な文言ですが慣れと経験が事態を迅速に進めてくれると思います。

自衛隊や警察、消防隊員の身を粉にした活動には頭が下がります。
特に自衛隊の災害支援体制の手厚さは滅私奉公、神業の域です。
不要論を声高にデモするだけの諸君(誰とは申しません!)には見えないのでしょうか?
それにしてもこれ程まで天災が立て続けに繰り返される日ノ本とは・・・、
現実主義者の自分でも何か大きな意志の力を思ったりしてしまいます。
国の長は外遊中で祭祀王はリタイア宣言、心許ない限りです。
もう期待はせずに自分の出来ることを考え実行するしかありません。
今は一日も早い復旧を祈るのみです。

IMG_3761.jpg
キング・アーサー@ルミエール秋田

県展鑑賞で訪れた県都秋田市でついでに(笑)観てまいりました。
日本で言ったら義経か忠臣蔵か、と言ったところの英雄アーサー王物語。
シャーロック・ホームズシリーズで人気を博したガイ・リッチー監督作品です。
でもアメリカでは不人気でコケたようです。
ポスターを見ても何となく解るような・・・

兎に角、これまでのアーサー王物の概念が薄~いのが印象的でした。
何で今アーサー王なのかを考えてしまいました。
洋の東西を問わず絶対的な救世主を求める気持ちが強いのかもしれませんね!

360074_001.jpg
主人公がエクスカリバーを抜くシーン

何かもう衣装から違和感ありまくり、その時代にミシン有ったの???

感じたままを殴り書きします故、知りたくない方はスルーでお願いします。
読んでも良いという方は次頁にお進みくださいませ~

...Read more

関連記事

| 映 画 | 14:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

横手発 旬果サクランボ便り

各地から大雨の被害が届いています。
道路が崩落した所に車ごと転落した人もいました。
幸いにも軽傷とのことでしたが、考えただけでもぞっとしてしまいます。
虫が良すぎるのは解っていますが、
そこそこのお湿りを必要な所にと言う訳にはいかないでしょうねぇ~

2017さくらんぼ
妹家食卓より添付画像

妹からサクランボが届いたとメールがありました。
パパさん曰く、当たり外れではなく全くの外れ無しで激甘との感想付きでした。
当方「例年の通り」の一言で依頼するので現物は未確認です。
地元果樹農家さんは1学年上の先輩で、信頼できる篤農家ですから無問題。
今年は湯沢市程ではないものの、降雹被害が有ったようでした。
影響なく美味しいサクランボを届けて貰えたことに感謝です。

この辺りではサクランボのことを「オットッコ」と言います。
桜桃(おうとう)に秋田県らしく何でも“こ”を付けた呼び方です。
太宰もビックリな珍名称ですが、今では昔人しか使いません。
その昔「オットッコ」は商品化など思いも及ばない自家消費だけの果物でした。
私メの幼少期は買い物籠やバケツ単位でお裾分けを頂き、
食べ過ぎてはよくお腹を壊しました
佐藤錦や紅秀峰等の大粒で甘い品種じゃない酸味の強い小粒種でした。
あれはあれで美味しかったと思うのは単なるノスタルジーなんでしょうね

秋田では何にでも“こ”を付けることは結構知られるようになりました。
因みに、
お湯・お風呂⇒湯っこ 茶碗⇒茶碗こ 子供⇒童(わらし)っこ 犬⇒ワンコ犬っこ
といった具合です。
さて早々に代金を支払って、受取っこ(うけとりっこ)=領収証を貰うことにします
関連記事

| 地 元 | 15:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋田県美術展覧会を愉しむ

この時期に列島上陸の台風とは驚きです。
気温の上昇が原因なのでしょうが、被害が大きくなりませんように
大荒れは政治の世界だけで充分、食傷気味です。

色々気疲れすることが続いて引き籠りが加速しそうだったので、
休日はぶらりと出かけてきました。
去年は見逃した「秋田県美術展覧会」略して「県展」を観てきました。

IMG_3756.jpg
微妙に傾いて写っている

中高生から80代の方まで幅広い年齢層が出品しています。
力作ぞろいの個性溢れる作品の数々、色の洪水に包まれてきました。
毎年出品している知人も洋画部門で見事入選していました。
毎回一つの世界に集中することの素晴らしさを教えて貰います。
そして、何もない自分の空っぽさを恥じ入る時間でもあります

IMG_3746.jpg
工芸部門の特賞~藍染絞りの和服
IMG_3745_20170704132508d05.jpg
全体像~柄合わせから仕立に至るまでお見事な出来上がり

工芸部門の充実ぶりに目を見張りました。
以前は公民館のお教室の作品?というレベルが多かったのに(失礼^^;)
ここ数年は出品作品の技巧がどんどん上昇しているが見て取れます。
陶芸から染色や織物、費やされた気の遠くなるほどの時間が垣間見え、
生活に寄り添いつつ尚且つ芸術性の高い作品ばかりでした。

IMG_3748.jpg
壊れたカラクリ時計と地階の彫刻・デザイン部門の展示

木肌のノミ跡一つ一つに思考と時間が刻まれている像・・・見応えがありました。
何やっているんだろう自分は???ウダウダと愚痴ばっかりでさぁ~
そう落ち込んだのも事実だけれど、元気を貰った時間でもありました。
関連記事

| 鑑 賞 | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT